So-net無料ブログ作成

本年もありがとうございました。 [ありがとう]


皆さん、こんにちは。

2015年ももうすぐ終わりですね。

今年もつたない内容のブログにお付き合いいただき
ありがとうございました。心からお礼申しあげます。

来年もさらにつたない内容になると思いますが(笑)
どうかどうか大目に見ていただけますように。

そして、どうか来年も皆様には嬉しいことや楽しい
ことがいっぱいいっぱいの良い年でありますように。

ありがとうございました。

121.jpg

119.jpg
霊鷲山(りょうじゅせん)と頂上からの日の出風景です。

767.jpg

875.jpg

825.jpg
ガンガーの日の出と早朝の沐浴風景です。



ジョーク

店が3軒並んでいた
右の店がセールをうってでた
『未曾有の大バーゲン!!お客様ご愛顧キャンペーン中!!』
という売り文句を店先に掲げた。
 
左の店も負けじとセールを企画し、同様に店先に売り文句を掲げた。
『脅威の大放出!!安くて安くて大満足!!』

真ん中の店もセールに出たが、売り文句はシンプルだった。
『入口』


 


 

nice!(39)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

華ちゃんのクリスマス [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

クリスマスなので孫の華ちゃんが遊びにきました。
すくすくと元気に育っているようです。

今日は親ばか写真ならぬ孫ばか写真です。
見ていただいたらうれしいです。
IMG_3672.jpg

サンタさん(実は息子)とプレゼントです。
IMG_3713.jpg 

IMG_3756.jpg 

IMG_3728 (2).jpg

IMG_3743.jpg

IMG_3811.jpg

IMG_3792.jpg

IMG_3814.jpg

IMG_3830.jpg

IMG_3832.jpg

IMG_3834.jpg

華ちゃんの一挙手一投足にみんな大爆笑の連続です。

昔、あるおばあちゃんが言った言葉を思い出しました。
「赤ちゃんは三日で借りを返すのよ」・・でした。

赤ちゃんはまるで太陽のようです。
全身から発する幸せオーラで周囲の人を幸せにしてくれます。
この赤ちゃんの発散する幸せオーラはほんとにすごい!

だから、「赤ちゃんの人生は自由に生きさせてあげなさいよ」
・・というのがおばあちゃんの言いたいことだったと思います。

まあね、親も大変だと思いますが幸せオーラできっと癒される
ことも多いですよね。わが子の赤ちゃん時代を思い出しました。
みんな可愛かったな・・・。

親は子を育てる。同時に子によって親も育てられるもの・・
と思っています。だから対等なんですよね。
どっちが上でも下でもない。

勝手な孫ばか写真に最後までお付き合いいただいて感謝します。
ちょっとでも皆様に華ちゃんの幸せオーラが届いたら嬉しいです。

どうか皆様にいいことがいっぱいありますように。




ジョーク

六頭の盲目の象たちが,人間というものの存在について
話し合っていた。

人間とは象に似せて作られた神の創造物だと主張する者,
人間とは概念であり実存するものではないと主張する者
・・・意見は一致せず,直接的な体験から人間を判断する
こととなった。

こうして,盲目の象たちは東西南北へ散らばっていったの
であった・・・

人間に出会った最初の盲目の象が人間に触れて,こう悟った。
「人間とは二次元の存在である」

残りの盲目の象たちもペチャンコになった人間に次々と触れ,
皆,同じ真理に到着したのである。




nice!(34)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

束柱(つかばしら)とシロアリ [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

知り合いの畳屋さんから電話をもらいました。
畳替えのときにシロアリの食害を見つけたそうです。

でも、今は寒いからシロアリもきっと「休眠」して
いると思うので調査だけして駆除は急ぐこともない
でしょう・・・・と話しました。

で、調査時の写真です。

束柱の被害状態はこんな感じでした。
RIMG5610.jpg

RIMG5611.jpg

ありゃーっ!これはかなりやられていますね。

RIMG5675.jpg

RIMG5676.jpg

う~ん、見かけはなんともなくても内部はスカスカです。

結局、こんな感じ。

RIMG5627.jpg

でも、シロアリの姿は見当たりません。ふつうならぞろぞろ
出てくるはずなのに。やっぱり地下に戻って休眠しているから
だろうな。

で、最初の侵入口である束石に作られた蟻道を壊してみたら
・・

RIMG5598.jpg

いました!休眠なんかしていない!

