So-net無料ブログ作成
検索選択
イタリア紀行 ブログトップ

イタリアで思ったこと [イタリア紀行]


皆さん、こんにちは。

今日はとてもつまらない記事なのでどうか途中からでも
パスしてくださいね。と、あらかじめお断りしておきます。

というのは、初めてのイタリアで(昔、教科書で見たことの
ある)名画や有名な教会などをたくさん見てきましたが、
見れば見るほど、
「こりゃあ、世界平和なんて絶望的だなあ~」という思い
でした。

IMG_5385.jpg 

IMG_5521.jpg

IMG_6742.jpg

IMG_6265.jpg

ふつうならミケランジェロさんやその他の有名な絵画などを
見ればその素晴らしさに感動するのがまともなのでしょうが
私は随分おかしな反応をしてしまいました。

たしかに美術史的には、えらく手間暇のかかった建築物や
絵画にすごいなあ~とは思うけどあんまりそっちの興味は
わかないのでした。

IMG_5999.jpg 
(時の神クロノスが父ウラノスの男性器を切断して空高く放り投げ海に落ちた。
そこから白い泡がたち、中から美と愛の女神アフロディテが誕生した・・なんて
面白いですね)

IMG_6005.jpg

IMG_5392.jpg 

私にはそれらが「強烈な煩悩の集積群」に感じられて仕方
がなかった。キリスト教という強固な価値観が、これでもか!
という感じで行く先々で圧倒的に迫ってくる感じでした。

で、なぜ称賛ではなく絶望を感じたのか? というと、とても
説明しずらいですが、宗教的価値観の衝突が悲惨な歴史
の諸悪の根源だと思うからです。

IMG_6715.jpg
(バチカンに入ってすぐに、このような有名絵画による写真で天地創造から黙示録
の説明がありました。なるほどねえ~・・しっかりプロパガンダしてますね)

IMG_5975.jpg 

さらに突っ込めばすべての価値観の根源は「自我」であると
思うからです。自我、自我、こいつが超厄介な代物と思って
います。

自我、個性、信念、魂、アイデンテティ・・どう呼んでもいいけど
よ-するに「自分が自分である」という感覚はそんなに絶対
的なものなのかしら? 

私なんかコロコロと自分の考えが変わってしまって、もう自分
自身とも付き合いきれない感じのいい加減人間です(笑)
でも、ブッダ的な考え方ではそっちがまともらしいです。
所謂、「無我」ですね。凄い飛躍、意味わかりませんよね(笑)

IMG_6253.jpg IMG_5739.jpg

IMG_6028.jpg IMG_6025.jpg
(ギリシャ神話ってとんでもない神様が多いですね。そこが面白いんですけど)

IMG_6024.jpg IMG_6727.jpg 

無我について話すと・・いや私にはまだまだ無我なんてわか
らない。というわけで初期仏教のブッダの言葉を手掛かりに
して ただいま、自我を検証中なので、いや解体中・・といった
ほうがいいのかもしれない。

てんで訳の分からないことを書いてしまいました。思うことの
百分の一も書けない自分が切ないですが・・どうか無視して
大目に見てくださいね。失礼しました。

どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。 

 


ジョーク

上空500マイルでの出来事

 

 「パイロットから管制官へ。大西洋上空500マイルで燃料切れ、指示を請う」

 「管制官からパイロットへ。こちらの言う事を反復せよ。

  天に召します我らの父よ……」

 

 


 
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

イタリアのシロアリ? [イタリア紀行]


皆さん、こんにちは。

シロアリ屋としてはどこに行ってもシロアリがいそうな
ところについつい目がいってしまいます。
お邪魔した家なら、庭の杭とか玄関の外回りとか・・。

そういうときって、私はきっと「目つきの悪い怪しい男」
に見えるかもしれないな。注意しないと「空き巣が下見」
をしている・・と間違われるかもしれない(笑)

いつから、こんな習性が身についてしまったんだろう?

