So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の工事から・・ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

いいネタがないので今日の駆除の様子から何枚か写真を
紹介します。

RIMG2878.jpg
かなりの被害ですね。大引きが相当、空洞化しています。
どうするかは後日、大工さんと相談するつもりです。

RIMG2886.jpg
根がらみの下に蟻道が見えます。今まで何度も同じような
写真をお見せしてきました。典型的なシーンですね。

RIMG2887.jpg
蟻道の根元の石を動かしてみました。いたいた、
白っぽいのがシロアリです。じーっとしてほとんど動きません。
シロアリも寒いんだろうな。

RIMG2894.jpg
ちょとアップに・・

RIMG2889.jpg
シロアリです。さすがにのろのろして夏場のような素早い動きは
しません。

う~ん、何か気の利いた言葉で〆たいけど・・今日は疲れました。
疲れた・・なんて言葉は使いたくないんだけどな。

それにしても今日の床下は土壌がべとべとして泥だらけに
なりました。お客様の話では近所の配管の具合が原因らしい??
と言っていたけど・・なんだか、よくわかりません。

明日の予定は・・ああ、明日は明日の風が吹く・・(笑) 
ケセラセラ♪・・

ミーコがぴったり寄り添って、遊ぼう・・と言ってるのでこの辺で。

RIMG2913.jpg
オラオラ!ブログなんていいから早く遊ぶべし! 

どうか皆様には毎日がハッピーでありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。
失礼しました。


ジョーク> 

男と女が"したい"と思いました。
それで、二人は彼女の家に行きました。
家に入る前に、彼女がストップをかけて言いました。
「妹が二段ベッドで寝てるんだけど、私たちがなにしてるか
知られたくないの。だから、私がバロニーと言ったらハードに、
ペストラミと言ったらソフトにしてくれる。」

ということで、二人は、二段ベッドの上にあがってやりはじめました。
最初に彼女がうめきました。
「バロニー、バロニー、バロニー」
それから叫びました。
「ペストラミ、ペストラミ、ペストラミ」
また、
「バロニー、バロニー、バロニー」

最後に、彼女の妹が怒鳴りました。
「あんたたち、上でサンドイッチ作るのやめてくれない!
私の上にマヨネーズが降ってくるんだけど!」 



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

説明し難いこと [シロアリ]


皆さんこんにちは。

今日のタイトルにした内容をうまく伝えられるかしら?
というのは床下調査を終わった後で、その結果をお客様
に報告・説明するときに戸惑うことがあります。

それはAかBか?と、お客様に問われた際に答えに窮する
というか、そんなときがあるんです。

RIMG2621.jpg
(写真は本文とは無関係です。最近の調査写真から。
 ブロックとシロアリというか)

う~ん、うまい説明かどうかわかりませんが、たとえば
一時期、魚の焼け焦げを食べると癌になる・・という話が
ありましたよね。
確かに魚屋肉の焼け焦げには発がん物質が含まれている
そうです。

RIMG2622.jpg
(ブロックを基礎に使っていた時代の住宅です。ブロックの
 中や隙間に蟻道を作られることはよくあります)

でも、それは相当の量の焼け焦げを毎日摂取した場合の
話であって、現実には無視していい確率です。

でも、焼け焦げに発がん物質は含まれているか?いないか?
Aか、Bかと問われると含まれています・・と言うしかない。

これを床下調査に当てはめると・・たとえば土台や大引き
に褐色腐朽菌が発生していた場合に、褐色腐朽菌は木を
分解して劣化させますか?と問われると、その通りですと
答えるしかありません。

RIMG2641.jpg
(ちょっと見ると異状ないように見えますが・・)

しかし程度問題で、現実的には無視していい程度の腐朽も
あります。もちろん看過できない場合もあります。

このニュアンスというか、そのへんが伝えにくい。
AかBかといわれるとA。でも無視していい・・とはなんか
無責任で曖昧だなあ~という印象を持たれるでしょうね。

(以前の記事で、あるときは「防湿シート」に賛成したり、
あるときは反対する記事を書いたりしました。
自分でも首尾一貫していないのはわかっているけど、現場
の状況と土地環境、お客様の事情・・などをを総合して判断
するとするとどうしても正反対の答えになってしまう場合が
あります)

RIMG2642.jpg
(内部はシロアリに食べられて完全に空洞化しています)

正確に伝えようとすればするほど、仔細に状況判断しようと
すればするほど、お客様からすれば曖昧な印象が強くなる
だろうなと思いつつもどうしていいかわからない。

それと、お客様によって「シロアリへの恐怖度」がかなり違う
のです。Aさんは虫が大嫌い。Bさんはわりと平気。
調査結果への「反応」もAさんとBさんでは当然、違ってきます。
これはどうにもならない。バランスの偏った「反応」をされると
う~ん、ちょっと違うんだけどなあ~と思っても個人の感受性
まで私には左右することはできませんから。

RIMG2644.jpg
(う~ん、交換すべきか?参ったなあ~・・と悩みました)

だから、バランス感覚って大事だと思う。これは人生に
おいて物事を判断する際にはなんについてもいえるんじゃ
ないかなと思います。

とはいってもねえ、私だってきっと「偏向」しているんだろう
なあ~と思う。 機嫌のいいときと悪い時がありますから。
機嫌の悪い時ってきっとバランス感覚が崩れているに違い
ない。

数日たってから・・ああ。あのとき、私はかなり「偏向」して
いたなあ~なんて思うときがあります。
でも、そのときは「ふつう」だと思っていて気づかない。

RIMG2653.jpg
(床上の柱にもはっきりと影響が出ていました。これは大工
 さんと相談しよう・・)

というわけで、愚痴とも言い訳ともつかない、それこそアン
バランスな文章でごめんなさい。なんかもやもやしていた
もので。

よーするに、私に「説明能力」がないだけの話かもですね。
しかし、人になにかを正確に「伝える」のって、ほんとに
難しいですね。 

(う~ん、でも逆の場合もあるなあ~。この違いはどこから
 くるんだろう?・・)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。そして生きとし
生けるものが幸せでありますように。 

 


ジョーク> 

トムは川で溺れていた。そこへ河川管理局のジョンが通りトムに言った。

「この川は遊泳禁止なんだがね!」トムはすかさず叫んだ。

「お・溺れているんです!!」

それを聞いたジョンは「ならいい。」

 


 

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

冬のシロアリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

めっきり寒くなってきましたね。シロアリもそろそろ休眠の
時期に入ります。

だからシロアリ屋も仕事が減って・・と思うのですがなぜか
例年、10月11月ってなんか忙しい。なぜなんだろう? 

それに最近の調査ではどれも被害が大きい場合が多い。

これじゃあ駆除できないからリフォームを先にしましょう。
その後に駆除しましょうか。(そのほうが新しい部材にも薬剤
の吹き付けが確実にできるからです)

・・というようなパターンが多いんです。
おそらく、この時期にシロアリなんて誰も関心がないから
シロアリも密かに行動しやすくて被害が拡大するのかもしれ
ませんね。最近の被害写真を紹介します。

これは浴室のタイル工事で職人さんが発見した事例です。
RIMG2480.jpg

職人さんがかけたシートを剥いでみたら・・RIMG2483.jpg
逆光で撮ったのでわかりにくいですが木部が激しく加害
されています。これでは仕事にならないのでタイルの張
り替えは中断したそうです。

で、この外回りを調べたら・・給湯器の傍の杭?を抜いて
みました。
RIMG2491.jpg

アップにします。
RIMG2492.jpg
白っぽい塊がわかるかしら?
もっとアップにしましょう。
RIMG2494.jpg
シロアリが固まっていました。
さすがに寒いので元気がありません。じーっとして
ほとんど動きません。

次は最近の駆除工事から・・
RIMG2522.jpg
蟻道が2本見えます。ここは玄関の上がり框(かまち)
付近です。
で、蟻道を壊してみました。
RIMG2523.jpg
アップにします。

RIMG2526.jpg
なんとかうまく接写できました。というか、こちらの
シロアリも動きが鈍いので撮ることができただけですが。
夏場だと元気に動くのでピントが合わせづらいけど。

シロアリはもともと南方系の虫ですから寒さが苦手です。
まあ、虫はみんな寒さが苦手でしょうが・・。

というわけで冬場のシロアリっておとなしいんです。
でも、高気密とか床暖房で床下が暖かいと冬でも活発に
活動すると思います。

いいことがあれば悪いこともあるのが人生かしら。
これから庭の冬囲いなどするときにちょっとだけ注意して
みてくださいね。

久しぶりの更新なのに最後までお付き合いいただいて感謝
します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸福でありますように。

 


