So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカカンザイシロアリ ブログトップ

もう一度、アメリカカンザイシロアリを・・・ [アメリカカンザイシロアリ]


みなさん、こんにちは。

前々回の記事で、アメリカカンザイシロアリの放映を見逃したと書いたら
エスケイユニオン様からyoutubeで見れますよ、と教えていただきました。
(エスケイユニオン様わざわざありがとうございます)

もし、私みたいに見逃した方は、時間のあるときでもいいので一度は
ごらんになったほうがいいと思います。

シロアリ以外のほとんどの外来種は(アルゼンチンアリやセアカグモなど)
「住宅」に実害を与えることはないですが、このアメリカカンザイは無視でき
ない被害を与えるからです。

私も(情けないですが)未経験なのでどう言っていいか正直わかりません。
いたずらに脅かすつもりはないですが、敵を知らなければ対応も遅れて
しまいますよね。 どうも潜在的にはかなり広がっているようです。

(いやですね・・・とばかりも言っていられないみたいです)

パート①http://jp.youtube.com/watch?v=WgT0rpL567o

パート②http://jp.youtube.com/watch?v=P04WZNdvEzA

パート③http://jp.youtube.com/watch?v=Lz6-nkf_TD8

パートAhttp://jp.youtube.com/watch?v=KjQI4OD5Iwg

パートBhttp://jp.youtube.com/watch?v=uk5Tb-K09vs&feature=related

Drywood-Termite-Zone-Map.jpg




 

 

 

 

 

 

 


1277051.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

formosan_queen.jpg

 

formosan_swarmers.jpg

 

 

 

 

 

 

DSCN0236.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

wingdwt.jpg

 

 

 

 

 






このシロアリは、なによりも初期消火というか、初期のうちに
発見して駆除できるかどうかが最大の決め手だと思います。

なにしろカンザイ(乾材)を食べるので、2階や天井裏までやられたら
打ち手は限られそうですからね。
(特に化学物質化敏捷の方には心配です。なにか薬剤を使わないで
駆除できる方法はないかしら?)

そのためには「糞」の発見が何よりも大事です。
唯一の手がかりが「糞」ですからね。
ふんっ!なんて言わないでね。(笑)


今日のジョークです。


   
     <ジョーク

代理人「ベッカムさま、いいニュースと悪いニュースがあります!」

ベッカム「何だい、悪いニュースって俺のスキャンダルか?」


代理人「ええ、また一人、ゆすりに来た女がいます」


ベッカム「それもどうせ便乗組だな・・で、いいニュースの方は?」


代理人「その女、エイズで余命いくばくもないそうなので、ほっときましょう」


ベッカム「ちょ、ちょっと待ってくれ・・・」



最後まで読んでいただいてありがとうございました。
みなさん、ごきげんよう。

 

 


nice!(13)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

アメリカカンザイ・シロアリの「糞」? [アメリカカンザイシロアリ]


皆さん、こんにちは。

ここ数日、行く先々でこう言われます。

「この間、NHKでやってたなんとかいう新種のシロアリ、アレ見た?
怖いよねえ~!ビックリしたよ」

「アレって、やられたら、もうどーしようもないみたいじゃない!
で、実際のところどうなのよ?」

困ったなあ~、私はその番組(1月19日夜・放映「クローズアップ現代」)
見ていないんですよ。 前回も書きましたが、その日の夜10時頃お客様から
の電話で知りました。 しかし、TVの影響ってすごいな。 けっこう硬い番組
なのに見てる人って多いんだなあと感心しました。

で、アレってアメリカカンザイ・シロアリのことです。
前にもちょっとだけ、このシロアリについては触れたことがあります。
でも、残念ながらというか(幸運にも?)私はこのアメリカから来たシロアリの
駆除経験が一度もないんです。 (新潟県はまだ大丈夫みたい?)
だから、無責任なことも書けないし・・・

このシロアリがどんなものかは私の下手な解説より検索すればいくらでも
詳細に調べられると思います。 今更私が調べたことを書いてもねえ~っ
て気もするし。

それよりも・・・
では、一般の方はどうやってこのシロアリに対処したらいいのかを私なりに
考えてみました。 

その前に・・
このシロアリの要点だけ、ザーッとおさらいしてみましょう。

 カンザイって「乾材」のこと。つまり、乾燥した木でも平気で食っちゃう
  シロアリですね。 湿気があろうとなかろうと関係なし。

〇 もともとの原産地はアメリカのカルフォルニア。外来種ですね。

〇 で、いつごろ日本に来たのかというと、1976年に東京都江戸川区で
  アメリカの輸入家具から初めて発見されたそう。ということは33年前。

〇 本家のアメリカでは災害クラスの被害が出てるらしい。一年で25万件くらい
   被害にあってるようです。それでカリフォルニアの呪い」とか言われてる
   そうな。駆除でも効果ない場合も多くて、放棄された住宅も多いとか。 

〇 アメリカでの駆除方法は、家をまるごとビニールシートで覆って中に毒ガスを
  入れる燻蒸(くんじょう)らしい。 でも、この方法は狭い日本ではどうかな?
  近隣に毒ガスの影響が考えられますしね。 

〇 
特徴は一粒1ミリくらいの黒っぽい糞・・みたい。

・・・と、書くとなんだか怖くなってきますね。 もうハリケーン並みの被害を
与えるのかあ!なんて思ってしまいます。
(被害にあったら災害なみの救済措置も必要なのでは?)

