So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ネズミ ブログトップ

臭いが取れない・・ [ネズミ]


皆さん、こんにちは。

2017年ももうすぐ終わりですね。
今年は皆様にとって良い年だったでしょうか。

TVではバブル再来?みたいな景気のいい話をしていますが
私達のような地方の田舎では関係ないというか実感ゼロ。
むしろ悪くなっている・・と知り合いの商工主は意見が皆一致。

RIMG0041.jpg
(垂れ下がってどうしようもない断熱材を撤去しました)

しかし、近年のTVってどうしてこうもつまらないんだろう?
相変わらずお笑い芸人たちが騒々しく馬鹿話をしている。
まあ、彼らも自分をアピールしなきゃあ死活問題だから仕方
ないんでしょう。

どのチャンネルも申し合わせたように貴乃花騒動の報道、
コメンティターとかいわれるいわゆる知識人文化人とかは
確証もないのにそれぞれ勝手な憶測でモノを言っている。

憶測でモノを言うことって、とても無責任で怖いことなの
に気づいていない。まあ、製作者側にとっては内容よりも
視聴率だものね。これも仕方ないんでしょう。

RIMG0042.jpg
(どうやら、この中がネズミの住み家になってなっているようなので)

それにちょっと前まではタレントかアナウンサーだったかの
人がいつの間にか文化人や大学教授になっているんだものね。
わけがわからない。大学も民度が落ちているのかな。

で、結局NHKの「小さな旅」など「騒々しくない」番組を選
んで見ることになる。NHKも好きではないけど・・・。

RIMG0045.jpg
(ネズミのオシッコ、糞などがいっぱいついています)

TVも最近見たいと思う番組はとても少ないので自然と見なく
なってきた。見るときは海外ニュース(CNN)くらい。
新聞もほとんど読まなくなってきた。

あー、いつの間にか愚痴ってしまった。すみません。

しかし、ネズミや動物の死臭って手に付くと洗っても洗っても
取れないものですね。これはなぜなんだろう?
物理的には取れているのに脳が「死臭の記憶」を維持している
から「臭いがする気」になってしまうのだろうか?

RIMG0050.jpg
(ネズミの死骸が3匹ありました。死臭がします。毒餌を食べたようです。
この撤去で手に臭いが付いたようで・・)

年賀状が1枚「あて所に尋ね人がいない」という理由で返品?
されてきた。一人暮らしのおじいちゃんです。どうしたんだろう?
前に「赤い虫が部屋中にいる!」と電話をもらったことがある。
お邪魔したときは私には見えなかった。

今も見えますか?と聞いたら、おかしいなあ、今は見えないよ・・
と言った。でも、きっとその時はリアルに見えたんだと思う。
こういう話って特に鬱的な女性の高齢者に多いそうですね。

私の「死臭が取れない」と感じるのも似たようなものかもしれ
ないな。死臭って特別な「象徴的な何か」があるような気がする。
「象徴的な何かって何よ?」う~ん、存在から非存在に転換する
時の臭いというか・・・ぶつぶつ。
(あー、とうとう私も狂ってきたのかしらん・(笑))

ミーコが最近、オシッコの回数が少ない。下部尿路結石だろうか?
薬を飲ませようとしても抵抗する。う~ん、困った・・。
餌には注意してるつもりなんだけど・・ぶつぶつ。

世相よりもそんな些細なことが今の私の最大の関心事なのです。
ちょっとした些細なことの連続。人生そんなものかもしれないな。
きっと来年もぶつぶつ言いながらの毎日になるんでしょうね(笑)

IMG_1859.jpg
(さっき、オシッコをしました。良かった!。無性に嬉しいな)

RIMG5111 (2).jpg
(毎日、飯を食べにくる猫。冬場も生き抜けよ!)