ジョーク

とても内気な男が酒場に入っていくと、カウンターに
きれいな女性が座っていた。

1時間ほど迷ったあげく、男はようやく女の方に近づき、
ためらいがちに尋ねた。


「あのう、ちょっとお話をしてもよろしいですか?」。

この質問に女はあらん限りの大声で反応した。

「何、言ってんのよ。今晩あんたなんかと寝る気はないわ」

バーにいた全員がこの光景をまのあたりにした。
男は当然ながら救いようもなく、大恥をかいてすごすごと
自分の席へ引き上げた。

数分後、女が男に近づき微笑みを浮かべながら謝罪し始めた。

「ごめんなさいね。驚いたでしょ。私、大学院で心理学
を専攻しているんだけど、
ばつの悪い状況にみんなが
どう反応するか研究中なの」


今度は、男の方があらん限りの声で応えた。

「どういうつもりだ、200ドルだって?」



nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

シロアリ屋の一日 [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

ほんとにときどきの更新ですみません。
最近、何をどう記事にしていいのか迷いっぱなしです。
テンションも落ちているし・・ぶつぶつ。

仕方ないので昨日の私の一日でも紹介します。

題して零細シロアリ屋の一日・・とでも思ってくださいね。
平凡なシロアリ屋の日常・・とでも言ったらいいでしょうか。
従って全然、参考になることはないと思いますが・・。

午前中は某不動産屋さんからの中古物件の調査依頼でした。

まず、ざっと外回りと床上の点検です。
RIMG2299.jpg
う~ん、杭がちょっと自宅に接近しているなあ~。
こういう杭にはシロアリがいて当たり前ですからね。
もうちょっと離れていれば・・といってもねえ。

あと、お隣との間もジメジメしています。
でも、まあ、・・う~ん・・側溝があるので大丈夫でしょう。
RIMG2300.jpg

RIMG2258.jpg
次は室内に・・。
玄関の上がり框の下です。ときどき蟻道が隠れていますから。
私的には重要なポイントです。

RIMG2253.jpg
浴室です。あれ?・・・

RIMG2254.jpg
柱の根元に木栓が打たれています。
ということは過去に防除したことがあるようです。


RIMG2259.jpg
台所の床下収納庫から下にもぐります。

RIMG2282.jpg
床下にシロアリの形跡はありませんでした。きっとまだ薬剤効果が残って
いるからでしょう。丁寧な防除工事をしてありました。

写真は木の根です。ときどき見かけます。稀に木の根からシロアリが
侵入することがあります。住宅の基礎の際に木を植えるのは止めた
ほうが無難ですね。

RIMG2268.jpg 
これは腐朽菌です。

RIMG2273.jpg
築30年の中古物件ですから部分的に不朽が始まっていても仕方ないですね。
他の部屋は大丈夫でした。どこの家も中心部の部屋が湿気っているような
気がします。通気のせいでしょうね。

私的には100点満点の80点くらいかな・・と不動産屋さんに報告して
おきました。売れるといいですね。

次は・・
新築現場の大工さんから胴縁工事が終わった・・と連絡が入りました。
RIMG2324.jpg 
急遽、現場へ・・

RIMG2301.jpg 
吹き付けが終わったのが午後1時ころ。
一旦、自宅に戻って急いで昼飯を食らう。

午後からは某大被害のIさんの家に・・。
昨日のうちにリフォーム工事は終わったので薬剤を撒いて・・
という依頼でした。
RIMG2337.jpg
束柱と大引きは全部取り替えてありました。
蟻道の残りにはまだシロアリが動いていました。

で、まだ確認していない廊下とか他の部屋もチェックしてね、
ということだったのでチェックしたら・・
RIMG2357.jpg
う~ん、これは想像以上に・・被害大です。

RIMG2358.jpg 
蟻道もあちこちにいっぱいあります。ちょっと想定外だったな。

RIMG2382.jpg
廊下のヘタリの原因は経験劣化だと思ったら違いました。
床板まで蟻道が達しています。

というわけで、お気の毒ですが廊下のリフォームも必須です、と
お客様と工務店には報告しておきました。
今日は薬剤処理は止めましょう。リフォーム追加部分が終わって
からのほうがより徹底的にできますからね。

まあ、お客様も大工さんも薄々は床下全体にシロアリがいるで
あろうことは予想していたようで、そんなにビックリはしていま
せんでした。私としては複雑です・・ぶつぶつ。

で、最後は某お寺様の天井の物音がまた再開したらしいという
連絡を受けたので下調べにお邪魔しました。
RIMG2244.jpg 
穴が開いているのがわかるかしら?

アップです。たぶん、ムササビの仕業でしょう。
RIMG2245.jpg

ほかにも新規の穴が・・う~ん、どうしよう?
RIMG2240.jpg

RIMG2249.jpg

巨大なスズメバチの巣です。でも、これは数年前の巣で現在は空。
(例外もあるそうですが)ほとんどの場合、スズメバチは巣を一回
しか使いません。

ということで、今日も調査→施工→調査→調査で一日が終わりました。
あ、今日じゃなく昨日でした。

面白くもなんともない記事ですみません。もっと皆様のためになる
実用的・実践的なことを書ければいいんですが ・・ぶつぶつ。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものがハッピーでありますように。



ジョーク> 

哲学者ショーペンハウアーは散歩をしながら思索をしていた。

あまりに没頭していたため、公園の花壇を踏み荒らしている
ことに気が付かなかった。
そこへ公園の管理人がやってきてこう怒鳴った。
「何をやっている!貴様は何者だ!」

ショーペンハウアー
「それがわかれば苦労しないんだがな」

 

 


 

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

湿気の強い床下とイタリア [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

また更新が滞ってしまいました。
それに他ブログの皆様のところにも伺えなくてごめんなさい。

なんというか、ネタがないのも一因ですが、それ以前に
テンションがかなり落ちているなあ~と思っています。
・・愚痴っぽくてすみません。

最近の工事の写真に簡単にコメントをつけながら紹介します。
少しでも参考になりますように。まず、下の写真を見てね。
RIMG1691.jpg
畳をあげたら既に畳まで食べられていました。RIMG1692.jpg 

RIMG1693.jpg
これは畳の交換が必要ですね。

RIMG1697.jpg
とても幅の広い蟻道です。
う~ん、こんな大きな蟻道はひさしぶり・・。

RIMG1703.jpg 
束柱も完全に空洞化しています。
これも交換しないと床が抜けてしまいますね。

RIMG1704.jpg 
大引きもご覧のとおり。ヤバイ状況です。交換必須。

RIMG1700.jpg
蟻道を壊したら出てきたシロアリです。

RIMG1725.jpg
奥に蟻道が見えますね。また白いテープで断熱材に
包まれた配管。断熱材の中を通って、上にまでシロ
アリが登ってくる可能性があるので要注意箇所です。

RIMG1734.jpg 
ローソク石が地下からの水分を吸って変色して
いますね。保水性の高い土壌だとこうなります。
ローソク石もいずれ白華現象を起こすと思います。

RIMG1730.jpg 
RIMG1733.jpg 
こういう強い湿気の床下は例外なくカマドウマ君に
とっては最高の住み家でしょうね。カマドウマは
湿気の程度の目安になります。

RIMG1736.jpg 
これは別の家のケースです。畳がヘンですね。
実はシロアリが登ってきたせいです。

RIMG1739 (2).jpg 
畳をあげたらこれも既に畳が食われていました。
よくない状況です。

RIMG1738.jpg 
おそらくここに袋に入れたゴミ類を長年、置きっぱなしに
していたせいと思われます。

段ボールや本なども長年、置きっぱなしにしていると
こうなることは珍しくありません。
使わない部屋でもたまにはお掃除しましょうね。

ということで防除士の方からすればよく見る光景ですよね。
でも一般の方にはちょっとショックかもしれませんね。

う~ん、なんか暗い内容になったかしら? 
気分直しに先月行ってきたイタリアの写真を載せましょう。
まず、エッチなのから(笑)
IMG_5942.jpg 
このトランクス買ってくればよかったなあ~。

IMG_5820.jpg 
ここはベネチアですね。舟から撮りました。
船頭さんはいつも歌いながらでサービス満点でした。

IMG_5910.jpg 
ここはフィレンツェ。ミケランジェロの丘とか言っていました。
フィレンツェの町が一望できる場所です。ダビデ像はレプリカです。
実はここで一生に残る経験をしました。

IMG_5934.jpg 
それは強盗団に遭遇したこと。というか新手の強盗団が
バスの中に侵入してきたのです。現地運転手の奮闘も
むなしく盗られてしまいました。

いきなり予想外のことが起こると、立ちすくむばかりで
事態を認識できないというか非現実感に襲われるなあ~と
思いました。

といっても私達には実害はなかったのですが添乗員さんは
お気の毒でした。この話は機会があったらまたしますね。

支離滅裂な記事に最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク> 

問題: 事業で大成功し、巨万の富を得た男が、裸のキャメロン
   ディアスとニコール キッドマンを両脇にはべらせ、
   ジャグジーで最高級のシャンパンを呑んでいる。
   さて、この男が次にすることは何?

