So-net無料ブログ作成
検索選択

結露とシロアリの活動好適温度など。 [結露]


皆さん、こんにちは。

今年はどうもおかしい?
何がおかしいかというと・・

◎羽アリの発生が間欠的だった。
◎気候変動がめちゃくちゃだった。
◎今までなかった虫の調査がとても増えた。
◎体調と心の管理がうまくいかない。

明らかに心のバイオリズムも狂っているらしい・・
そんな気がしています。皆さんは、どうですか?
外仕事の職人さんたちはくれぐれも御身体ご自愛
くださいね。
RIMG2760.jpg
(最近の猫ちゃんたち)

猛暑の中、現場で仕事をしている大工さんに、
「暑いですねぇ。ところで大工さんは猛暑の夏と
 冬場ではどっちがいいですか?」と聞いたら・・
「冬場というか寒いほうが仕事がしやすいな」
 ・・という答え。う~ん、そうかもね。

私はお客様からこう聞かれました。
「暑いのに床下仕事って大変ですね。床下も暑い
 でしょう?」で、私の返事は・・
「床下は日陰ですから外よりは涼しいですよ。
 でも、すごいムシムシするというか・・です。
RIMG2761.jpg
(実はいろいろありましたが・・)

何度も書いた気がするけど、夏場の床下って、もの
すごくムシムシします。ムシムシって?つまり
湿度がめちゃくちゃ高いんです。
RIMG2766.jpg
(お腹だけはいつも満たされるようにしていますが・・)

ちょっと動いても体中がべたべたというか、
ツナギもぐちゃぐちゃに濡れた感じというか。
おまけに泥だらけになります。

まあ、ベタコンの床下は泥だらけにはならないけど
ムシムシベタベタ感は同じ。それにえらく疲れる。
RIMG2755.jpg
(まだバリバリ警戒心が強いな・・それでいいのだ。生きていくためには)

わずかな作業でも通常の3倍くらいの疲労感。
体力消耗が激しい。原因はやっぱり床下の湿度が
夏場はすさまじいからだと思っています。

夏場の床下の湿度についてはなかなか分かって
もらえないけど床下の結露写真をお客様に見せると
皆さん、びっくりするようです。

たとえば最近の駆除で撮ったこんな写真です。
RIMG2522.jpg

RIMG2509.jpg

RIMG2523.jpg

RIMG2514.jpg

RIMG2502.jpg

RIMG2507.jpg

床下がこんな状況になっているなんて床上では
想像できないですよね。
でも、これが事実というか普通です。

それと、夏場のシロアリは元気ですね。
けっこう素早く動くんです。だからピントが合わせ
ずらい。
RIMG2568.jpg

RIMG2457.jpg

シロアリの活動好適温度は12℃~30℃ですから今が
一年中でもっとも激しく活動します。

33℃以上になると(シロアリは死ななくても)お腹の
中の共生原虫は死ぬので涼しいところに避難します。

でもね、床下で33℃以上の場所って滅多にないと思う
ので、まあ、夏場はとにかくシロアリが元気で食欲
旺盛だと思ってくださいね。
RIMG2464.jpg

RIMG2545.jpg

RIMG2546.jpg

RIMG2547.jpg

まあ、とにかくだるくて疲れが取れないのでこの辺で。
コメント返しもまだしていなくてごめんなさい。
とにかく、とにかく何もかもダルい、ダルビッシュ・・
ダルビッシュさんもがんばってね(笑)。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク

マリアは敬虔なカトリック信者、フィアンセのギドも同じだ。 
そんなわけだから初夜が来るまで婚前交渉はしない。


さて、結婚したマリアとギドはハネムーンへ出かける金銭的余裕
が無い。新居に予定したアパートはあと二日ほど入居できない。 
そんなわけで、マリアの母親は二階の自分たちのベッドルームを
使ったらどうかと気をきかせた。親夫婦は階下のゲストルームで
寝てもいいというわけだ。


好意に甘えたマリアとギドは二階へあがって臨戦体制を迎える。
ギドがシャツを脱ぐと、マリアはビックリ仰天飛び上がって階段を
駆け下り大声で助けを求める
;「ママ、ママ、ギドったら胸毛が生えてるの!」