で、私なりに考えた対処法はというと・・・
それが今日のタイトルにした、ズバリ!「」です。

というのは、このシロアリは在来のシロアリのように地下から登ってくる
のではなく、家具や材木の中に巣くいます。
(まるでキクイムシみたいな生態ですね)

だから、床下調査をしても蟻道(ぎどう)もないし侵入箇所も発見できません。
ということは今までのシロアリ屋のノウハウは全く通用しないということ。

ただ、キクイムシみたいに糞を吐き出します。
これが有力な手がかりになりそうです。

dampdryfecal.gif













とても特徴的な形をしていますね。パレットみたい。
角が丸くて六角形の縦状の面があるみたい。

Drywood Termite fecal pellets lg.gif


 

 

 

 

 

 

 

frass.jpg

 









 

 

 

 

 

もうひとつ在来のシロアリと違う点は春先だけ羽アリとなって分家するのではなく、年間を通して分家するということ。つまり、四季いつでも羽アリが出るという点。 この2点が最大のポイント。

まとめると・・・・

〇4~6月以外にもヘンな羽アリまたは羽根が室内に落ちていないか?
〇床上にヘンな糞が落ちていないか? 

あっ!もうひとつありました・・・
〇アメリカからの輸入家具・輸入材木にも注意しましょうね。
 
・・・というわけで、大変申し訳ないのですがこれくらいしか書けないのが残念です。 
頼りなくてごめんなさいね。 やっぱり自分で経験してないことって書きずらいです。 経験したら順次詳細をご報告します。 ごめんなさい。

以下のサイトがわかりやすいと思いますので、興味があったら目をとおして
おかれることをお勧めします。 独特の「糞の形状」だけでも覚えておけばきっと
役立つと思いますよ。 今日はみなさんにとって心配な記事でごめんなさいね。

http://www.sinfonia.or.jp/~isoptera/myhtm/minor.htm

今日のジョークです。
(ちょっとエッチです。ごめんなさい。でも可笑しいですよ [わーい(嬉しい顔)]


            <ジョーク

15年刑務所に入ってた男が脱走した。逃げる途中で一軒の家を見つけた。
男は金と銃を手に入れるためにその家に押し入ると、若い夫婦がベッドに
入っていた。

男は夫にベッドから出るように命令し、椅子にしばりつけた。
そして妻に馬乗りになりベッドに縛り付けながら、首筋にキスしてすぐ
バスルームに入っていった。

その男がバスルームにいる間、夫は妻に向かって
「あいつは脱走囚だ。
奴の服を見てみろ。長い間刑務所に入っていたんだろう。
女に飢えてる
はずだ。君の首筋にキスしているのが見えた。いいか、逆らったら
僕ら
は殺される。レイプされても抵抗するんじゃない。気をしっかり持つん
だ。
愛してるよハニー」


妻は
「あいつはキスなんてしなかった。私の耳元でこう言ったの。彼は
ゲイらしいの。
ワセリンがあるかって聞くからバスルームにあると答え
たわ。気をしっかり持って。愛してるわハニー」



それではみなさん、ごきげんよう。
最後までお付き合いくださって有難うございました。

nice!(13)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

アメリカ・カンザイ(乾材)シロアリについてなど・・・ [アメリカカンザイシロアリ]


皆さん、こんにちは。

皆さんにとってあまり嬉しくないニュースです。
しろあり に関する Google ニュース アラート
でこのような
ニュースが届きましたのでご紹介します。
アメリカカンザイシロアリという厄介なシロアリが各地で被害を出して
いると言うニュースです。
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const08q3/585356/
 
このシロアリについては前にもお知らせしたことがあります。
http://siroari.blog.so-net.ne.jp/2008-01-07

蟻道を作らないで木の中に巣くうので、発見にはよほどの観察力が
ないと難しいようです。 ようです・・というのは私はまだこのシロアリと
遭遇した経験がないので詳細についてお知らせすることができないの
です。 すみません。 

詳細については、下記の岡崎シロアリ技研様のサイトがとても参考に
なると思います。 是非、判断基準にしてくださいね。
(岡崎シロアリ技研様、面識もないのに勝手に紹介してごめんなさいね。 
ご覧になっていたらこの場をかりてお詫びいたします。)
http://www.sinfonia.or.jp/~isoptera/myhtm/minor.htm

今日の写真は蓑虫です。
先日、お客様から伺った話では、毎年実っていた庭の梅ノ木に蓑虫が
異常繁殖して梅の実が一個も実らなかったそうです。 
蓑虫と梅の実って関係あるんでしょうかね?