 



答え: 目覚まし時計に起こされる。

 

 


 
nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

鉄筋コンクリート住宅とシロアリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。大◎建設のパ◎コンという住宅の調査を
してきました。今までも軽量鉄骨とか木造住宅でない家の調査
と駆除はたまにしてきましたがコンクリートパネルを使った
本格的な建物は初めてでした。

お邪魔したら超頑丈そうな3階建ての豪邸でした。
まあ、でもコンクリートとシロアリは親和性があるし、わずかな
亀裂や隙間があればシロアリが侵入してもおかしくはないですね。

で、なぜシロアリの存在に気付いたかというとここ。長年、開け
閉めをしたことのない障子戸をある日動かしたら食害を見つけた
そうです。
RIMG0417.jpg

RIMG0416.jpg

RIMG0418.jpg

RIMG0419.jpg
(長年、戸を動かさなかったり、段ボール箱などを置きっぱなしにして
 いるとこういうことってあります)


さっそくこの床下にもぐろうとしたらありゃーっ、畳の下はコン
クリート板です。これは参った。こんな造りは初めてです。

RIMG0399.jpg
(当該箇所です。畳もボロボロに食べられています)

RIMG0400.jpg

RIMG0484.jpg
(防湿シート?を剥いだら・・)

RIMG0486.jpg
(シロアリがコンクリート板の上を行列をつくって動いていました)

RIMG0491 - コピー.jpg

RIMG0500.jpg

RIMG0503.jpg
(敷居の一部は空洞化しています)

床下にもぐれるところは台所に一ヶ所しかないそうです。う~ん、
そこからこの和室の下まで来れるかしら?
RIMG0401 - コピー.jpg

で、もぐる時に撮ったのがこの写真。厚さ10センチくらいのコン
クリート板です。こんな造りは初めて見ました。

RIMG0404.jpg

で、床下面はベタコンではなく土壌でした。また、各部屋の床下
がほぼ完全に密閉状態で通気口は一個もないのでした。

また中基礎がこれも通常の基礎とは違って厚さも倍くらい。
これじゃあ基礎割りもできそうにありません。参ったなあ。
RIMG0406.jpg
(強い湿気を感じます。今の時期は珍しくないのですが・・)

気が付いたのは夥しい結露でした。まあ、今の時期は床下に結露が
発生していてもおかしくはないですが、土壌からの湿気(蒸気圧)
もかなりあるんでしょうね。
RIMG0413.jpg

RIMG0408.jpg

私的にはなにからなにまで初めての経験でしたが勉強になり
ました。シロアリ屋の目線から言わせてもらえればふたつが気
になりました。

一つは床下が土壌ならいずれシロアリが侵入してもおかしくは
ないこと。もう一つは湿気です。

奥様が妙なことを言っていました。
秋から冬場に毎年室内に強い湿気を感じる・・と言うんです。
え~っ?秋から冬場はもっとも空気が乾燥状態になる時期なのに
湿気を感じる??って、どういうことだろう?

う~ん、私のアホな頭で必死に考えてもわかりません。
もしかしたらコンクリートが分厚いので取り込んだ熱の蓄熱性
が高くてそれが秋から冬に放出されるときに結露でも起こるの
かしらん?

こういう完全なコンクリート住宅の熱効率ってどうなんでしょ
うね?私はその方面には恥ずかしながらまったくの無知です。

まあ、地震対策としてこの工法を選んだそうですがたしかに
地震には強そうな家でした。一般住宅とはまったく発想が違う
んだろうなあ。

余談ですが私の友人の溶接屋さんが言っていた言葉を思い出し
ました。それは「我々は金属を扱うけど木と金属ってまったく
違うんだよね・・」う~ん、同じように木とコンクリートって
まったく違いますよね。あー、自分でもわからない(笑)

なんだか曖昧な文章になってしまいました。というか初めての
経験なので何をどう考えていいのかわからない・・というのが
正直な気持ちです。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク> 

それは、西部の春の日でした。
カウボーイたちは馬にのり、まだ雪が少し残っている道を、
冬を生き抜いた家畜を探して進んでいました。

一人のカウボーイの馬が狭い道を進んだとき、春の日差し
の中で暖まっているガラガラヘビに出くわしました。
馬が後ろ足立ちしてカウボーイはヘビを撃とうとして銃を
抜きました。

「ちょっと待って! 兄弟!」ヘビが言いました。
「撃たないで! 私は、魔法のガラガラヘビなんだ。
  もし、撃たないでくれたら、3つの望みをかなえてあげ
  るよ。」 

カウボーイは、チャンスをやることにしました。
ヘビの攻撃範囲から離れているので安全だと知っていました。

彼は言いました。
「オーケー、まず第一に、トムクルーズのような顔にして
  欲しい。それから、アーノルドシュワルツェネガーのよう
  な体にして欲しい。最後に、今自分が乗っている馬のよう
  なセックスの道具が欲しい。」

ガラガラヘビは言いました。
「大丈夫、あんたが宿舎に戻ったとき、3つの願いがかなって
  いるよ。」

カウボーイは、ぐるっと向きを変えて宿舎の方へずっと急いで
帰りました。彼は馬を降りると宿舎の鏡にまっすぐ行きました。
鏡の中で彼を見ているのは、トムクルーズの顔でした。
彼はシャツを引き裂くと、まるでアーノルドシュワルツェネガー
のような筋肉隆々の体でした。

彼はとても興奮してジーンズを下ろすと、自分の股間を見て、
叫びました。
「なんてこった!オレはメス馬に乗っていたことを忘れてた!」




nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

切り株とシロアリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

メール相談で似たような質問をされることがあります。
あれっ?福岡のAさんと、長野のBさんの質問ははほとんど同じ
内容みたい。ということは、全国でも同じことで困っている人が
まだまだいるのかもしれないな。

たとえば最近のでは「庭の朽ち木の根にシロアリがいたので木は
切り取ったけど、切り株は根が深いので掘り出すのが大変。
切り株はどうしたらいいでしょう?」

・・というのがありました。

(以下の写真は前にもお見せしました。再度紹介します)
CIMG0042.jpg
(庭の切り株とシロアリの食害です)

確かに幹はのこぎりで切ればいいけど、根や太い切り株の撤去って
厄介ですよね。業者に頼めばン万円の費用が掛かります。

(こういう太い切り株は厄介ですね)
057 (2).jpg

(アップです。シロアリの食痕が見えますね)

058.jpg

そこで私のアドバイスは、まず、灯油か台所用洗剤の10倍液を
切り株にかけてシロアリを殺す。そして後はほっといて自然に
腐るに任せる・・です。
これならほとんど費用は掛からないですからね。

(こういう光景ってよく目にします)
043.jpg

ほかには(実行したことはないけど)ボロボロになった古いシイ
タケの原木をわざと切り株の上に置いて「腐朽菌を伝播させて」
根を分解させる・・などもいいんじゃないかと思っています。

(原木と地面の接地面に高確率でシロアリがいます)
046.jpg

というのはシイタケの原木って、とても硬い木なのにキノコが
出た後はほっておくと一年ぐらいでボロボロペソペソになって
しまいますよね。

その状態を見るたびに腐朽菌の分解力ってすごいなあ~といつも
感心します。その力を切り株分解に利用できないかしら?

