So-net無料ブログ作成
検索選択

地震とシロアリ [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

熊本県の地震は大変ですね。お気持ちお察しします。
新潟県人として私も過去に大きな地震を3度ほど経験
しました。

最初は新潟地震。中学生の頃でした。数学の授業中で
二度大きな揺れがきたので、一斉に机の下にもぐった
ことを覚えています。

(今日の写真は最近の調査で撮ったものです)
RIMG6544.jpg

そのときに思ったのは「地面が揺れるのって実に不快」
だった気分です。怖いというのもありますが、それより
も不愉快というか不快だった。

なぜ不快と感じたのかというと、たぶん、圧倒的な自然
の力の前には、ただただなすすべもなく立ちすくむしか
ないという・・ほんとに地面が揺れるというのは心もすべて
揺れて、確かなものはなにもないという無力感というか・・

なんというか、人間の歴史や文化や芸術なんかクソの役
にも立たない・・という無力な不快さかもしれません。

(某公共施設の床下ですが大被害でした)
RIMG6545.jpg

しかし、今回の熊本県の場合は震度6くらいの強烈な
揺れが6回以上ということですね。これはキツイ。
2~3回なら私も経験しましたが6回以上というのは
「大地震を6度」経験しているということだと思います。

(築年数は約30年)
RIMG6548.jpg

余震が来るたびに私もびくびくして・・これは想像以上
の拷問に近い感覚だと思います。そのストレスから解放
されるのに私は2~3年を要した気がします。

しまいには余震にも慣れてしまった・・というか、
余震に慣れる・・なんておかしいかしら。でも連日の揺れ
を経験するとそれが日常になってしまう感じ・・なんて
いっても経験しないと意味不明ですよね。脱線しました。 

(駆除の限界を超えています。)
RIMG6551.jpg

ところで、今日のタイトルにした「地震とシロアリ」という
のは、よくシロアリのパンフレットに・・・
「土台がシロアリに食われて弱くなっているところに
大きな外圧=地震や台風などが加わると家屋が倒壊する
危険があります。・・だから、シロアリ防除は大切なんですよ。
・・だからシロアリ防除をしましょうね」
・・というアピールが目的ですよね。

RIMG6555.jpg

で、こういう宣伝はいけないわけではないけど、でもね、
じゃあ、シロアリ防除をして土台さえ守っておけば地震が
起こっても大丈夫かといえば、そうではないと思います。

いくらシロアリ防除をしても、耐震工事をしても、自然の
圧倒的な力には太刀打ちできません。多少に被害の軽減は
できるかもしれないけど倒壊しなくても傾けば住めないし。

RIMG6564.jpg

シロアリと地震になにか共通していることがあるとすれば
どちらも予測不可能ということ。地中深いところでプレート
のずれが生じて地震が起こるわけですがそれは目に見えない。

シロアリも基本的には地中のどこかに潜んでいたシロアリ
が登ってきて被害が生じるわけですがそれも目に見えない。

「潜在的な目に見えない脅威」ということでは共通しているか
しら、と思います。あ、厳密に言うと地中以外から侵入して
くるシロアリもいますが・・。

(断熱材にも被害が波及しています)
RIMG6568.jpg

ともあれ、こんなことを言っても熊本県民の皆様には
慰めにもなりませんよね。ごめんなさい。

いつ揺れが起こるか、という目に見えない恐怖。
これはもう拷問です。そして、先行きの生活の不安。
子どもさんにとっては、ただただ怖くて仕方がない・・
トラウマになりそうな(既にトラウマですよね)気持ち
だと思います。

どうか気持ちを強くもっていただきたいと思います。
月並みですが「朝の来ない夜はない」のですから。

駄文にお付き合いいただいて感謝します。
熊本県民の皆様にどうかどうかいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。


ジョークはお休みにさせてくださいね。 


nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

海辺のホテル [ありがとう]

みなさん、こんにちは。

久しぶりの更新です。
今回もつまらないですから遠慮なくパスしてくださいね。

先日に会った大工さんとの会話。

  • どうですか、今年の冬場の仕事は・・?

  • それがさっぱりなんだよね。

  • でも、例年、冬場は暇なのが普通でしょ?

  • いや、昨年はそれなりに冬場でも小さい仕事があった
    んだよね。でも今年はほんとに見事に暇。

  • そうかあ。そういえば私もそうですね。
    もっとも営業努力を全然していないから仕方ないか(笑)


職人さんの世界って極端なんですよね。忙しい時と暇な時が。

ということで、羽アリが出る前に伊勢神宮に言ってこよう・・
と家内が言います。

  • 確か4月10日と11日だったよね?
    ツアーに申し込んでいたのは?

  • うん、そうだよ。やっと、見つけたんだからね。

家内はいろんな旅行会社のツアーに申し込んでことごとく
断わられ、やっと見つけたんだそうです。外宮内宮はツアー
のほうが有利らしいです。ほんとかな?

一泊二日の「たっぷり伊勢神宮と伊勢志摩うまいものめぐり」
まあ、神社については特に感想はないですが志摩半島は
良かった良かった。

IMG_4751.jpg
(伊勢神宮はいたるところ撮影禁止で、外観しか撮れませんでした)

IMG_4739.jpg
(外宮は左側通行。内宮は右側通行だそうです?)