他の木も蓑虫だらけで、こんなことは初めてだと言っていました。 
それで蓑虫のついた枝を全部切り落としたそうな。

 
H20,9,A 018.jpg
 H20,9,A 016.jpg
 H20,9,A 017.jpg
(わかりにくい写真でごめんなさい)

どうもおかしなことが起こっている気がします。
スズメバチ、チャドクガ、アメリカシロヒトリ、ヤマヒル、そして蓑虫・・・
あと(名前は忘れましたが)他にも何種類かの虫が異常に繁殖してる
そうですよ。

これはたぶん天候異常が原因でしょうが・・・
ということは目に見えない細菌類も当然繁殖している可能性が
ありますよね。
 
そういえば最近、蚊に刺されました。
ヘンなのは刺された部分の皮膚が何日たっても赤くなっていたこと。 
こんなこと今までなかったよね、なんて家内と話ししています。 
新種の蚊にでも刺されたのかなあ~? 
考えすぎかもしれませんが・・・皆さんはどう思われるでしょうか?


今日のジョークは可愛いお話です。


              
            <テレパシー診断


最近は便利になったわ。 お医者さんに行かなくても、
テレパシーで診断を受けられるんですもの。 
外来で待たされることもなく、こうしてコタツの中からでも
診断が受けられるのよ。 でも、私前から気になってる
ことがあるの。 ちょっと相談してみようかしら。

「テレパス先生、テレパス先生。 今よろしいかしら」

「はい、はい。 ほほう、初診の方ですな。 どうしました」

さすがね。 何も言わないのに、初診だとわかるなんて。

「私、ちょっと気になっていることがあるんです」

「なるほど、身体的なお悩みですな」

ほんとにスゴイわ、この先生。

「ええ。 他の人に比べると、耳の先が少し尖っているよう
なんです」

「気にすることはありません」

「それに毛深いし」

「普通ですよ」

「まあ、先生。 私の身体を透視でもできてらっしゃるの?」

「透視は専門分野ではありませんが、身長、体重、脈拍、
血圧、体温ぐらいのことは感じとれますよ」

「どこか、おかしくありません?」

「身体的異常はまったく見受けられません」

「良かったわ。 これで、安心してお昼寝できるわ」

「ただ・・・」

「どうしたの、やっぱりおかしいのね」


「アクセス先は、動物病院にした方がいいですよ。 ミケちゃん」



それでは皆さん、ごきげんよう。 


 
nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

厄介なアメリカカンザイシロアリって? [アメリカカンザイシロアリ]


皆さんこんにちは。

「アメリカカンザイシロアリ」って名前を聞いたことはありますか?
もしかしたらこれからよく耳にすることになるかもしれません。 
というのは日本各地で確実に広がって今後、脅威となる可能性があるからです。

私は数年前のシロアリ防除士の更新講習会で実物を見せてもらったことが
ありますが、見かけは今までのシロアリとたいして変りませんでした。 
そのとき、その習性を聞いて「厄介なシロアリだなあ」と思いました。 
私はまだ現場でこのシロアリと遭遇したことは一度もないのですが、正直言って
遭遇したくないシロアリです。

なぜならこのシロアリは駆除も予防もとても難しそうだからです。 
ヤマトシロアリなら蟻道(ぎどう)を作りながら土壌地下から侵入してくるので
とにかく蟻道さえ発見できれば駆除できます。 
ところがこのアメリカカンザイのほうは蟻道を作らないのです。 
キクイムシのように「最初から材木中に潜んで」いますからね。 

ちなみに出身地はその名のとおりアメリカです。 
カンザイというのは乾燥した材木のこと。 つまり乾材です。 ということは湿った
材木でなく乾燥した材木でも平気で巣くうのです。 
予防しようにも有効な方法は今のところないようです。 また駆除方法も家を
丸ごとシートでくるんでガスで駆除する方法しかないようですし、これも有効度は
難しい気がします。

最近のシロアリ情報では岡山で発見されたそうです。 
岡山の皆さんは特に注意してくださいね。 ・・・といってもどのように具体的に
注意したらいいんだろう? とりあえず羽アリが出たらそれがカンザイシロアリで
ないことを祈るくらいかしら。 困りました。 

興味のある方、詳細は以下の山陰新聞を参考にしてくださいね。

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/01/06/2008010610384378010.html


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅
アメリカカンザイシロアリ ブログトップ