054 (2).jpg
(原木をずらしたら出てきたシロアリです。わかりにくいですね)

あるいは、その切り株が自宅からかなり離れていたら、そのまま
シロアリに食べさせてシロアリにボロボロにしてもらう。

あっ、でも、それが気持ち悪いからなんとかしたいんだった(笑)
切り株の中のシロアリの姿を見たら無理かもしれませんね。

102.jpg
(ドリルで穴を開けて薬剤を注入してるシーンです)

113.jpg
(ここまでする必要もないけれど・・まあ、お客様が気にして
 いたので・・)


う~ん、我が家の庭にシロアリを見つけたらギャーッ!となる
気持ちもわかるけどあんまり怖がることもないんだけどなあ・・
なんて言っても無理かしら。

シロアリは「山の掃除人」と呼ばれることもあります。
植物遺体を食べて(分解して)くれて有用な土壌に還元してく
れるという自然界では重要な働きもしているんですよね。

TVで見るオーストラリアの巨大なシロアリ塚。あれって風化
して周囲に散らばることによって土壌を肥沃にしてくれるそう
です・・なんて言っても無理かしらねぇ。

う~ん、切り株については、よっぽど住宅に接近したところで
なければそんなに気にすることはないと思います。
あー、思いついたままに書いたのですっかり支離滅裂な内容に
なってしまいました。ごめんなさい。

ついでに・・外基礎のすぐ近くに木を植えたり、花壇をつくる
のは通気を悪くしたり、いろんな虫を誘引するのであまりお勧
めしません。ということで参考にしてくださいね。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。 



ジョーク> 

ジョルジオは、毎日通勤途中にシューズショップの前を通る。
そのたびに立ち止まっては、ショーウィンドウの中のボッチェリの
革靴を憧れの目で眺めていた。
約2ヶ月後、彼は300ドルを貯めてその靴を買った。

毎週金曜日には、イタリア系の集まりで教会でダンスパーティがある。
そこで、ジョルジオは彼の新しいボッチェリの靴を履いて出かけた。

彼はソフィアにダンスを申し込んだ。そして彼女に聞いた。
「ソフィア、今夜は赤いパンティはいてる?」

ソフィアが答えた。
「そうよ、ジョルジオ、赤いパンティをはいてるわ。でも、どうして
 わかったの?」

ジョルジオが言った。
「ぼくの300ドルのボッチェリの靴に反射して見えるんだよ。
 どうだい、いい靴だろ。」

彼は、次にローザにダンスを申し込んだ。数分たって、彼女に聞いた。
「ローザ、今夜は白いパンティはいてる?」

ローザが答えた。
「そうよ。ジョルジオ、でもどうしてわかったの?」

「ぼくの300ドルの新しいボッチェリの靴に反射して映ってるんだよ。
 どうだい、いい靴だろ。」

そして、ダンスも終わりに近づき、最後の曲になった。
そこで、ジョルジオはカルメーラにダンスを申し込んだ。

ところがダンスの途中で彼の顔が真っ赤になった。
「カルメーラ、お願いだ。お願いだからノーパンだと言ってくれ。」

カルメーラが答えた。
「そうよ。ジョルジオ、今夜はノーパンよ。」

ジョルジオは安堵の息をして言った。
「あー神様、ありがとう。ぼくの300ドルのボッチェリの靴に割れ目が
 できたかと思った。」


 
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

猛暑とシロアリと猫 [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

毎日、暑いですね、といっても夏だから当たり前ですね。
エアコンの利いた部屋から外に出たり入ったりしていると体調が
おかしくなりませんか?

うちのミーコはどうもエアコンがあまり好きではないみたいです。
エアコンのない室内の暗めの部屋で一日中、夢の中。

CIMG0006.jpg
(ひたすら惰眠をむさぼるミーコ)

ところで、犬は口からハアハアと息を吐いて体内温度を調節して
いるらしいですが、猫はどうやって体温を調節しているのかしらねぇ~?
猫が口を開けてハアハアなんて様子は見たことなない。

暑い日はね、日陰でじーっと寝転んでいるのが一番だニャ~、
なんて思っているのかもしれませんね。

CIMG0008.jpg
(朝晩、食事にくる猫。名前はまだない)

う~ん、いきなりですがネタが思いつかない。
そうだ、シロアリと暑さについて書いてみます。
シロアリは元々、熱帯、亜熱帯に生息する虫ですから寒さが苦手です。

といっても、あまり暑すぎるとさすがにシロアリも涼しいところに
避難するそうです。シロアリの活動好適温度は12℃~30℃

RIMG7278.jpg
(お寺様の猫。外は暑そうだにゃぁ・・)

ということは、一年中で今が一番元気で食欲旺盛な時期ということ
ですね。私たちの目につかないところで激しく加害しています。

つまり、羽アリの時期が終わって、急速にシロアリへの関心が薄れて
いく今の時期こそ実は被害が拡大しつつある時期ともと言えます。
注意してくださいね。

CIMG0042.jpg
(餌がたりないぞぉ~!かな?)

じゃあ、30℃以上だとどうなるのかというと、シロアリそのものは
元気でも、お腹の中に共生している原虫(単細胞の原生動物)が死ん
でしまうので涼しい場所に移動するようです。

シロアリのお腹の中(後腸)に別の虫が共生してるなんて知りません
よね。実は、この共生原虫の消化能力は超強力でこれがシロアリの
生存を支えています。

RIMG0030.jpg
(あらぬ方向を見つめるミーコ。ゾォ~!)

ということは、シロアリを駆除するには30℃以上の熱を加えれば
共生原虫は死んで、したがって栄養を摂れなくなったシロアリも死
んでしまうことになります。

薬剤を使わないで「熱」で駆除できれば理想的ですが実用化は難しい
でしょうね。下手をすると火事になったりしてね。

あ、以上はあくまで日本にたくさんいるヤマトシロアリの場合です。
世界には約2300種類のシロアリがいます。海外のシロアリは習性が
違います。

CIMG0004.jpg
(初めてのグリーンカーテンと初めての収穫。でも誰も食べようとしない・・)

ということで面白くもなんともない記事でした。でも、
①シロアリは30℃以上の暑さでは活動しない。
②シロアリの体内には強力な消化能力をもった原虫が共生している。
これは豆知識として覚えておいてもいいでしょう。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク> 

先生:「I go to Tokyo」を過去形にしなさい。はい、太郎君!


太郎:「I go to Edo



nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

土間床とシロアリと雨仕舞など。 [シロアリ]


皆さん、こんにちは。猛暑が続いていますね。
外仕事の職人さんは(私もそうですが)お身体、ご自愛
くださいね。
最近の工事から紹介します。

一般住宅ではないので参考にならないかもしれません。
ここは某事務所の休憩室です。鉄骨の建物です。
RIMG0144.jpg

RIMG0148.jpg

ふつうは鉄骨ならシロアリとは無縁と思いますよね。
一般住宅でも軽量鉄骨の建物ってありますよね。
土台もなくて(あっても鉄骨)シロアリとは関係ないよ、
と思ってしまいます。

でも、鉄骨でも床板とか壁の下見板とか胴縁は木を使って
います。そういう「鉄骨以外の部分」がシロアリに食べら
れることは珍しくないです。
RIMG0206.jpg

RIMG0152.jpg

侵入経路は解体しないと特定できませんが、おそらく
コンクリート床面に亀裂があるはずです。
何度も書いてきましたがコンクリートの下ってシロアリは
生息しやすいんですよね。

コンクリートだから大丈夫・・ではないんです。
これは盲点だと思います。
RIMG0158.jpg

それから、この写真も最近の新築現場で撮ったものです。
何度か、新築時の問題点として「雨漏り」を紹介したこと
がありますが、その原因は水切りシートを張っていない
ことが原因だそうです。
RIMG0235.jpg

RIMG0234.jpg

RIMG0239.jpg

これは見過ごされがちなことですが検査会社の人の話では
大切なポイントだそうです。
ちなみにこういう雨仕舞工事が不十分だと将来、こんなことに
なりますからね。
RIMG0281.jpg

RIMG0283.jpg
これから新築を予定されている方は頭の隅に置いてくださいね。

大したネタではないですがちょっとだけ覚えておいてくださいね。
なんというか自分の業界外のことって知らないですよね。
私も知りませんでした。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。 


ジョーク> 

精神病患者
「先生、私は自分が犬なのではないかと思っているのですが。」

医者
「そんなばかな。それで、いったいいつ頃からそのように思う
 ようになったのですか?」

患者
「私が子犬の頃からです。」




nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ウッドデッキとシロアリ。 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

もし、これからウッドデッキを作ろうかなあ~と思っていたら
注意したほうがいいことを書いてみます。

というのは先日、ウッドデッキの駆除&解体撤去をしてきました。
その様子を紹介します。参考にしてくださいね。

まず、最初の状況ですが、ご主人がウッドデッキの様子が
おかしいので倒してみたらシロアリがウジャウジャと出て
きたらしいです。私がお邪魔したときはこんな様子でした。
RIMG0109.jpg

左側の布基礎に蟻道の跡が見えますね。
これは既に土台に食い込んでいるかも・・外壁下部の向こうは
すぐ土台ですからね。 
RIMG0110.jpg

よーく見たら・・
RIMG0115.jpg RIMG0116.jpg

大丈夫でした。蟻道の跡は土台の数センチ手前まで進んで
いましたが土台には到達していません。

でも、ご主人は心配で仕方がないので床板も調査してと
いいます。尤もな心配ですね。床下の調査結果は問題なし、
でした。危ないところでしたけどね。

で、対策としてはウッドデッキを細かくカットして撤去
回収しました。その後に土壌に薬剤散布して終了。

ちょっとわかりにくい説明だったかもしれませんね。
蟻道ではなく「蟻道の跡」とはどういうこと?と思われた
かもしれません。うまく説明できるかしらん?