ママはナダメ役
;「マリア、よ~くお聞き・・・。普通の男には胸毛があるものよ。
さあ、旦那様のところにお戻り。」マリアは二階に戻った。


ところが、ギドがズボンを脱ぐと、マリアは再びビックリ仰天飛び
上がって階段を駆け下り助けを求める
;「ママ、ママ、ギドったら脛毛が生えてるの!」


ママは再びナダメ役
;「マリア、よ~くお聞き・・・。普通の男には脛毛があるものよ。
さあ、旦那様のところにお戻り。」


マリアは二階に戻ったが・・・、ギドが靴下を脱ぐと、左足の三本指
が無いのにマリアは目を見張る。彼女はビックリ仰天飛び上がって
階段を駆け下り大声で助けを求める
;「ママ、ママ!!!、ギドったら一本の足は正常なんだけど片方は
半分なの!」


それを聞くにおよび、ママはマリアにオシャモジを手渡した。
娘を見据えて言い渡す
;「マリア、お前はこれでソースでも掻き回していな。アンタじゃ歯
が立たないし、ワタシの出番だよ!」









nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

わからない虫、わからない糞 [雑感]


皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

毎日、暑いですね。ところで日本列島は完全に
ヘンですよね。猛暑かと思ったら豪雨だったり。

春先にもその兆候は表れていたような気がします。
なぜって、虫たちの動きも何かおかしい・・と
感じていました。

例年はなかったような調査が増えています。
具体的にはユスリカ?大発生。ヤスデも室内に
入ってくる。
RIMG2060.jpg
(これは紙魚・・シミと呼びます。異常発生してました)

あるいは、最近ではチョウバエ?らしきものが
浴室の排水溝からたくさん発生した。
同じ排水溝からゲジも出てきた。
RIMG1615.jpg
(たぶん、チョウバエ?みたい)

実は我が家も2回、排水溝からゲジが出てきました。
風呂に入ろうとしたら浴槽にも一匹いました。
これにはびっくり!

ゲジ君も暑いのでお風呂に入って汗を流したかった
のかしら(笑)
RIMG2091.jpg
(ものすごく小さな蟻と羽アリ。シロアリとは無関係ですが)

RIMG2090.jpg
(なんていう名前か特定できない・・)

シロアリ防除に特化した仕事をしている私には
それ以外の分野というか虫についての知識と経験は
乏しいのです。
RIMG1786.jpg
(これも私には特定不可能の蟻)

RIMG1779.jpg
(シロアリの羽アリじゃないのは断定できますが・・)

ネットで調べたり、知り合いに聞いてなんとか対応
していますが私的には難問ばかり。
こんな年は初めてです。
RIMG1889.jpg
(これはムササビの糞)

RIMG1941 - コピー.jpg
(でも、これは何の糞だろう?私には特定不可能です)

やっぱり異常気象が原因じゃないかと思っています。
ヒアリもそうですが、まだまだこれから未知の虫たち
の反乱が起こりそうな予感がしています。

ところで今、話題のヒアリは私的には小型の蜂という
イメージがあります。もともと蟻は蜂科だし「刺す」
というのも蜂のイメージだし。注意しましょうね。

RIMG2370.jpg
(これは特定可能。ネコ科のミーコ。暑さでくたばっています(笑))

最後までお付き合いいただいて感謝します。
皆様にはお身体、ご自愛のほどを。

どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョーク

 

大変簡潔な表現をし要点のみしか言わない人として、仲間内では
定評のある男がいた----実際、無駄なお喋りはしない男だ。 
ある日、有名ブランドのブラシを販売している女性セールスマンが
家庭訪問販売に訪ねてきて奥方に会いたいと言う。 
家内は家にはいないよ、と男は応える。


販売員
;「そうですか、奥様を待たせていただいてもよろしいかしら?」

男は販売員を客間に案内してそこで好きなようにさせておいた。
三時間以上もほったらかし。

そこまで待つとさすがに気になるもの、販売員、男を呼んで尋ねてみる
;「奥様はどちらに行ってらっしゃるのでしょうか?」


;「家内は墓地に行きましたよ。」

「で、いつ頃お戻りになるのでしょう?」

男;
「とんと分からないねぇ。家内がそこに行ってから今や11年になるけど。」




 

 

 




nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

殺処分にはさせない。 [ありがとう]

皆さん、こんにちは。

久しぶりの更新ですみません。
こんなにサボってばかりなのに閲覧数が落ちていない
のはなぜなんだろう?まったく申し訳ないというか、
見捨てないでくださる皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