RIMG5598 - コピー.jpg

ちょっとわかりにくいですが、シロアリが数十匹
出てきました。
う~ん、ほんとは今回は調査だけして来春に駆除
すればいいかな?と思っていたけど活動している
となると急いだほうがいいですね。

ということですぐに駆除させてもらいました。

でも、束柱がこのようにスカスカに食べられている
ことは珍しくないですが、逆に束柱は蟻道だけ作って
パスしてその上の垂木や床板を真っ先に食べている
こともあります。たとえば・・

RIMG3090.jpg

蟻道が見えますがこの場合は・・

RIMG2239.jpg

束柱と大引きはパスして垂木に食いついています。
あるいは下の写真を見てくださいね。

RIMG2238.jpg

この場合も束柱と大引きはパスして断熱材に食い
ついています。

なんでこんな食い方をするんだろう?

私の結論は・・
シロアリは樹種によって食いつく木を選ぶのでは
なく、それが「硬い材質か、柔らかい材質か」に
よって選ぶような気がします。断熱材はきっと柔
らかいので食べやすいのかもしれません。
これは私の経験からの独断的結論です。

巷ではヒノキとかクサマキとかは耐蟻性があるから
大丈夫みたいに言われているけどそれは信用できない。
だって、食べられている現場を何度も見たことがあり
ますから。

だから「耐蟻性木材」というのはあまり過信しない
ほうが無難です。
また、地方によっても食性が若干異なる気がします。
土台はヒノキよりも杉のほうがシロアリに強い地域
もあると聞いたことがあります。

なんだかミカンの採れる地方ではクロダイの餌にミカン
を使っても釣れるという話を思い出しました。
海に落ちたミカンを魚も食べるからなんでしょうかね。
あー、これは関係ないか(笑)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。

 



ジョーク

18歳、女はフットボール

- 22人の男が彼女を追いかける

28歳、女はホッケー

- 8人の男が彼女を追いかける

38歳、女はゴルフ

- 1人の男が彼女を追いかける

48歳、女はピンポン

- 2人の男が彼女をお互いに押し合う




nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

お寺とキクイムシ [キクイムシ]

皆さん、こんにちは。

先日、親しくさせていただいてるお寺の住職様から
キクイムシ駆除の依頼がありました。

RIMG5492.jpg

RIMG5512.jpg

このお寺は親鸞聖人ゆかりの名刹です。
地元の方ならだれでも知っているし越後七不思議の
「つなぎがや」でも有名です。

RIMG5489.jpg

RIMG5514.jpg

で、本堂の床板の一部がはげしく加害されていました。
それで剥いだ段階で床下に薬剤散布しました。

RIMG5490.jpg

RIMG5509.jpg

その後、新しい板を張ってから必要ヵ所に薬剤注入し
ました。私としては名刹ですから完全駆除しなければ
と思い薬剤も大量に取り寄せました。

RIMG5488.jpg

これでどうかうまくいってほしいと願っています。

それにしてもなぜ本堂の床板にだけ集中的にキクイムシ
が発生したんだろう?

RIMG5521 (2).jpg

住職の話では、某大工さんが数年前にくだんの床板の
補修で合板を使ったことがあるらしい。今回の工務店の
社長はたぶん、その合板のなかにすでにキクイムシが潜
んでいたのではないかという。

そういえば私も数年前に合板から発生したキクイムシを
駆除した覚えがあります。その家はまだ築4~5年だった
と思う。

RIMG5573.jpg

お客様はカンカンで工務店も建材屋に文句を言ったそう
ですが、売る時点では建材屋も合板の中のキクイムシを
確認するのは不可能らしい。

つまり、昔は合板の接着剤に強い防虫剤が使われていた
けれど近年は環境問題で弱い防虫剤に変わってからこの
ような問題が多発しているとのことでした。

RIMG5576.jpg

う~ん、これは悩ましい問題ですね。

今回はそのような下地材は使わないから大丈夫と
社長は言っていました。また、キクイムシって移動
することもあるので柱とか周辺も綿密に注入しました。

RIMG5581.jpg 

ところで2~3日姿を消した猫が今日現れました。
家内に「腹減ったニャァ~」と言ったらしい(笑)