えーと、下の写真を見てくださいね。
(ネットで検索して拝借しました。大目に見てね)
cimg1355-a.jpg 

ご主人が解体する前はおそらくこんな感じになっていた
はずです。 束石が布基礎にくっついていますね。
また、束柱も布基礎に非常に接近して「日陰」ができています。

こういう造りでは簡単にシロアリが登ってきます。
シロアリの習性としてはこういう「狭い隙間」や「日陰」は
とてもありがたいんです。

それに束石が地面に少し近いですね。
もう少し束石が高いほうが無難です。意味がわかるかしら? 
えーと、下手ですが図解すると・・ 
001.jpg

002.jpg
下の図の「隙間を空ける」という意味は・・これも写真で説明すると、
すみません、これも画像検索で見つけたものです。大目に見てね。
IMG_0018.jpg

素敵なウッドデッキですがシロアリ屋的には問題がふたつあります。
ひとつは上の矢印のところ。完全に基礎がかくれていますね。
これではいつシロアリが土台に侵入してもおかしくないんです。
5~10センチくらいは隙間を空けたほうが無難です。

また、あまりに木部が土壌に接近し過ぎています。それに日陰ですね。
デザイン的には素敵ですが・・う~ん、感心しないです。

ウッドデッキで画像検索して出てきた画像の大半がシロアリ屋的には
危ないなあ~と思うものばかり。

と、文句ばかり言っても始まらないですね。
生意気ですが、これなら大丈夫というのも紹介します。
08mi-1.jpg

上の写真は、これならウッドデッキの下がいつでも見れるし風通しもいい。
それに階段の下にも工夫が見られます。

photo_wooddeck_base_01.jpg
ウッドデッキの下です。これくらいの隙間があったほうがいいんです。

えーと、まとめると・・ウッドデッキを作る場合は、

①束石と束柱はできるだけ高くして風通しをよくすること。
  できたら束石はローソク石にして束柱も木製じゃなくて金属製の
  ジャッキ式のほうがいいです。
 

04535280130483.jpg20091110122256b32.jpg

②ウッドデッキの床面は5~10センチくらいは外壁から離すこと。
  残念ながらこれを実行してる参考画像は皆無でした。

参考にしてくださいね。シロアリ屋的にはけっこう重要なポイント
だと思っています。うまく伝わったかしら。

ネットで収集したシロアリ屋的には問題だなあ~と思う画像を
下に載せておきます。誹謗中傷にとられても困るので小さくし
ます。矢印の箇所が問題の箇所=シロアリが侵入しやすい箇所
です。興味があったらクリックして見てくださいね。

あ、施工業者さんを非難する意図はまったくありません。
シロアリの習性を知らなければ仕方ない・・とも思います。
これからご自分でウッドデッキをつくろうかなあ~と思って
いる方の参考になれば幸いです。

P7071368-s.jpg 293eec8adc6e126002e96c2aba6e2e5e.jpg pic_opt02_5.jpg maxresdefault.jpg 06oo-1 (1).jpg 20130927_205753.jpg img_1.jpg n3gFYpym.jpg


最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。

 


 <ジョーク

Q.
各国で最も売れている書物は何か?

A.
欧米 聖書
日本 マンガ
イスラム諸国 コーラン
中国 毛沢東語録
韓国 自国の歴史書

結論
世界中で読まれているのはフィクション・ファンタジーが多い。

 



nice!(24)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

玄関の柱とシロアリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

昔は羽アリが発生しやすい箇所って、浴室が圧倒的に多かった
です。タイル張りの浴室だったからですね。洗い場の真下が
土壌なので構造的にシロアリにとっては都合のいいつくりで
した。何が構造的に都合がいいのか・・については図解しない
と説明しずらいので省きます。

近年は浴室といえばほとんどがユニットバスです。
シロアリにとってはこれは都合が悪い。なぜ都合が悪いのか、
についても省きます。とにかくシロアリ対策上はユニットバス
は有効です。(個人的にはユニットバスの素材は好きじゃないけど)

だから、近年は浴室から羽アリが発生することは激減しました。
じゃあどこから発生することが多くなったかというと玄関、勝手口
などです。その理由は、やはり構造的にシロアリにとっては
相変わらず都合のいい造りだからです。たとえば・・

RIMG7772.jpg RIMG7769.jpg

H20,9,1,長岡、山田勝身様 029.jpg H20,9,1,長岡、山田勝身様 017.jpg 

P6170033.jpg P6170034.jpg 

DSCF2443.jpg 

DSCF2445.jpg 

以上の写真で共通していることがあります。
玄関の柱の下部がとても地面に近いことです。構造的に
シロアリが簡単に登ってきやすいんですよね。

じゃあ、その構造はどうなっているかというと・・
下の写真は工事途中、あるいはリフォーム途中の様子です。
これならわかりやすいかしら?

1 019.jpg 

1 001.jpg 

1 002.jpg

どうでしょう。何枚かの写真は前にも紹介したことがあります。
上の写真の構造なんて、もうほんとにいつでもシロアリが侵入
できる造りですよね。木部と土壌がわずか数センチで、おまけに
隙間がありますね。シロアリ侵入必須といっていいと思います。

こういう工事途中の写真って、なかなか撮るタイミングがない
んですよね。なんか大工さんにケチをつけるようで撮りずらい(笑)
なんだよぉ、余計な写真なんかを撮りやがって!もう仕事なんか
やらないよ!・・って、言われそうで怖いな(笑) 

1 031.jpg

上のこの写真も前に紹介しました。
玄関の近くにこういう花壇を作りたい気持ちはわかるけど
シロアリ屋的にはなるべく止めたほうがいいですよ。
だって、これじゃあ、いつシロアリが侵入してもおかしくない
もの。実際、侵入していましたけどね。

「シロアリさん、いらっしゃい、いつでも招待しますよ」
的な造りです。いやほんと、皮肉じゃなくて・・。

図解しないと説明しずらいけど、よーするにポイントは、
「玄関の柱やタイルの内側の木部はなるべく地面から離す」
ことです。そういう良い玄関もあるんですが写真には撮って
いないので今度収集しておきますね。

最後に我が家の玄関の柱にこのような兆候が出てないか、
一度チェックしておきましょうね。
RIMG7770.jpg RIMG7774.jpg
この穴から砂か土が噴き出ていればシロアリ
メリケン粉みたいな細かい粉が落ちていればたいていは
キクイムシの場合が多い。また、縦に筋状の穴ならシロ
アリ
丸い穴ならキクイムシの可能性が大です。
参考にしてくださいね。

今日の記事はちょっとはためになったかしら?
たまには真面目な記事も書かないと・・(笑)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか、皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。



ジョーク

職場に拳銃を持った強盗が現れて「てめぇらぶっ殺すぞ!」と叫ぶ中、
俺が颯爽と登場して
「殺れるもんなら殺ってみろ!いいか?外すんじゃねぞ!ココを正確に狙え!」

・・って上司の頭を指差したい。

 



nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

庭のシロアリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

今日のタイトルにした「庭のシロアリ」というのはシロアリは
私たちの周りのどこにでもいる、ということを知って欲しかった
からです。

CIMG0042 - コピー.jpg
(切り株がこんなになっていることはよくありますよね。
 気になったら台所用洗剤か灯油を少しかければOKです)

羽アリが発生したり、リフォーム時にシロアリを発見すると何か
とんでもないことが起こった・・というふうに感じる方が多いよ
うです。でも、シロアリってどこにでもいます。シロアリがいる
ことは決して特殊なことではありません。私たちのすごく身近に
シロアリはいます。ただ、その事実に私たちが気づいていないだけ。

CIMG0045.jpg
(こういうシーンもよく見かけます。ひっくり返すと・・)

ウソだと思ったら庭に木の杭を打ち込んで半年後にでも抜いてみて
ください。多くの場合、杭にシロアリが食いついているのを発見し
ますよ。だからと言って過剰に怖がることもないです。前にも書い
たけどシロアリは地球上では土壌改良という有益な働きもしています。
なあ~んて言っても無理かしら?