IMG_5629.jpg IMG_5837.jpg

というわけで、海外に行ってもそれは同じです。
イタリアでもついついシロアリを探してしまった。

同行のツアーの皆さんは、現地案内人の名所旧跡の
説明を聞いているのに、私はといえばドアの下や庭
などばかり見たり写真を撮ったり・・(笑)

IMG_5838.jpg IMG_5843.jpg

きっと、ツアーの皆さんからはヘンなとこばかり見て、
何をしているんだろう?と思われたみたいです。
でも、私と同じように石の橋や建築物を触ったりして、
しきりになにか考えている人もいました。

IMG_6335.jpg 

何をしているんですか?とお聞きしたら、その方は
元土木関係の技術者で「石の建築物」に特別な興味
があるようです。なるほどねぇ。

彼は石の建築や橋などに、私はシロアリの潜んで
いそうなところについ目がいく。これは悲しい職業
習性かも知れないですね。別に悲しくもないか。

IMG_5959.jpg 

でも、漠然と名所を見るよりは「テーマ」をもって観察
するのって、有意義かもしれないよ、と強がり(笑) 

IMG_5628.jpg CIMG0060.jpg

というわけで、イタリアのシロアリを見てみたいと探した
のですが、そもそもツアーの駆け足旅行なのでじっくりと
観察している時間などとてもないのでした。

現地案内人(日本人ガイドさん)の話ではミラノは緯度が
稚内と同じと言っていましたが、そうなら北イタリアには
シロアリはいないのかもしれません。
北海道の上のほうにはシロアリはいないのです)

じゃあ、南イタリアならいるかもしれないな。
ナポリで探してみようと思いましたが、あいにくそこでも
すぐ船に乗ってカプリ島に出発ということで時間が全然
ありません。残念無念。

IMG_6524.jpg

IMG_6533.jpg

IMG_6552.jpg

それでもなんとか撮ったのがこの写真(下)です。
泊まったローマのホテルの中庭。ここならいるかも!と
思ったのですがダメでした。
う~ん、ふつうはこういうところにいるんだけどなぁ。

CIMG0319.jpg

CIMG0320.jpg

また、これは(下の写真)お昼を食べたレストランのドアの下。
見つけたときは思わず、やっとシロアリ発見!やったー!と興奮
したのですが・・・う~ん、食害は食害だけど断定できません。
まさか勝手にほじくるわけにもいかないし・・。

IMG_6471.jpg IMG_6472.jpg

IMG_6473.jpg

IMG_6474.jpg

IMG_6475.jpg

IMG_6465.jpg

シロアリの食害っぽいけどキクイムシかもしれないです。
昔、ヨーロッパ中をキクイムシが席巻した時代があった
そうですから・・。腐朽菌の兆候もあるし・・ぶつぶつ。

ああ、ドライバーで突っついてみたい!ううむ・・
断定できないのが悔しい・・。

というわけでイタリア・シロアリ探索旅行?は失敗なのでした。
まあ、家内は名所旧跡にそれなりに感激していたようですが・・。

しかし、(下の写真)
私はこういう有無を言わさずこれでもか!という感じの壮麗で
巨大な建物にはちっとも感動しないのでした。

IMG_6327.jpg

IMG_6116.jpg

IMG_6726.jpg

IMG_6239.jpg IMG_6737.jpg

すげえなぁ!手間暇かかってるなァ!ミケランジェロさんも
ダビンチさんも、その他の芸術家さんもみんなみんなすげぇ!!
とは思っても、なぜか心が無感動。心が震えないのでした。
なぜかわからないけど・・。

それよりもこういった光景(下の写真)に魅かれるのでした(笑)
う~ん、イタリアにも風俗はあるんですね。
当たり前でしょう。スケベに国境はないのだ!(笑)

CIMG0178.jpg

CIMG0246.jpg

IMG_5897.jpg

それからテロを警戒して、観光地のあちこちに軍用車両と
兵隊さんが待機していました。日本では見られない光景です。

下の写真は・・下手にカメラを向けるとヤバい雰囲気だった
ので、風景を撮るふりをしてさりげなく望遠で撮ったものです。
もっとアップのもあるけど、差し支えあると困るのでこれだけ
にします。

IMG_6347.jpg

石の文化と木の文化。東洋と西洋では根本的に
何か?が違うようです。それは何なのか?