IMG_4671.jpg

IMG_4755.jpg
(御朱印所は人気みたい。スタンプラリーみたいですね)

IMG_4697.jpg
(パワースポット?)

CIMG0043.jpg
(隣のおかげ横丁。賑わっていました)

気に入ったのは宿泊したホテル。渡し船で2~3分のハート型の
島の「海辺のホテルはな」だそうです。
http://umibenohotel-hana.com/
CIMG0040.jpg
(本土から船でホテルへ。むこうに見えるのが目的のホテルです)

CIMG0016.jpg
(ホテルにあった島の外観写真です。ハート型していますね)

小さな島のちいさなホテルですが、真ん前が海でロケーションは
最高でした。
料理も部屋も大満足。従業員の皆さんも純朴というかいい人ばかり。
機会があったらまた行きたいなと思いました。

IMG_4731.jpg
(洋風の建物は海水浴客のための無料脱衣場?)


IMG_4719.jpg IMG_4727.jpg
(ホテルの部屋から撮った海。素敵な光景です)

あ、別に宣伝を頼まれたわけではないです。
個人的にすごく気に入りました。
従業員の皆さん、お世話になりました。
できればシーズンオフのときに再訪したいです。

・・と、ほんとにどーでもいい記事でごめんなさい。
どうか皆様にいいことがありますように。

先ほど熊本県で震度7の地震があったそうですね。
震度7といえば相当強烈な揺れだと思います。

新潟県でもかって震度7の地震がありました。
思い出しても嫌な経験でした。

どうか熊本県民の皆様、ご自愛いただけますように
お見舞い申し上げます。



ジョーク

ある酒場に日本人・アメリカ人・ブラジル人の政治家が集まって話をしていた。

日本「あそこに橋が見えるでしょう?」
アメリカ「立派な橋ですね」
日本「実はここだけの話、建設費の10%を懐に入れましてね」
一同、ニヤニヤ

アメリカ「あそこにビルが見えるでしょう?」
ブラジル「高いビルですね」
アメリカ「私は30%を懐に入れましたよ」
一同、爆笑

ブラジル「あそこにダムが見えるでしょう?」
日本・アメリカ「いいえ?」
ブラジル「100%懐に入れました」



nice!(27)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ペットじゃないのにペットロス [猫好き]


みなさん、こんにちは。

今回も個人的なつまらない記事になりそうです。

というのは、いつも朝晩と食事にくる猫がここ一週間、来なくなりました。

来なくなると気になります。

RIMG6382.jpg

RIMG6390.jpg

どうしたんだろう?どこかで事故にでもあったのだろうか?

嫌な想像がどんどんふくらんでいく。

そういえば最後の時は(いつもがつがつ食べるのに)ほんの少しだけ食べて帰って行った。

後姿がなんか(気のせいだろうか?)寂しく見えた。

飼い猫なのか自由猫かもいまだにわからない。

我が家の猫になりたかったフシもある。

でも我が家にはミーコがいる。

我が家の猫にするにはミーコと仲良くしてもらわなければならない。

ミーコは戦々恐々としている。時間をかければ仲良くできたかもしれない。

たとえば室内に入れてしばらく(数か月~一年くらい?)隔離しておくとか。

そうすればよかったのだろうか?去勢して血液検査をして。

でも、もともと外猫だからそれは無理な気もする。

猫にとっての幸せとはどういう状況なのだろう?

結局、私は外猫は外猫のままでいたほうがいいように思った。

腹が減ったときにはいつでもおいで。たっぷり食事は用意しておくから。

感情移入したくなかったので名前も付けなかった。

でも名前は付けなくてもその猫の存在は私の中でどんどん大きくなっていった。

にゃんこが亡くなったときにダメージを受けたのでもう嫌だと思った。

私も内田百閒さんみたくなりそうな予感がした。 

2002_0101テスト0028.jpg 
(在りし日のにゃんこ。あっちで元気にしてるかな・・)

猫は自由である。

猫は孤高である。

猫はしなやかで自分勝手な気まぐれ屋さんである。

それが猫。それが魅力。 

そして、昨日、別の猫が餌を食べに来た。

RIMG6534.jpg

RIMG6533.jpg

この猫はその猫とケンカしていた猫だ。

ちょっと迷ったけど餌をあげた。猫に貴賤はないものね。

いや、私はこの猫に餌をあげることでペットロスを回避しようとしているのだ。きっと。

ペットでもないのにペットロスになりかかっている。 

すっかり、つまらないことを書いてしまった。

そうなのだ。私はきっとブログに書くことによって楽になりたいのだと思う。

つまらない記事に最後までお付き合いいただいて感謝します。

IMG_4632.jpg

どうか生きとし生けるものが幸せでありますように。
そして皆様にいいことがありますように。 

 


ジョーク> 

勇敢な男と臆病な男が森へ虎狩りに出かけた。
しばらく森の中を進むと虎に出会った。

勇敢な男は弓を構え、臆病な男は木の上に逃げた。
勇敢な男は虎と壮烈な戦いを演じ、ついに虎を倒したが、
勇敢な男も深手の傷を負い死んでしまった。

一方、臆病な男は終始木の上で震えていただけだった。
さて、後世の人はどちらの男が勇敢だと思うか?

答え、虎を倒したのは自分だと言いふらした臆病な男。





nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