CIMG0046.jpg
(白っぽいのがシロアリです。残材は処分して、土には同じく
 台所用洗剤か市販の乳剤をかければOKです)


たしかに35年のローンをくんでやっと建てた我が家がシロアリ被害
にあってはたまりませんよね。気持ちはわかります。でも、過剰に
怖がると悪徳シロアリ業者の罠に簡単にはまってしまいます。
恐怖は判断力を鈍らせてしまいますからね。

どうも近年、とんでもない高額な見積もりを出す業者が増えている
気がします。100万とか200万とかね。

CIMG0046 - コピー.jpg
(アップです。たくさんいるけど自宅から離れていれば気にしなくていい
 ・・と私は思っています)


個人的にはというか、特に地方では景気はいっこうによくなっている
とは感じません。アベノミクスだかなんだか知らないけれどその恩恵
をこうむっているのは一部の大企業だけでしょ?違うかなあ。
多くの地方の中小の経営者に聞いても景気なんてむしろ悪くなっているよ、
やりくりが大変だよ・・と言っています。

CIMG0053.jpg
(これも同じように処分して土壌に洗剤か乳剤を散布すれば大丈夫です)

つまり私が言いたいのは不景気になればなるほど悪徳業者が増殖する、
ということ。まあ、切羽詰まれば人間って何でもしますからね。
悪徳になりたくなくても汚いことをやってしまいがちになると思います。

CIMG0054 - コピー.jpg
(こういうシーンはどこにでも見かけます。見つけてもあまりびっくり
 しないでね)


繰り返しますが、我が家の庭にシロアリがいてもそれは自然なことで
驚くほどのことではないんです。だからシロアリを見つけてもまず、
冷静になりましょうね。そして適切な対応をすればいいだけ。
その具体的なやり方については私の記事を参考にしてくださいね。
まあ、参考になるかならないかわかりませんが。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。

お願い

大変、申し訳ないのですが、メール相談で受け付けているバイオのPCが
突然、文字入力ができなくなって泡を食っています。ダイナブックのPC
は新しいので問題ないのですが、バイオのほうはメール相談のお答えが
できない状態です。どうしたら文字入力が回復するのか?いまだにPC
苦手の私にはハードルが高い難問なので時間がかかりそうなんです。
それでしばらくはメール相談はお休みにさせてくださいね。あるいはこの
ブログのコメント欄を利用して質問を書き込んでくださいね。

そういうわけなのでSUZU様ごめんなさい。たった今、メールに気付き
ました。
①もう羽アリは表面にはでないのでしょうか?
②引っ越し先に家財を持ち込んでも大丈夫でしょうか?
③木製箪笥などは目視で確認できる範囲でいなければ安全ですか?
・・については、
①は羽アリの発生時期は終息しましたので来年まで表面にでることはありません。
②は、持ち込んでも大丈夫です。巣は家財とは別の場所にありますからね。
③はおっしゃるとおり「確認できる範囲」にいなければ大丈夫です。
大変、嫌な目に合われたと思います。ご同情申し上げます。



ジョーク> 

アメリカ人とフランス人の会話。

米:セックスにはいろんな体位があるよな?
仏:まったくだ。よし、順に体位を挙げていこう。
米:まず、正常位だろ?次に

仏:ちょ、ちょっと待てよ。なんだ?正常位って





nice!(29)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

レストランとシロアリ。 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

まだ6月だというのに最近、真夏並みに暑い日がありますね。
真夏の床下ではシロアリ防除作業は大変です。

湿度が極端に高くなっているので床下での作業は目に汗が
ダラダラ入って視界もボケるし、喉はカラカラ・・あっ、
知らない人が多いと思いますが床下の湿度って真夏が最高に
高いんです。これはなかなか分かってもらえないけど。

ところで、ファミリーレストランとか食堂に行ったときに
皆さんは店内のどこを見ますか?

RIMG9271.jpg

私は仕事柄、どうしても柱の下とか、特にトイレに行った
ときはドアの下やその近くの柱の下に目が行ってしまいます。
あるいはゴキちゃんがそのへんにいないか?と。

荒探しするようでいやらしいなあ・・と思わないでね。
神社仏閣や古民家を見ても、どうしても真っ先に床下を覗い
てしまう。これも悲しい職業病かも(笑)

RIMG9270.jpgRIMG9274.jpg

で、新しい店はそういうことはないですが、ちょっと年数の
経った店では高確率でシロアリの食害を目にすることがあり
ます。土間床で水をよく使う職場・・では仕方ないですね。
シロアリからしてみれば生息しやすい環境ですもの。

RIMG9280.jpg

でも、もしお客様が食事中に羽アリが発生したらイメージ
ダウンになるので注意したほうがいいと思います。
というかオーナーの方はたぶん、それは腐れであってシロアリ
の食害という認識はないかもしれませんね。

RIMG9277.jpg

以上です、というか何をネタにしていいかわからないので
日頃感じていることなど書いてみました。
誹謗中傷の意図はありませんので誤解しないでね。

個人的には土間床工法の場合はシロアリが侵入できない
ような設計というか工夫をしたほうがいいよ、と思って
いますが、まあ、誰も聞いてはくれないだろうなあ~。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


 「小さな村の物語」・・のテーマ曲です。この番組好きです。
   曲もいいですね。歌詞の意味はわかりませんが(笑)


 <ジョーク> 

とある医学部での出来事

その日は二人一組でお互いの唾液を顕微鏡で観察するという
授業だった。
ある男子生徒はなかなか美人で、おしとやかそうな女子生徒と
組を作って 周りのみんなと同じように、唾液の様子を観察し
始めた。 そこで、彼はおどろくべきものを発見してしまう。

彼女の唾液の中には見たこともない細菌が動いていたのだ。
唾液の成分についてはしっかりと学習していたので、間違いなく
新種の細菌だと信じ込んだ彼は、教授のところへ彼女の唾液を
持っていって見てもらうことにした。

「教授、これは新種の細菌ではありませんか?」

 



教授はため息をつきながらこう答えた。

「きみ、これは精子だよ。」



nice!(25)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

物悲しい駆除・・ [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

2日間かけてある古いお宅を駆除してきました。
実は、このお宅の主は近年亡くなって、一人暮らしの高齢の
おばあちゃんは入院中です。だから今はだれも住んでいない。

で、近くに嫁いでいる娘さんがときどき掃除に来ていて、
ある日、玄関に羽アリの大群を発見しました。

おばあちゃん(母親)がいつ退院できるかわからないけど、
もしかしたら、もうこの家に戻ってこれないかもしれない
けど、それでも娘さんにとっては育った家ですから思い出
いっぱい詰まった大切な家です。

RIMG9071 - コピー.jpg

そんな今は誰もいない家に2日間、通って駆除をさせていた
だきました。かっては賑やかな大家族であっただろう痕跡を
室内のそこかしこに感じながら。
シロアリの被害状態はといえば大だと思います。

だからどうした・・と言うこともないけれど、どういったら
いいのだろう。主のいない家には独特の何かを感じます。
寂しさ?それもあるけどなんというか無常感?
う~ん、それもあるけど、ちょっと違うような・・。

まあ、人も家もいずれは劣化して誰もいなくなるのは当た前
ですけれどね。なんか切ないな・・といっても仕方ないけど。
「夏草や兵どもが夢の跡・・」
いやこれも違うな・・ぶつぶつ。

シロアリを駆除することで少しでも劣化のスピードを遅らせて、
再びこの家に元気になってほしい・・と、妙な願い?を込めて
駆除させていただきました。

RIMG9146.jpg

駆除最終日に誰もいない仏壇に線香をあげて、そっと合掌
してきた自分って何なのだろう?
シロアリを大量虐殺して、車の傍にいたダンゴムシは轢くと
可哀想だから逃がしてあげる自分は何なのだろう・・
矛盾しているなあ~と思いつつ・・私は矛盾の塊だ・・
ぶつぶつ。

なんだかわけのわからんつまらないことを書いてしまいま
した。最後までお付き合いいただいて感謝します。

どうか皆様にいいことがありますように。
そして、生きと生けるものが幸せでありますように。

う~ん、シロアリを殺して「生きとし生けるものが・・」
なんて、ほんとに私は矛盾してるなあ・・ぶつぶつ。



ジョーク> 

このごろ少し太り気味のリンダは、ダイエットのために乗馬をはじめた。
リンダは毎日毎日馬に乗り、汗を流してがんばった。

旦那のジョンはそれを会社の後輩に話していた。

「私の妻のリンダがね、ダイエットのために乗馬なんかはじめちゃって」
「へえー、いいじゃないですか。それでどれぐらい痩せたんですか?」
2週間でなんと10キロもやせたんだ」
「なんと!そいつはすごいですね!!」

驚く後輩をみて、ジョンはこう言った。

「痩せたのは馬だよ。」




nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

アパートとシロアリ [シロアリ]


みなさん、こんにちは。
久しぶりの更新です。連日の駆除で身体がガタガタですが
やっと今日は休みがとれたので書いてみます。
大したことは書けないけど参考にしてくださいね。

アパートの駆除をさせてもらっています。
坪数が大きいのと各部屋の住人様の了解をいただいてから
なので間欠的に数日はかかりそうです。

で、今までもたくさんのアパートを駆除させてもらった
経験からいうと、アパートって、羽アリが発生する確率が
一般住宅よりも高いような気がします。

というのは、アパートの場合はその大半が「玄関の造り」
がはっきり言って雑なんです。だから玄関被害が多い。

どのように雑なのかは別の機会に紹介します。もし、この
記事を読んでいる方がアパートにお住みなら参考にしてく
ださいね。

実は、このお隣の部屋は羽アリが発生して駆除したばかり
なんです。で、この部屋の住人の方(男性・60代)に調査
する前に聞き取りしたときはこんな会話でした。 

「あのぉ、◎◎さんの部屋からは羽アリが発生したことは
 ないですか?」

「羽アリはないですよ。でも、毎年、白いちっちゃな虫が
 いっぱい出て掃除が大変なんですよ・・」

「白いちっちゃな虫?う~ん、シロアリかなあ~?それとも
 別の虫かしらん?」

「羽根はついていないですよ。とにかくいっぱい出るんで
 毎年、掃除が大変・・」 

で、初めて◎◎さんの部屋にお邪魔した時に・・ありゃー!