いろいろグダグダと熟考しても、アホな私の頭で
わかるわけない。何か考えるヒントはないかしらん?
・・とかなんとか・・ぶつぶつ。

(ぼちぼち自分なりのイタリアを記事にしてみようと
思っていますが、きっと的外れな内容になる気が
して怖い(笑))

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。

 


ジョーク> 

モリス氏はドクター・コーヘンの医院に行って医師の前に
紙を置きました。その紙には、声がでなくて、話すこと
ができません。助けてください!
と書いてありました。

医師はしばらく考えてから、モリス氏に言いました。
「あなたのXXXを出してテーブルの上に乗せてください」

モリス氏は少し変に思ったけれど、コーヘン医師は専門家
だから、その通りにしました。

医師はゴムのハンマーを取り出すと思いっきりモリス氏の
XXXをたたきました。

モリス氏は、あまりの痛さにAAAAAAAAAAA!
と叫びました。

医師は言いました。
「はい、いいいですよ。明日また来てください。明日は、
の練習をしましょう」



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

イタリアの強盗団 [イタリア紀行]


皆さん、こんにちは。

先日、知り合いのTさんからイタリアで強盗にあった話は
まだですか、と聞かれたので、うまく書けるか自信はない
のですが頑張って書いてみます。

ほんとは自信がないので、ウニャムニャにしておけば・・
第一、作家じゃあるまいし誰も期待なんかしているわけ
ないと密かに忘れてくれることを願っていたのですが・・(笑)
IMG_5920.jpg

それはフィレンツェの街が一望に見渡せるミケランジェロ広場
という小高い公園?で休憩したときに起こりました。
(ミケランジェロ広場とは、その広場の中央にミケランジェロの
ダビデ像のレプリカが置いてあるからみたい)

IMG_5910.jpg
(反対側は緑の小高い小山みたいになっています)

で、私たちは20分くらい各自、散策したり土産物店を物色
したり、フィレンツェの街並み写真を撮ったりしてからバスに
戻りました。

私は車内で撮った写真などを下を向いて確認したりしていた
のですが・・

イタリア 001.jpg
(こんな感じの広場でした。実際はもっと広いんですが・・)

そのときバスの中が一瞬、騒然とした雰囲気になりました。
一体、何事が起ったのか?!
頭をあげて運転席の前を見たときの光景がこれです。

イタリア2 001.jpg

(あー!あぶない!引きずられて、ケガをするかも!) 

運転手さん(イタリア人の30代くらいの素敵な男性)が
走り去ろうとする車の後部ドアを捕まえて必死で止めよう
としています。な、何が起こっている!?

車の中には数人の男が乗っていたようです。
突然、車の中からバッグが路上に投げ捨てられました。
そして、運転手さんの頑張りもむなしく車は振り切って、
猛スピードで走り去っていきました。
(後で、このバッグは空でした)

数秒の出来事でした。ハリウッド映画の追撃シーンを見て
いるような・・というか、一体、何が起こっているのか?
瞬時には理解できませんでした。

そういえば、バスが路肩に泊まった時に丘側の狭い道に
紺色の車が止まっていたのを思い出しました。
あんな狭い下り坂の途中で止まっているなんて不自然な
気もしましたが・・まさか強盗団が待機していたとは。

IMG_6641.jpg
(トレビの泉、だったかしら?)