よかった、よかった。あやうくペットロスになる
とこだった。いや~、すごくうれしい。
こらっ!心配かけて困った猫だ。

RIMG4217.jpg

ついでにちょっと自慢。
すっかり諦めていたインスペクター(蟻害・腐朽
検査員資格認定)の合格通知が届きました。
100%落ちたと思っていたのでこれもうれしい。
まあ、きっとぎりぎりの合格だと思っています。
私事ですみません。

CIMG0007.jpg

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク

昔、男の子がいた。大きくなったら「偉大な」作家になりたい
というの
がその子の望みだった。

「偉大な」とはどういうことかと尋ねられてその子はこう答えた。

「世界中の人が読むようなもの、読んだ人が本当に心の底から

 反応するようなもの、みんなを叫ばせ、泣かせ、嘆き、苦痛
  や絶望、
怒りに悲鳴を上げるようなものを書きたいんだ。」

彼は今、マイクロソフトでエラー・メッセージを書いている。




nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ペットロスにならないように。 [猫好き]

皆さん、こんにちは。

先日NHK・BSでペットロスについての番組が
ありました。前にも内田百閒の「ノラや」をドラマ化
したのを見たことがあります。

ほとんど同じ内容でしたが、ご覧になった方もいると
思います。猫好きの方には共感して切ない話でした。

で、うちにはにゃんことミーコという二匹の猫がいます。
どちらもある日突然居ついてしまった猫です。

飼い主がいると大変なのでご近所を調べましたが誰も
知らない猫・・というので飼うことにしました。

その後、いろいろあってにゃんこは昨年他界してしまい
ました。ミーコは事故にあって、死んでもおかしくない
状況だったのに奇跡的に助かりました。

以来、ミーコは家猫にしました。外には出していません。
で、ミーコの残り物を捨てるのも勿体ないので玄関の
外に(少し補充して)置いておいたら他の猫が食べに
くるようになりました。

RIMG5531.jpg

その猫には名前を付けませんでした。だって名前を
付けると特別な存在になってしまうからです。

最初はものすごく警戒心をあらわにして近寄っては
来ませんでした。でも一か月くらいするとやっと気を
許してくれたのか触らせてくれるようになりました。

RIMG5537.jpg

毎日、朝と晩に食事に来ます。(身体がきれいだから
どこかの飼い猫かもしれない)
いつしか私たちもそれが日常の光景になってきました。
私は内心、危ないと感じていました。

RIMG5532.jpg

危ないというのは感情移入すると来なくなった時に
ダメージを受ける予感がしたからです。
にゃんこが他界したときのダメージはもう味わいたく
ないからです。

でも、ここ2~3日ばったりと姿を見せません。
一体どうしたんだろう?事故にでもあったのだろうか?
ミーコよりも何倍も大食いなのに腹をすかせている
だろうな。感情移入はしないつもりだったのに・・。

RIMG5535.jpg

話は変わりますが、これは山の野生のヤマガラです。
ひまわりの種を差し出すと寄ってくるよ・・と聞いた
ので実験してみたら・・あららほんとに来ました。

IMG_3481.jpg

これには感動しました。
無性に嬉しくなった。このヤマガラたちとのかかわりの
詳細はここでは書けません。だって、餌付けに対する
考えはいろいろありますからね。

IMG_3460.jpg

でも、夫を亡くして鬱になって引きこもっていた傷心の
ある未亡人が友だちに強引に引っ張り出されてヤマガラ
に餌をやったらすごくびっくりして感動して鬱から回復
した・・という実話もあるんです。

IMG_3457.jpg

動物たちの癒しの力ってほんとに素敵というか凄い。
それでも餌付けはいけないことなんだろうか?
まあ、諸説あると思いますのでこの辺で止めましょう。

IMG_3461.jpg

IMG_3478.jpg

最後に私の格言。

ヒトが猫を飼うのではない。
猫がヒトを飼うのだ・・って、そう思いません(笑)

最後まで駄文にお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク

犬:

 この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、

 気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、

 可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。

 この家の人たちは神に違いない!

 猫:

 この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、

 気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、

 可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる・・・。

 自分は神に違いない!


 

nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

う~ん、 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

今日の調査である意味のショックを受けてしまいました。
そのショックの内容がうまくいえない。
何だろう?このショックは?