RIMG8561.jpg 
左の靴箱の側面を見てくださいね。

RIMG8566.jpg 

RIMG8567.jpg
明らかにシロアリの食害の痕跡です。
きっとここに段ボールか何かを置いていたんでしょうね。

RIMG8562.jpg RIMG8569.jpg

これで「ちっちゃな白い虫」がシロアリそのものという
ことがはっきりしました。う~ん・・・ 

住人の方はシロアリも羽アリも見たことがないので、
たいした脅威には感じていなかったようです。

一般住宅でも段ボール箱や本などを長年、置きっぱなしに
しているとこういうことがあります。
そういえば、昔、戸袋に置きっぱなしにしていた天体望遠
鏡の木製の脚がボロボロに食べられていたこともありました。

教訓としてはモノを長年、置きっぱなしにしないこと。
つまり、まめに掃除をしましょうね、ということかしら
(笑)
参考にしてくださいね。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。



ジョーク> 
バーで一人の女が声をかけてきた。長身のグラマラスな女だ。
オレは彼女と一夜の恋に落ちた。彼女のリップテクニックは絶品だった。
オレは何度も天国を見た。
オレの背中を愛撫しながら彼女は耳元でささやいた。

「貴方のお尻に入れたいわ」

 


 
nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

二階から羽アリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

二階から羽アリが発生した事例を紹介します。
発生したのは二階の矢印の部屋です。
RIMG7817 - コピー.jpg
で、さっそくこの下の部屋の床下にもぐってみました。
でも蟻道が見当たりません。おかしいなあ。
RIMG7793.jpg

RIMG7801.jpg

代わりに見つけたのがこれ。
おそらく狸かハクビシンのうんちみたい。
RIMG7796 (2).jpg RIMG7797.jpg

おかあさんの話では数年前に屋根裏でネズミ以上の
大きな動物?がいる気配を感じたとのこと。屋根裏と
なると狸は無理だからたぶんハクビシンでしょう。

ハクビシンの侵入経路はたぶん、ここ。
RIMG7798.jpg

実はこの先は吹き抜けの廊下になっています。
だからハクビシンが侵入しようと思ったら楽勝な作りです。

じゃあ一体、シロアリはどこから侵入して二階まで
行ったのかしら?

で、外回りを見たら物置小屋がありました。
引き戸を開けてみたら・・残材が・・

RIMG7803.jpg RIMG7601.jpg

RIMG7603.jpg

RIMG7606.jpg

RIMG7805.jpg
これかもと思い仔細に観察したら・・見事な食害です。

RIMG7610.jpg RIMG7808.jpg
両脇の柱にもはっきりと蟻道と食害の兆候があります。
これなら簡単に室内側に侵入できますね。物置と室内の
土台は共有していますから。 

物置側の合板の壁。この中のおそらく柱や胴縁などを伝わ
って上に上ったはず。これが特定できれば駆除の見通しが
立ちます。

RIMG7816.jpg 
問題は室内側に薬剤のシミが出ないように注入すること。
これって意外と神経を使います。それに、シロアリは室内
側に既に移動を始めている可能性もあります。

そういえば別の最近の事例で旧家屋に新家屋を増築したら
旧家屋から新家屋にシロアリが移動していたケースもあり
ました。それと似ています。

RIMG7817.jpg

実は、このお宅は昨年、駆除させてもらったばかり
でした。そのときにこの部屋の床下も調査したのです
が、シロアリの兆候はまったく認められなかったので
防除範囲からははずしたのです。

う~ん、結果的には、そのときに物置小屋も調査すべ
きでした。それでも、二階から羽アリが発生するまで
は予測できなかったかもしれない。
調査って難しいなあ~と今更ながら思っています。

皆様の参考になったら幸いです。
(N様、勝手に記事にさせていただきました。参考に
 なったら幸いです)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク> 

社長「どうやら我が社も大幅な人員削減が必要なようだ。    
   家族がいる者でも止むを得ないだろう。至急リスト
   アップしてくれ。」

重役「わかりました。ということは奥様を説得できたの
   ですね?」





nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

きっかけは柱 [シロアリ]

皆さん、こんにちは。

最近は更新が滞ってばかりですみません。
ブログって、いったん休んでしまうとなかなか書こうと
思いつつもスイッチが入らないというか。すみません。

それに、私の書くことなんかネット世界に言葉のゴミを
増やすだけかもしれないな、という思いもあります。
ほんの少しでも皆様のお役に立てばいいんですが・・。

さあ、何かネタはないかしら?と考えていたら、最近の
調査依頼で共通するケースが2件あったのでそれについて
書いてみます。

共通する・・というのは、二件とも柱の食害を発見した
ことがきっかけでシロアリがいることがわかったそうです。
まずはその写真を見てくださいね。

ちょっと見ただけでは異常なんてわかりませんよね。

RIMG6682.jpg

でも、よーく見ると縦上に小さな穴が開いていますね。
シロアリ特有の穴(食害)です。

RIMG6683.jpg

あ、実は昨年、この柱から羽アリが出たんだそうです。

RIMG6684.jpg

それで隣が台所で床下収納庫がありましたので、さっそく
そこを除いたら・・ありました。蟻道が。
RIMG6616.jpg RIMG6618.jpg

ここにモノ(段ボールの箱とか)をたくさん入れておいたら
ボロボロになっていたそうです。でも、それがシロアリのせい
だとは思わなかったらしい。無理もないですね。

RIMG6621.jpg

で、こういうことはよくあります。床下収納庫は内部がコンク
リートですが、その床面のわずかな亀裂から登ってきたのですね。

RIMG6623.jpg

RIMG6624.jpg

図解するとこんな位置関係です。
001.jpg


もう一軒は和室の柱です。スカスカですね。
これは床板のリフォームを依頼された大工さんが発見。
さっそくこの床下を調査しましたが蟻道はありませんでした。
RIMG6836.jpg RIMG6837.jpg

RIMG6840.jpg RIMG6839.jpg

で、この柱の向こう側は玄関なんです。
玄関もシロアリがよく潜んでいる場所です。う~ん、和室と
玄関の位置関係が図解しないとわかりませんよね。
図解するとこうなります。

003.jpg

まあ、玄関の柱もよくシロアリに食べられやすいんですよね。
玄関のコンクリートのタタキ(三和土)の下から登ってくる
のは珍しくないんです。

最初の場合も、この場合もコンクリートが関係してる・・と
いえます。おおざっぱな言い方ですが、コンクリートの多用
はシロアリを誘引すると覚えてくださいね。

まさか、そんなことないでしょ・・と、一般的には思われる
でしょうね・・まあ、たまには我が家の柱も虫眼鏡でチェック
してみましょうね。なんか何度も同じことを書いてる気がして
きました。

ということで参考にしてくださいね。
最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸福でありますように。



ジョーク

頬がこけている男の髭をそる方法

ある床屋で、理容師が男の髭をそっていました。

「お客さん、この玉を頬の内側と歯茎の間に入れてごらんなさいよ。」
引き出しから小さい木製のボールを取り出して言いました。

男が言われたとおりにすると、剃りづらかった頬がきれいに剃れました。

「こりゃいいや。こんなにきれいに剃れたのは初めてだ。
 ところで親父さん、もしこのボール、間違って飲み込んじまったら
 どうなるんだ?」

「はは、それなら大丈夫でさ。」
理容師は笑いながら答えました。

「他のお客さんみたいに、次の日に返してくれりゃ結構です。」

 



nice!(28)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

地震とシロアリ [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

熊本県の地震は大変ですね。お気持ちお察しします。
新潟県人として私も過去に大きな地震を3度ほど経験
しました。

最初は新潟地震。中学生の頃でした。数学の授業中で
二度大きな揺れがきたので、一斉に机の下にもぐった
ことを覚えています。

(今日の写真は最近の調査で撮ったものです)
RIMG6544.jpg

そのときに思ったのは「地面が揺れるのって実に不快」
だった気分です。怖いというのもありますが、それより
も不愉快というか不快だった。

なぜ不快と感じたのかというと、たぶん、圧倒的な自然
の力の前には、ただただなすすべもなく立ちすくむしか
ないという・・ほんとに地面が揺れるというのは心もすべて
揺れて、確かなものはなにもないという無力感というか・・