というのは、ここずーっと、私的には難問の連続で
体力気力がガタ落ちの気分でした。
ストレスには強いと思っていたけどそうでもない自分を
思い知らされた気持ちです。
まず、難問の一つがこれ。
RIMG1849.jpg

RIMG1850.jpg

RIMG1953.jpg
昨年から続いている某お寺の屋根裏に棲みついたムササビ
との攻防。うまく言えないけどムササビとの攻防というより
自分自身との攻防というか、罪悪感に悩まされました。

もう一つはこれ。
RIMG2092.jpg

RIMG2093.jpg
毎日、食事にくる自由猫。痩せているのになぜか大食い。
その理由がわかりました。

これです。なんと4匹の子どもがいたのです。
これじゃあ、お腹がすくのも尤もです。
RIMG2064.jpg

RIMG2061.jpg
実は、お隣の納屋に昨年から棲みついたらしい。
お隣も最初は餌をあげていたけど妊娠となると困って
しまったようです。

で、保健所に回収に来てもらおうかと言っていたらしい。
つまり、殺処分ですね。う~ん、それを聞いたとき私は
悩んでしまった。ミーコとは相性が悪いみたいだし。

そしたら、いつの間にか我が家の近くに移動してきました。
うちの従兄の建具屋さんの作業場の車庫の中にねぐらを
替えたようです。危険を察知したのだろうか?

私が近づくと子どもたちはさーっと逃げてしまう。
ま、友だちになるのに時間がかかりそう。

RIMG2067.jpg
私的には移動してくれてホッとしました。
さて、問題は今後、どうするか?
とりあえず親はそのうち去勢手術をしてもらうことにして
子どもたちはもう少し成長したら里親を探そう。

何が何でも絶対、里親を探して飼ってもらうことに決めま
した。殺処分になんかさせてたまるか。

嬉しいことに相談しておいた友だちから連絡がありました。
2匹はなんとかなりそうです。いやー、嬉しいな~。
こういうときは友達が神様に見えてくる。


RIMG1955.jpg
しかし、屋根裏から追い出したムササビ親子には罪悪感を
感じる・・。私なりに精一杯考えたんだけど・・・。
動物と共存・・なんて生易しいことではない。

自分の生き方を根本から・・
「さあ、お前は小動物たちとどう向き合うつもりなんだ!」
と問いかけられているような日々です。

実は友だちがたまたま回収したハクビシンの子どもと
猫の仲良し動画を見せてもらいましたが、う~ん、
こういうほほえましい動画って公開できないですよね。
きっと、近所で反感を抱く人が出てくるでしょうから。

小動物が嫌い!という人も世の中にはたくさんいます。
自由猫に餌をやることに反対する人もいます。私も苦情の
目で見られているかも。ま、別にいいけど。

そういう人から見れば今日の記事自体も反感を買うだろうな。
このへんで止めておきましょう。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
シロアリの記事でなくてすみません。
どうか生きとし生けるものが幸せでありますように。
そして皆様にいいことがありますように。


ジョーク
ジョーイを受け持つ先生が母親に注意書きを発送する。 
中身は;「ジョーイは大変利発な少年です。しかし、
セックスと女の子のことが頭から離れないようで
勉強がオロソカニなっています。」

翌日すぐさまジョーイの母親は返書を認める
;「先生の方で解決策があるのでしたら教えていただけ
ませんかしら、お願いします。同じ問題で、ジョーイの
父親には、私、悩まされております。」


nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

モヤモヤ・・ [つまらない]


皆さん、こんにちは。

のっけからつまらないことを書きそうです。
すみません、どうも、モヤモヤ感がしつっこく頭から
離れない。

今年はなんかほんとに天候がおかしい気がします。
それが体調と精神にも影響している気がします。

コメント返しもまだずーっとしていなくてほんとに
ごめんなさい。

私はもともとストレスとは無縁の人間だと思って
いたけどそうでもないらしい。

ストレスをためないために、問題が起こるとすぐに
対処するようにしてきたつもり。でもストレスって
自分でも気が付かないうちに溜まっているのかしら?