なあ~んていっても意味不明ですよね。ごめんなさい。
とにかく調査で撮った写真を見てくださいね。
みなさんはどう思われるかしら?

まず、脱衣場の下です。妙な銅板が大引きに張り付けてあり
ますね。右には耐震金具が取り付けてあります。
RIMG5441.jpg

昔、銅板の同イオンがシロアリ予防に有効とかいう根拠が
不明確な噂が流れたことがありますが・・。
ジャッキ式束も取り付けてあります。
RIMG5443.jpg

耐震金具です。
RIMG5469.jpg

これも耐震金具。
RIMG5454.jpg

それから床下換気扇もすべての通気口に取り付けられていました。
RIMG5463.jpg

RIMG5448.jpg
大引きと束柱には耐震金具、あるいはジャッキ式束柱。

あげくの果ては・・
RIMG5452.jpg

RIMG5466.jpg
本来は基礎に付けるべき床下換気扇が部屋の中央に・・おいおい。

また廊下の奥には攪拌用換気扇が設置されていました。
RIMG5472 - コピー.jpg

RIMG5473.jpg

で、土壌の上にはシートが張ってありその上に床下調湿剤が
撒かれていました。
RIMG5447.jpg

試しに防湿シートを少し剥がしてみたら・・
RIMG5456.jpg
あらら、防湿シートの下にも別種類の調湿剤が撒かれて湿って
いました。たぶん、初回に別の業者が撒いたものと思われます。

さらに土壌の状態をよく見ると・・
RIMG5474.jpg

RIMG5478.jpg
土壌から蒸発してくる水分が滞留しています。
小さな虫もいました。

さて、どう判断したものだろう?
床下換気扇、耐震金具、ジャッキ式束柱、銅板、防湿シート
に床下調湿剤・・これらがこれでもかというくらい取り付けて
ありました。

ざっと見積もるとおそらく200万円以上でしょう。
もしかしたら300万円くらいかもしれない。ぼったくりと言え
なくもない。悪徳業者の臭いがする。

でも、今現在はシロアリの兆候もないし湿気もない。
良好な状態です。お客様が納得していたなら何も問題は
ないじゃん・・と考えることもできる。

う~ん、でもね、ここまで床下にお金をかければ問題ない
のが当たり前でしょう。果たしてそこまでする必要があった
のかしら?

工事前の床下の状態がわからないので断定的なことは
言えません。それに当時のお客様が200万でも300万でも
納得されたのなら私がとやかく言う権利はないですね。

重箱の隅をつつくようなことを・・と思われるかもしれないけど、
あと気になるのは「滞留した水分」がどうなるかということ。

というのは防湿シートの下から将来、シロアリが上って
くる可能性があるということです。このように・・。
(これは前にも紹介した写真です)
P1010073.JPG

P1010055.JPG

P1010028.JPG

防湿シートはたしかに湿気対策としては効果があります。
これは良い点です。

でも、土壌の呼吸を殺します(土壌中の有用な微生物を
殺す・・という意味です)これは私的には抵抗があります。
だから、基本的には防湿シートを敷くのには反対です。

また上記の写真のように、いずれ破たんするとシロアリが
登ってくることもあります。

でも、でも、現実的に半端じゃない強い湿気で困っている
人もいます。すると無下に反対できなくなってしまう。
参ったなあ~というのが本音です。

有用菌も生かして湿気もなくしてシロアリを阻止する方法。
そういう方法がないかと考えると結局、昔の吹き抜けの
床下(神社仏閣のような)に行きついてしまう。

あるいは防湿シートを敷く前に土壌消毒(シロアリ予防)を
してからシートを敷く方法。この場合はシロアリ予防=土壌
汚染になりますが湿気を遮断するには仕方ない・・と割り切
るという考え方もある。

私的には嫌ですが・・まあ、やむを得ない気もする。
現実的に考えれば効果的なのは事実ですから。
あちらを立てればこちらが立たず・・ですね。

なんだか支離滅裂な文章になってしまった。要は土を殺す
ことに賛成か反対かということだと思う。
反対の立場の私はおかしいのかな?