えーと、暮らしのなかで害虫や害獣関係で少しでも皆様のお役に
立つことを書くことをモットーにしていますが、今年は更新が滞
ってばかりでごめんなさい。

(あ、つい、害虫、害獣という言葉を使ってしまったけどホント
はこういう言葉は嫌いです。あえて言えば地球で最大最悪の害虫
は人間だと思っていますから(笑))

どうか皆様にいいことがありますように。
いつも駄文にお付き合いいただいて感謝申し上げます。
今回は特に役に立たないろくでもない記事でごめんなさい。

どうか来年も良い年でありますように。
そして生きとし生けるものがみんなみんな幸せでありますように。


ジョーク

ある男が死んだ。彼は生前中ろくなことをしなかったので、
送られたのは天国ではなく地獄。出迎えたのは当然悪魔。
「ようこそ地獄へ。おい、どうしてそんなに暗い顔をしている?」
「地獄に送られたのに、明るい顔なんかできるか!」
「しかし地獄には楽しいことがいっぱいあるぞ。酒は好きか?」
「酒?もちろん」
「それはいい。月曜日はウィスキーとテキーラとワインその他、
 吐くまで飲むことになっている」
「へえ。楽しそうじゃないか」
「タバコは好きか?」
「もちろん」
「それはいい。火曜日は世界中のタバコを朝から晩まで吸い続ける。
   肺ガンなんて心配無用。
もう死んでるんだからな」
「すばらしいな」
「ギャンブルは好きか?」
「もちろん」
「それはいい。水曜日はルーレット、バカラ、ポーカー、その他なん
   でも
ギャンブルの日だ。破産なんて怖がる必要もない」
「すばらしいな」
「ドラッグは好きか?」
「もっちろん」
「それはいい。木曜日は覚醒剤、コカイン、ドラッグ何でもありの日だ。
 心ゆくまで吸ってもらう」
「すばらしいな」
「お前はゲイか?」
「いや、違う」

「…ふーむ。じゃあ金曜日はちょっとつらいかも」





nice!(17)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

ネズミのベッド [ネズミ]


皆さん、こんにちは。

そろそろ更新しなくっちゃあ、と思っていてもなかなか
適切なネタがない。毎日、他ブログの更新メールがくると
なんか焦ってしまいます。

というわけで、また最近の工事写真から何枚か紹介します。
う~ん、参考になればいいんですけど・・。

で、今回はネズミ、いやまたネズミの話(笑)
天井裏のネズミの音に悩まされているお客様のところに
仕掛けた毒餌の結果を聞きにお邪魔しました。

(もうそろそろ毒餌の効果が出てもいいんだけどな・・)

そしたら、なんと天井裏の音は収まったけど今度は床下から
カサカサという「けっこう大きな音」が始まった!そうです。

なんということ!
それにしても室内にまで響くカサカサ音?一体なんだろう?
早速、床下に潜ったらこんな状態でした。

RIMG0025.jpg
(奥に垂れ下がった紙みたいなものが見えます。グラスウール系の
断熱材ですね)


RIMG0028.jpg
(近づいたらこんな感じ。グラスウールがボロボロになっています)

RIMG0036.jpg
(これでは断熱効果はゼロですね。何物の仕業?)

RIMG0031.jpg
(ネズミの糞だらけ。おまけに・・)

RIMG0032.jpg
(ギャアー!また蛇の抜け殻!びっくりしたなあ、もう・・)

つまり、カサカサ音はネズミがグラスウールの中を騒ぎ
まわったときの音でしょう。ということはグラスウール
の中はネズミのベッドになっていたみたい。

夏場はおそらくネズミを狙って蛇が侵入した・・と想像
します。で、あいにく冷血動物の蛇は今の時期は動けない
から冬はネズミの天下。

そういえば昔は何処の家にも天井裏とかに蛇はふつうに
いました。毒蛇じゃない限りは共存していましたね。
たまに燕の子どもを捕食するのは困るけど・・。

記事とは関係ないけどついでに最近の華ちゃんの様子も
見てくださいね。

IMG_2121.jpg

IMG_2131.jpg

IMG_2129.jpg

幼児の笑顔って寒さも忘れさせてくれますね。
(どうにか更新できた。ホッ)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。

そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク

明石さん、 垂水さん、塩屋さんの3人は、天国の入り口に
立っていました。目の前には、
向こう岸が見えないほど大き
な大きな川があります。

ここでまず、明石さんが神様に呼ばれました。
「お前は生存中、しょっちゅう浮気をして妻を裏切ってばか
りいた。手こぎ船で川を渡りなさい」

続いて垂水さん。
「お前は生存中、時々浮気をした。妻にも愛人にもいい顔を
して、結局妻を裏切った。足こぎ船で川を渡りなさい」

最後に塩屋さん。
「お前は生涯に渡り、妻を一途に愛し抜き、決して裏切ること
はなかった。ジェットスキーで川を渡りなさい」

手こぎ船の明石さんが、ジェットスキーの塩屋さんに声をかけ
ます。

「さっき、きみの奥さんを見たよ」
「僕たち、死ぬときも仲良く一緒だったんだ」

「でも奥さん、いかだで川を渡ってた」






nice!(24)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

天井の異音 [ネズミ]


皆さん、こんにちは。

少しずつ寒くなってきました。それにつれて天井から
音がする・・という連絡をいただくことが増えてきました。

つまり、秋から冬場は外の動物たち、主にネズミですが、
屋内に移動してくるようです。

今回の音はどうもネズミっぽい。
ほかに「カサカサ」した音もすると奥様が言っていました。
カサカサ?なんだろう?鳥っぽいですね。

外部を調べたけれど鳥の侵入しそうな箇所は見つかりませ
んでした。う~ん、コウモリかしらん・・。

でも、ネズミの侵入箇所は3ヶ所見つけました。
これです。
RIMG5037.jpg

RIMG5038.jpg

RIMG5030.jpg

RIMG5031.jpg

RIMG5035.jpg

樹脂製の目皿なら簡単にネズミは齧って侵入します。
もし、室内に異音がしたらこういう通気口に穴が開いて
いないかチェックしてくださいね。

まあ、異音の原因はこれだけじゃないけど・・。
正直言って、私はシロアリ屋なのでネズミの生態については
あんまり詳しくないです。

RIMG5032.jpg
(庭で見つけた足跡。貂が近くにいるそうです。それとも
ハクビシンの足跡かしら?)


動体検知カメラを買ったほうがいいのかしら?
たぶん、滅多にしか使わないと思うけど・・。

RIMG5055.jpg
(これは弥彦の紅葉園の紅葉)

今が紅葉は見ごろなんでしょうか?
檀家になっているお寺さんから、岩室の由緒あるお寺さんの
紅葉が素晴らしいから見てきてごらんと教えてもらったので
行ってきました。
RIMG5047.jpg
(見事なかやぶき屋根ですね)
RIMG5048 (2).jpg

RIMG5054.jpg

かやぶき屋根のお寺なんて珍しいですね。
なんでも近年の屋根の改修で2億円かかったそうです。
歴史ある建築だなあ・・としみじみしてきました。

もうすぐ雪の季節ですね。
寒いのは嫌だなあ・・ぶつぶつ。

どうか皆様には寒さに負けずご健勝であらせられますように。
最後までお付き合いいただいて感謝します。

そして、生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク
ある日、療養所で老人と老婦人が話していると、老婦人が
出し抜けに
『あんたの年を当ててみよう』と、言いました。

老人はそんなんことは無理だと思いましたが、とにかく
彼女を促してみると、
『ズボンを下ろしな。』と、彼女が言いました。

彼は彼女のしたいことがさっぱり分かりませんでしたが、
とりあえずズボンを下ろしました。
彼女は彼のお尻を数分間見て言いました。
84歳だね。』と、

『すごい!どうして分かったんだ?』と彼が聞くと、彼女は

『昨日教えてくれたじゃないか。』




nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:住宅

音のダメージ [ネズミ]