その前に、一体、何がストレスになっているのかも
わからないような気もする。だからモヤモヤ(笑)

最近のモヤモヤの原因になっているかもしれない?
出来事を並べてみます。まあ、それはそれで皆様の
参考になれば幸いです。

まずこれ。
RIMG1170.jpg

RIMG1171.jpg

RIMG1173.jpg RIMG1186.jpg
蟻道の跡です。前から、何度も「犬走の多用はシロアリを
誘引しますから危険です」なんて言っていたのに私自身が
見逃してしまった。大工さんが発見。う~ん、モヤモヤ・・。

次はこれ。
RIMG1569.jpg RIMG1570.jpg
RIMG1575.jpg
アパートの脱衣場入り口のクロス壁の食害。
これもお客様が発見。指摘されなければ私は見逃して
いたかも・・。それでモヤモヤ・・。

次はこれ。
昨年から対応に苦慮しているムササビちゃん。
RIMG1849.jpg

RIMG1850.jpg
可愛いなあ~・・でもねえ・・
RIMG1748.jpg

RIMG1749.jpg

RIMG0658.jpg

オシッコの染みです。ムササビってすごい量のオシッコシャワーを
するんですよね。参ったなあ~・・でモヤモヤ。

RIMG0661.jpg

RIMG0662.jpg

奥様が買ってきたオオカミのオシッコ(メイドインUSA産)
これもいまいち・・う~ん・・でモヤモヤ。

次は・・
RIMG1855.jpg

RIMG1856.jpg

軒天の中から出入りしているスズメバチ・・
う~ん、どうしたら巣を取り出せるか・・。モヤモヤ・・。

RIMG1325.jpg
某施設のスズメバチの巣。まだ小さい。
今年はスズメバチが大繁殖する予感がする。


次は・・普通の蟻・・これが超厄介・・。
RIMG0666.jpg

そしてこれ・・
RIMG0534.jpg

朝晩と食事にくるにゃんこちゃん。ときどきけんかしている。
詳しい事情は省くけど私的には泣けそうなシーンがあった。
複雑な気持ちになる。

最後は今話題のヒアリ画像(他のサイトから拝借しました)
ひあり画像.jpg
日本でも生息するのは時間の問題でしょうね。

何を書きたいのか自分でもわからなくなってきました(笑)
「駆除とは薬剤を使って動物や昆虫たちに棲み分けを
教えること」という自分のスタンスが崩れそうです。

何言ってんだか・・モヤモヤ・・。
共存したいのに・・ぶつぶつ。

人間って、嫌だよなあ~。地球上でもっとも我儘で、
バカたれの生き物って人間だよなあ・・とかなんとか。
あっ、つい愚痴を・・すみません。

どうか生きとし生けるものが幸せである世界が来ますように。
そして皆様にいいことがありますように。
駄文に最後までお付き合いいただいて感謝します。
乱れた文章でごめんなさい。


ジョーク

エデンの園である日イブは神様に声をかける。

「主よ、悩みをお聞きくださいな!」

「どうしたのじゃ、イブ?」

「主よ、私を創造してくださったのは存じ上げております。
その上、この美しき園、全ての素晴らしい動物、あの浮かれ
てはしゃぐ爆笑ヘビをお与え下さいました。でもね私、
物足らないの。」


天からの声;「何が不足なのじゃ、イブ?」

「主よ、私は遣る瀬無いのです。リンゴでも食べて死にたい
くらい気分が滅入っているのです。」


「なるほど、そういうことであったか、イブ。打つ手はあるよ。
汝のために男を創って進ぜよう。」


「主よ、男とはどんなものですか?」

「男とはのう、わしの失敗作じゃ。欠陥個所がたくさんあるぞ。
嘘はつく、詐欺はする、見栄っ張りじゃ。だいたいにおいて、
汝は悩まされるであろう。ハント好きで何でもモノにしたがる。
その気になった時はまるでアホウ同然じゃ。これというのも汝
が不平不満をタラタラこぼすからじゃぞ。
男をこんな具合に創ってみたから汝の肉体的欲求を満たすには
十分であろう。男は智恵遅れじゃ、それにボールの奪い合いや
蹴り合いというような子供じみたことに暴れまくるような質じゃ。
男は脳味噌が足らんからのう、まともな考え方をするように汝が
指導する必要もあろうぞ。」


「素っ晴らしそうね。」とイブは言いながら皮肉っぽく眉を吊り
上げる。「掘り出し物をどうします、主よ?」


「そうねぇ・・・一つ条件をつけなければならんな。」

「何でしょう、主よ?」


「既に言ったように、男は、自尊心が強くて、鼻持ちならなくて、
独り善がりで・・・ だから、男を先に
創ったという話にしておか
なければまずいじゃろう。
漏らすでないぞ、二人だけの秘密じゃよ
・・・ 
分かっておるだろう・・・、女同士。」


nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