後で聞いた状況はというと・・。
私たちが広場で散歩している間に例の紺色の車がバスの前
に来て、中から降りてきた男がバスの運転手に話があるから
バスの外の後部にくるように指示したといいます。

ふつうなら運転手さんもその男を怪しんだのでしょうが、男は
「警官の制服のみたいな服装」をしていたので指示に従った
そうです。
次に添乗員(日本からの女性添乗員20代)もバスの後部に
くるように指示されたそうです。それでバスの前部の席は空に
なった。これが狙いだったんですね。

そのときに別の男があっという間にバスの中に侵入してきて
運転手さんと添乗員のバッグを盗んだのです。
ヘンな男がバスの運転席に入ってきた瞬間を家内は見たそう
です。あれぇ~??誰?と思ったときは遅かった。

IMG_6662.jpg
(たしかスペイン広場の傍だったような?観光客でいっぱい)

被害は運転手さんの私物のバッグと、添乗員さんのPCと私物
の入ったバッグ。添乗員さんのバッグには財布パスポート
入っていたのでこれが一番の被害ですね。

運転手さんも足にケガをしましたが幸い軽かったらしいです。
私達には被害はありませんでしたが添乗員の女性と運転手は
すぐに警察へ。翌日は一日かかって警察署と大使館への手続き
で大変だったらしいです。(私たちは別の運転手さんと案内人で
支障なく旅を続けられましたが)

警察署の話では「警官の制服?を着た強盗団は初めて」なので
逮捕は難しい・・と言っていたようです。悔しいけど泣き寝入り
になりそうです。う~ん、制服姿とは新手の強盗らしいですね。

IMG_6644.jpg
(映画「ローマの休日」で女王様がアイスを買った店だそうです。
今は靴屋さん?だったかな) 

しかし、海外で盗まれて一番困るのはパスポートですね。
お金はカードでなんとかなってもパスポートはすぐにはどうに
もならない。現地の大使館通いになっちゃうんでしょうね。

そういえば別の旅行で、パスポートを盗まれると困るので
一時的に全員のパスポートを私が預かります・・と添乗員さん
が回収したことがありますが、もし全員のパスポートが入った
バッグを盗まれたら・・と想像すると、とても厄介なことになり
そうです。

後で聞いた話ですが、添乗員さんは日本に帰るためだけの
片道の書類をつくってもらえたようですが、それだって何度も
日本の実家に電話して、住民票やらをFAXで送ってもらったり
で、運よく実家に両親が在宅していたので良かったけど、もし、
すぐに日本の両親と連絡が取れなかったら数日は向こうに
いることになっていたかもしれませんね。どうなんだろう?

しかし、海外でパスポートを盗まれるとほんとに超厄介なんだ
なあ~と思いました。今までは他人事と思っていたけど。
(まあ、今回も他人事は他人事ですけれど・・)

IMG_6654.jpg
(スペイン広場です。あいにく階段の工事中で入れませんでした)

ついでに・・
スペイン広場ではスリがうようよいるから注意してと現地案内人
に何度もしつっこく言われました。スペイン広場では「自分以外は
みんなスリ、と思え」・・って、ほんとかな?ほんとみたいです。

特に最近のスリは可愛い女の子もいるそうです。一人が話しかけ
てきて、見とれているとその隙にもう一人が盗っちゃうそうです。

「ああ、今、あっちに歩いてる二人組の女の子、あれは泥棒です!」
・・と現地案内人が指さしたけど人込みでわかりませんでした。
可愛い子にはくれぐれも注意しましょう・・って、言われてもねえ(笑)

IMG_6688.jpg
(女性の職人さんらしいのが階段を磨いて?いました。
女性の土工さん?珍しいですね)


駄文に最後までお付き合いいただいて感謝します。
やっぱりうまく書けませんでした。スケッチもへたくそだし。
大目に見てくださいね。失礼しました。

皆様にいいことがたくさんありますように。
そしてどうか生きとし生けるものが幸せでありますように。

 


ジョーク

「僕のおじさん、やっと安らかに眠れる」

「おじさん死んだの?知らなかった」

「死んだのはおばさんだよ」



nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
イタリア紀行 ブログトップ