皆さん、こんにちは。
あっという間に3月ですね。もう少しで冬ともお別れ。

冬場はネズミの音で困っている人が増えるようです。
特に深夜、天井裏でネズミの走り回る小さな音が
気になって・・気になって・・という電話をときどき
いただきます。

RIMG4063.jpg 

何かを齧られて困った・・という実害は意外と少ない
ようです。

あ、でも最近、電話線をたびたび齧られて・・という
ケースがありました。これは困りますね。

RIMG4054.jpg
(電話線が齧られたシーンです)

RIMG4054 - コピー.jpg 

で、深夜のカリカリゴソゴソという物音・・これが
神経に障るといいますかあらぬ不安を掻き立てられる。

しかし、なんでこんな小さな物音に心がダメージを受け
てしまうんでしょうね。そのために体調を崩して入院
されたお客様も過去にいました。

正体のはっきりしないモノ・コトに人間は弱いのかな?
正体がはっきりさえしていれば意外とダメージは受け
ないような気がします。

RIMG3637.jpg 

マイナスの想像力?がダメージを与えるのかしら?
「悪いこと」って、いったん想像すると止めようと
思っても歯止めが効かなくなるときってないですか?

結局は「幽霊の正体見たり枯れ尾花」?みたいなんだ
ろうけど。気になるものは気になる・・。
皆さんはどうお考えでしょう?

RIMG4114.jpg 
(天井裏のネズミでも床下から侵入することが
多いので床下にも毒餌を設置します)

あと、金属面を釘かなにかでひっかいた時の音。
あれも癇に障るというか嫌な音ですね。
歯医者さんのドリルの音もいやだなあ~。

音って、意外と強力なストレスのもとになるようです。

どうか皆様にはそういうことがありませんように。
最後までお付き合いいただいて感謝します。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。

 


ジョーク> 

○○○○にマンネリを感じ始めていた一組のカップルがいた。 

wife
『新しい体位でもないの?あなた。』 

husband
『さぁ、でも一ついいのを思いついたよ』 

wife
『どんなポジションかしら?』 

husband
『まず俺たちが向かい合って抱き合う』 

wife
『うん、それで?』 

husband
『そして、背中合わせにしたもう一組のカップルを間にはさむのさ』



nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ゆでガエルとネズミと猫など。 [ネズミ]


みなさん、こんにちは。

すっかり更新が滞ってしまいました。
何か書かなきゃあと焦ってはいたのですが、自民党が
大勝して私はガックリ(笑)
記事を更新する元気もなくなっちゃった。

私的には日本はどんどん悪い方向に向かっているとしか
思えない。まあ、やっぱりこうなったか・・という思いです。
脱原発より経済が優先というのもわかるけど・・ぶつぶつ。

それに、営業努力もろくにしていないので御紹介したい
ような最新の施工事例というかネタが少ないんです。
元々、零細個人業者ですから仕事はそう多くはないしね。

まあ、過去の事例ならいっぱいあるけど、紹介する前に
写真の整理からしなきゃあならないのでメンドーくさい。
いかんなあ~、すっかり精神が弛緩している。

つまり、今の私は「ゆでガエル」状態。
ご存知とは思いますが「ゆでガエル」とは・・

熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねる。ところが
常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていく。
そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び
上がることができずにゆで上がってしまうという例え。


・・ですよね。

で、いきなり脈絡もなく・・シロアリは元々熱帯地方の虫です
から寒さが苦手です。
床暖房とか高気密住宅の暖かい床下なら注意が必要ですが、
冬場はシロアリも活動停止の時期です。

だから、私も活動停止&ゆでガエル・・じゃ困るんですが(笑)

というわけで最近の工事・・とも言えないですが・・の様子を
紹介します・・・といってもシロアリでなくネズミ駆除。
今の時期はネズミ駆除の依頼が多いです。

(写真は天井裏のネズミの糞。シミが困るんですよね)
009.jpg

大体、寒くなってくると、ネズミは家屋に侵入してくるみたい。
ネズミも生き残るために暖かい天井裏とかに移動してくるんで
しょうね。天井裏に敷き詰めた断熱材なんて暖かくて、ネズミ
には絶好の憩いの場でしょうね。