あんた、シロアリ防除って所詮、土壌汚染でしょ?あんた
だって今まで土壌汚染の作業をいっぱいしてきたでしょ?
・・と言われれば、ぐうの音も出ない・・ぶつぶつ。

最後まで妙な文章にお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク

ある大金持ちがホテルへ行き、一番安い部屋を予約した。

 すると支配人に、
「息子さんはいつも最高級の部屋にお泊まりになりますが」

 と言われたが、大金持ちは一言、

「ああ、彼には大金持ちの親父がいるからな。だが私には
 いないんだ」




nice!(28)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

床下で感電する。 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

すっかり更新が滞ってしまいました。
羽アリの季節ではないのになぜ忙しいんだろう?
それも重篤の被害の現場が多い。

これはたぶん、長年、床下など見たこともない住宅を
リフォームしようとして初めて被害の重大さを知る・・
というパターンが多いような気がします。

RIMG5096.jpg
(大引きが限界です。これも取り換えればいいんだけどなあ~)

シロアリがいれば毎年必ず羽アリが発生するという
わけではないのですが現実に羽アリを見たことがな
ければやっぱり我が家はまだ大丈夫、と思ってしま
いますよね。

RIMG5085.jpg
(おなじみの蟻道です)

先月に調査して、これはもう駆除以前に部材の交換
と補強をするのが先だからその後に駆除しましょう、
という家がありました。

で、リフォームが終わったから駆除をしてという連絡が
ありました。

さっそく下見に行って床下にもぐったらまあ、部分的
に大引きや束柱などが新しいものに取り換えられて
いました。私としてはちょっと不満があるけど仕方ない。

RIMG3481.jpg
(調査時の床下です。シロアリと腐朽で惨状です)

RIMG5048.jpg
(これはリフォーム後の様子)

というのは床下全般の状態が極端に悪いのでほんと
は全床下をリフォームしてほしかったけど予算の関係
でそうもいかなかったのでしょう。

で、今日のところは「基礎割り」だけして下準備を終わ
らせておこうと思い、電動ハンマーで基礎を切っていた
ときのことです。

RIMG5252.jpg
(基礎割り、の様子です。ハツる、斫りとも言います)

RIMG5258.jpg
(やむを得ず隣の床下に行けない場合にこういう作業をします)

RIMG5106.jpg
(土壌の水分を避けるためにシートを敷いて前進)

いきなりビリッと右手に衝撃が走りました。
気のせいかな?と思って再度ハンマーを握ったら今度
はもっと大きな衝撃が!ありゃー!感電だ!

実はこの家の床下はものすごく土壌が湿っている。
作業ツナギの下のツナギを通して下着までびっしょり濡
れるくらいですから半端じゃない湿気です。

RIMG5051.jpg
(リフォームをしていない部屋の下。取り替えたほうがいいんだけどね)

こういう状態で電動工具を使うと感電してもおかしくない。
甘かった。つい簡単な服装で潜ることに慣れてしまった
ようです。

ゴム手じゃなく軍手でも湿っぽくなれば電気を通します。
そういうことを忘れていた。

RIMG5077.jpg
(基礎割りをして移動した部屋の床下。う~ん)

この話を帰りに知り合いの溶接屋さんに話したら・・
家庭用電源だからまだいいけど工業用だとショックで
気絶することもあるよ・・と言っていました。

RIMG5105.jpg
(う~ん、参ったなあ~ぶつぶつ)

そういえば昔、シロアリ駆除中に感電死した施工さんの
話を思い出して思わずゾ~ッとしました。

危ない、危ない、・・ということで翌日はゴム手ゴム長、
雨合羽の重装備で作業。なんとか4カ所の基礎割りを
終わったのでした。明日はいよいよ薬剤散布です。
気が抜けない日々・・ああ、ストレスが・・ぶつぶつ。

みなさんも濡れた手で電化製品、電動工具などに触るの
は絶対止めましょうね。というか私がアホでした(笑)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク
精神分析医は流行りのコンサルタント業。 息子を連れてきた母親が診察依頼する;
「ドクター、13歳になる息子を診てくださいな。」


ドクター;
「息子さんのケースは一過性の精神疾患です。間欠的にプッツンして大暴れするでしょう。 
感情の起伏が一時的に激しくなる散発的な症状です。ご安心なさい、予後不良ではありませんから。」


母親;
「すごいもんですね。 息子を診察する前にそこまで分かるんですか?」


ドクター;
「13歳だって言われませんでしたかな?」



nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