なんというか、人間の歴史や文化や芸術なんかクソの役
にも立たない・・という無力な不快さかもしれません。

(某公共施設の床下ですが大被害でした)
RIMG6545.jpg

しかし、今回の熊本県の場合は震度6くらいの強烈な
揺れが6回以上ということですね。これはキツイ。
2~3回なら私も経験しましたが6回以上というのは
「大地震を6度」経験しているということだと思います。

(築年数は約30年)
RIMG6548.jpg

余震が来るたびに私もびくびくして・・これは想像以上
の拷問に近い感覚だと思います。そのストレスから解放
されるのに私は2~3年を要した気がします。

しまいには余震にも慣れてしまった・・というか、
余震に慣れる・・なんておかしいかしら。でも連日の揺れ
を経験するとそれが日常になってしまう感じ・・なんて
いっても経験しないと意味不明ですよね。脱線しました。 

(駆除の限界を超えています。)
RIMG6551.jpg

ところで、今日のタイトルにした「地震とシロアリ」という
のは、よくシロアリのパンフレットに・・・
「土台がシロアリに食われて弱くなっているところに
大きな外圧=地震や台風などが加わると家屋が倒壊する
危険があります。・・だから、シロアリ防除は大切なんですよ。
・・だからシロアリ防除をしましょうね」
・・というアピールが目的ですよね。

RIMG6555.jpg

で、こういう宣伝はいけないわけではないけど、でもね、
じゃあ、シロアリ防除をして土台さえ守っておけば地震が
起こっても大丈夫かといえば、そうではないと思います。

いくらシロアリ防除をしても、耐震工事をしても、自然の
圧倒的な力には太刀打ちできません。多少に被害の軽減は
できるかもしれないけど倒壊しなくても傾けば住めないし。

RIMG6564.jpg

シロアリと地震になにか共通していることがあるとすれば
どちらも予測不可能ということ。地中深いところでプレート
のずれが生じて地震が起こるわけですがそれは目に見えない。

シロアリも基本的には地中のどこかに潜んでいたシロアリ
が登ってきて被害が生じるわけですがそれも目に見えない。

「潜在的な目に見えない脅威」ということでは共通しているか
しら、と思います。あ、厳密に言うと地中以外から侵入して
くるシロアリもいますが・・。

(断熱材にも被害が波及しています)
RIMG6568.jpg

ともあれ、こんなことを言っても熊本県民の皆様には
慰めにもなりませんよね。ごめんなさい。

いつ揺れが起こるか、という目に見えない恐怖。
これはもう拷問です。そして、先行きの生活の不安。
子どもさんにとっては、ただただ怖くて仕方がない・・
トラウマになりそうな(既にトラウマですよね)気持ち
だと思います。

どうか気持ちを強くもっていただきたいと思います。
月並みですが「朝の来ない夜はない」のですから。

駄文にお付き合いいただいて感謝します。
熊本県民の皆様にどうかどうかいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョークはお休みにさせてくださいね。 


nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

アスファルトと羽アリ [シロアリ]


みんさん、こんにちは。

5年前の工事写真を整理していたら、アスファルト
隙間から発生した瞬間の羽アリ写真を見つけました。
建物は道路に面した某アパートでした。

5年前に紹介した気もしますが、アスファルトの下から
羽アリが出てくるシーンはちょっと珍しいので再度紹介
します。

1.jpg 3.jpg 

4.jpg 7.jpg

5.jpg 
小さな穴から続々と羽アリが出てきます。

6.jpg 

2011,5,20 206.jpg 
黄色く見えるのはシロアリの兵隊アリです。
羽アリが無事に飛び立てるように援護しています。
羽アリのシーズンにはよくみる光景です。

なんか、最近よく過去の写真ばかり紹介していますね。
ネタがないので・・ごめんなさい。
でも、ちょっとは参考になるでしょう。

もう少しすれば、また羽アリのシーズンになりますね。
楽しみだなぁ~あ、うそうそ(笑)
仕事が少ないとぶつぶつ。忙しいと、またぶつぶつ。
人間って我儘だなあ~(いや、我儘なのは私ですね)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか生きとし生けるものが幸せでありますように。
そして皆様にいいことがありますように。


ジョーク> 

気の短さと辛らつな物言いで知られた上院議員がある日、
会議中に怒鳴り始めた。
「この上院の半分は臆病者の腐敗した政治屋だ!」

他の上院議員たちは今の発言を撤回してくれなければ、
残りの審議中退場してもらわなければ行けないと言った。

しばらく無言でいたあとで、腹を立てた議員は撤回する
ことを承知した。
「いいでしょう」と、議員。
「今の発言は取り消します。この上院の半分は臆病者の
 腐敗した政治屋ではありません!」





nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

廊下のヘタリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。
昔の保存写真から何枚か紹介します。
参考になったら幸いです。

まず、ときどきお客様から・・・
「この頃、廊下を歩くと凹む場所があるんだけど、
 もしかしてシロアリかしら?」
・・と聞かれる場合があります。

私の経験では廊下のヘタリの原因は90%が経年劣化
です。具体的には「湿気」か、あるいは「腐朽菌」
のせいです。

でも、稀にシロアリが原因の場合もあります。
これは滅多にないのですが・・。

その滅多にない場合の写真です。
P6100036 (2).jpg 
垂木(たるき)が歪んでいるのが見えますか?

もっと近づいてみたら・・
P6100073 (2).jpg
これは明快にシロアリが原因ですね。

もう少しよく見ると合板が「波打っている」のが
わかるかしら?
P6100074 (2).jpg
垂木がシロアリに食べられていますが、合板自体も
長年の湿気を吸って弱っていますね。合板は遅かれ
早かれ劣化すると、このように「波打つ」ように
なります。


えーと、ついでに別の写真です。
リフォームで台所を解体した写真です。
P6170002 (2).jpg
勝手口です。ここにシロアリがいました。

P6170003 (2).jpg
こういう造りはシロアリが登ってきやすいんですよね。
地面と枠板が接触しているからです。何度も同じことを
書いてきましたが「木部が地面と接触するような場所」
は要注意です。

えーと、ついでにまた別の写真です。
某工場のトイレです。羽アリが出たので大工さんが壁
の一部を剥がしました。
2002_0101A0013 (2).JPG 2002_0101A0018 (2).JPG
シロアリの痕跡がわかるかしら?
土台の内部と柱が空洞化していました。

アップです。
2002_0101A0015.JPG
事務所とか床下空間のないつくりはこのように
いきなり土台や柱が密かに食べられている場合が
多いですね。所謂、「土間床工法」はシロアリが
登ってきやすいつくりです。一般住宅でもこの
工法は止めたほうが無難です。

えーと、次はシロアリとはまったく関係ない
どーでもいい写真です。この記事を書いている
そばでいつも邪魔をするミーコです。
RIMG6394.jpg

ミーコはなんでいつもべたべたしてくるんだろう?
うるさいったらありゃあしない。
RIMG6396.jpg
一体、どうしてほしいんだろう?。
餌もあげたし、遊んでもやったし、マタタビだって
やったでしょ?考えられることは全部してるつもり
だけど、それでもしつっこく纏わりついてくる。
あ~あ、猫語がしゃべれればなあ~・・ぶつぶつ。

ミーコが邪魔をするのでこのへんで・・。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
皆様にもいいことがたくさんありますように。




ジョーク

ジョンとマイクがドライブ中にエンストしてしまい、
近くの教会で馬車を借りることになった。

そこの神父が言うには
「この馬はずっと教会で生まれ育ちました。ですから
  宗教関係の言葉しか理解しません。
  前進させる時には『主に感謝します』、
  停止させる時には『主をたたええます』です」

二人は神父に感謝して道を急いだが、前方に断崖絶壁が
迫った。ジョンは「止まれ!止まれ!」と叫んだが馬は
いっこうに止まらない。
マイクが「そうじゃない!主をたたえます!」

崖の寸前で馬車は停まった。
二人はほっとしてつぶやいた。

「主に感謝します」。

 

 



nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