013.jpg

ネズミの実害として困るのは、オシッコのシミ・配線を齧って
ショートさせる・ドアとかあちこち齧る・徘徊する音がストレス

・・・などかしら。こういうことがなければ共存してもいいと思う
けど、やっぱり無理かしらね。

002.jpg

そういえば、昔、中学の授業で・・
「ネズミには、餌を与えれば悪さはしないよ。だから、ネズミを
嫌わないで共存しようね」
・・・と言っていた心優しい生物の先生を
想い出した。ああいう先生は好きだなあ。たぶん、もう亡くなられた
と思うけど。

004.jpg 001.jpg
(台所に食べ物をそのまま置くのは止めましょうね。
 ネズミの標的になりますからね)

{参考}
ネズミ駆除の基本は・・

  1. 食べ物はすべて容器に入れて、ネズミが侵入しても
    食べることができない状態にしましょう。

  2. ネズミの数が少ないと思われるときは粘着剤を仕掛け
    ましょう。なるべく壁際に置きましょう

  3. 数が多いと思われるときは殺鼠剤を仕掛けましょう。
    これもなるべく壁際に置きましょう。ネズミの通り道は
    壁際ですから。


  4. 参考までに、左脇に殺鼠剤と粘着剤の商品を載せて
    おきました。効果がないときは、殺鼠剤と粘着剤を置く
    場所
    を何回か変えてみましょうね。ネズミの通り道から
    外れていたら効果がない
    ですからね。

  5. 個人的には、殺鼠剤(ピンクの粒剤)が効くと思います。
    粘着剤は回収しないと、かかったネズミが腐敗するので
    ちょっとメンドーですからね。

それからネズミといえば猫ですね。
みーこの近況写真など勝手に載せてしまいます。

おかげさまで最近は猛ダッシュで家中を走り回っています。
といっても微妙に走り方がヘンですが、まあ仕方ない。

020.jpg 021.jpg

(いつものパターン。みーこがにゃんこにちょっかいを出して・・
最後はにゃんこに威嚇されておしまい)

018.jpg
(う~ん、悔しいニャァ~。お兄ちゃんにはかなわないニャァ~・・という顔)

でも、おかげさまで喧嘩できるほど元気になりました。
駄文に最後までお付き合いいただいて感謝します。

どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク
老夫婦、中年の夫婦、新婚の夫婦がバプティスト教会
への入信を求めてきた。
司祭は3組のカップルに試練を与えた。
「これから2週間、セックスを断つ事が出来れば、入信を
 認めましょう」

2
週間後、再び3組の夫婦が教会を訪れた。
司祭は老夫婦に尋ねた。
2週間、セックスをしませんでしたか?」
老夫婦はにっこり笑って答えた。
「はい。私たちは試練をやり遂げました」
「おめでとう。我が教会はあなた達を歓迎します」

次に司祭は中年夫婦に尋ねた。
2週間、セックスをしませんでしたか?」
「はい。最初の1週間は大丈夫でしたが、後半が
 大変でした。私は2晩もカウチで寝なければなり
 ませんでした。しかし試練はやり遂げました」
「おめでとう。我が教会はあなた達を歓迎します」

最後に司祭は新婚夫婦に尋ねた。
2週間、セックスをしませんでしたか?」
「いいえ。司祭様。私たちは1日も持ちませんでした」
「おお・・」
「我慢しようとは思ったんです。でも彼女が棚の上の
 電球を取ろうとして落っことして、それを拾おうと
 かがんだ瞬間、もう我慢の限界でした」
「残念ですが、我が教会はあなた達を歓迎できません」
「はぁ。それは仕方ありません。ですが、困った事に、
 それ以来、私たちはグロッサリーストアでも歓迎され
 ないのです」


グロッサリーストア(生鮮食品を除く一般食料品店のこと。)



nice!(39)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
ネズミ ブログトップ