So-net無料ブログ作成

ベタコンとシロアリ [シロアリ]


皆さん、こんにちは。

朝晩と寒暖の差がはげしい季節になりました。
寒さが苦手なシロアリもそろそろ「休眠」の時期に入る
と思います。

でも個人的には相変わらず忙しい毎日が続いています。
紅葉を見に行く時間もなかなかとれません・・ぶつぶつ。

ところで・・
「うちは床下がコンクリートだからシロアリの心配はないよ」
・・という方がいます。

たしかに床下が土壌よりはベタコンのほうがシロアリ侵入
の確率は低いと思います。

でも、絶対、大丈夫というわけではありません。
最近の調査からベタコンでも侵入した事例を紹介します。

このお宅は築8年くらいです。
RIMG3507.jpg

RIMG3508.jpg

RIMG3510.jpg

RIMG3527.jpg

RIMG3528.jpg

RIMG3530.jpg

今までもこのお宅は隔年ごとに2回調査したことがあり
ます。そのときは蟻道は作られていませんでした。

ということはおそらく最近、侵入されたものと思います。
私ではなく「工務店の定期検査」で見つかりました。

もし、定期検査をしていなかったら被害が顕著になるまで
気が付かなかったと思います。
早期発見できてよかったと思います。

・・まあ、こういうこともあるという事例です。
何事も例外はあるし、絶対ということはないと思ったほう
が無難ですよね。

ついでに・・子どもの蛇の白骨化したのがありました。
白骨化した蛇との遭遇は2回目です。
RIMG3513.jpg

RIMG3514.jpg

ということでおしまいです。
参考にしてくださいね。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク

ある有名な画家が、ヌード画を描くために女性モデルと

アトリエにこもっていた。

ところが絵そっちのけで、画家はモデルを口説くのに夢中。

そこへ妻の足音が。

「いかん、女房だ。君、はやく服を脱ぎなさい!」





nice!(39)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

母の命日 [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

個人的な記事ですみません。

家内が今日(11/1)は(私の母の)命日だから花を買って
お墓に行こうと言いました。

CIMG0006.jpg
(お寺の紅葉が異様に鮮やか・・)

う、うん、そうだね。行こうか。
(実は母の命日なんてすっかり忘れていた・・)

CIMG0002.jpg

ついでに、にゃんこの墓もお参りしてこようね。

う、うん、そうだね。
(同じ敷地なのでお寺に行くたびに、にゅんこにも
 お参りしています)

CIMG0008.jpg

その後、家内は(家内の母方の)本家に用事があるから
行ってくるそうです。じゃあここで別れよう。俺はこのまま
護摩堂山に登ってくるよ。
(実はメタボで最近、山に登っています)

CIMG0012.jpg
(お寺から山へと続く急こう配の道)

坂道を歩きながらいろいろ考える。
母の命日を忘れて、父の命日もすぐには思い出せない自分。
いや、いろんな記念日さえほとんど忘れている自分。

CIMG0017.jpg
(護摩堂山の頂上の茶店からの光景)

私は記念日LD(学習障害)?かもしれないな(笑)
ほんとに誰かの誕生日とか記念日的?なことはほとんど
覚えていない。覚えようと意識したことすらない。

CIMG0021.jpg
(帰り道で脇道に入ってみた・・)

昔からそうだった。私は薄情な人間なのだろうか?
でも、記念日の日にちは忘れていてもイメージはくっきり
と鮮やかに思い出せる。これは言い訳かしらん?

CIMG0046.jpg
(初めての道で見つけた秘密めいた石堂?)

坂道をゼイゼイと歩きながら・・
「無明」「因果」「執着」「愛も無明」「すべてはうつろう」
「諸行無常」・・などの言葉が脈絡もなく点滅する。

CIMG0049.jpg
(お稲荷様が守っているのは何だろう?)

しかし、子どもの頃から住んでいる地なのに少し脇道に
入るとまったく知らない風景に出会う。
これにはびっくりした。

異世界の入り口がいたるところにある感じ。
センスオブワンダーの世界ってどこにでもあるのかもしれ
ないな。ちょっと違う道を歩いてみるだけでそこここに・・。

CIMG0051.jpg
(誰も通らないような地図にもない道を新発見)

とかなんとか、どーでもいい文でした。
最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク
旅客機に乗客が乗り込み、しばらくしても出発しようとしなかった。
1
時間もした頃、機内アナウンスが流れた。
「こちらは機長です。本機はエンジンにトラブルが見つかりました
 ので、離陸は中止いたします」

それを聞いた乗客は、散々待たされたイライラもあり、口々に
「ふざけるな!」と叫んだ。

やがて再び機内アナウンスがあった。
「じゃあ、飛びます」



nice!(39)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