So-net無料ブログ作成
検索選択

綺麗な建物・・ [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

私事ですが、私の叔母さんが1月25日(土)の早朝に
亡くなりました。96歳の大往生だったようです。

寝たきりということはまったくなくて、ちょっと調子が悪い
ので数日だけ入院して、退院・・の予定だったそうですが。

006 - コピー.jpg

亡くなる数時間前に・・・

「とても綺麗な建物のあるところに行ってきた・・・」と、
ニコニコして言っていたそうです。

綺麗なお花畑ではなく「綺麗な建物」ねぇ・・・。
どんな様式の建物だったんだろう?・・。竜宮城みたい
なところだったんだろうか?
綺麗な椅子がたくさんあった・・とも言っていたようです。

ちょっと綺麗な景色のところにいってくるよ・・なんて。
きっとワクワクしながら逝ったのではないかと想像して
います。

ワクワクしながらあっちへ逝くのって、なんだかハッピー
だなあ~と思いました。
波乱万丈の人生を送った叔母さんでしたが、お洒落で
いつも可愛らしさを感じさせる人でした。

葬式でハッピーなんて言い方は不謹慎かもしれないけど
・・少人数でも明るくなごやかな、心のこもった葬式でした。

012 - コピー.jpg

お通夜では、子どもさんたちが遠方から集まってきて、
40年ぶりくらいに懐かしい顔に再会できて私もハッピー
でした。ヘンな言い方ですが叔母さん、ありがとう・・と
思いました。

先日のNHKの超常現象の番組では「臨死体験は心臓
停止後の脳内の活性現象」の可能性を示唆していまし
たが私にはどうでもいいことに思えました。

大事なのは健やかに、ハッピーに”あっち”へ逝くことだと
思うからです。
きっと”綺麗な建物のあるところ”で思いっきり楽しんで
いることでしょう。

私事を記事にしてごめんなさい。
最後までお読みいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがたくさんありますように。

(ジョークはお休みにさせてくださいね)


nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

室内のカビ臭について。 [シロアリ]

みなさん、こんにちは。

すっかり更新が滞ってしまって、そしてコメントへのお礼や、
訪問も、・・・よーするに何もかも遅れてごめんなさい。

実は、個人的に心が折れそうなことがあって、ブログを
続けるのも難しい心境でした。
たぶん、しばらくは煩雑に更新することは無理だと思います。

でも、なるべく(間欠的になりそうですが)ブログは続けます。
というのは、メール相談をいただくと、まだまだシロアリに
ついては啓蒙活動が必要だなあ~と感じるからです。

004.jpg
(にゃんこは毎朝、必ず挨拶に来ます)

最近のメール相談を読むと、多くのシロアリ業者は相変わらず
「シロアリ屋の3点セット」を売り込んでいるようです。
前にも書きましたが「シロアリ屋の3点セット」とはシロアリ
防除・床下換気扇・床下調湿剤・・のことです。

この3点セットを売り込むことが悪いわけではないですが、
ただ、必要でもない床下の状況なのに、必要と思わせて売り
込むことは感心しません。
特に、床下は一般の方には気持ち悪い空間でしょうから
それがほんとうに必要なのか確認のしようがないと思います。

床下が湿気で大変なことになっていますよ。
床下の残材にシロアリの齧った形跡がありますよ。

こういう業者の言葉に反論する術をもたないのがふつうです。
そこにシロアリ業者のつけこむ隙が生まれます。
つまり、騙しやすい、騙されやすい。

あー、こんなことを書くと同業者から総スカンを食いそうですが
そして、昔は私も一生懸命に売上を上げるために3点セットを
セールスしてきた人間ですから立派なことは言えません。

002.jpg
(みーこは寒いと一日中、毛布の中に・・)

世の中には「必要でないのに必要と思わせられている商品」が
実に多いと思います。TVCMなどの商品はほんとうはその大半
が不必要なものだと思います。
資本主義社会って、そういう不必要なものの売り買いで成り
立っている社会のような気もしないでもない。

と、脱線しました。

今日のタイトルにした室内のカビ臭について書こうと思っていた
のに、なんだか脱線しまくりになったのでまたにします。
勝手ですね。ごめんなさい。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク

先生「水戸黄門が活躍した時代は」 

生徒「はい、午後8時台です」



nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

蟻道もどき? [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

今年、最初の調査写真を紹介します。

リフォーム途中で蟻道らしいものを見つけた・・
という工務店からの調査依頼でした。

おお、新年早々に蟻道とは、こりゃあ幸先がいい
(笑)・・・と、期待してお邪魔したら・・

残念!シロアリの蟻道ではありませんでした。
でも、お客様にとっては良かったですね(笑)

さっそく、その写真を見てくださいね。

001.jpg 002.jpg

アップです。
004.jpg

これはふつうの蟻の作った蟻道です。

シロアリの作った蟻道ではない、といっても写真では
質感が伝えられないのでわからないですよね。
(写真って、ほんとのことが伝えられるようで実は
そうでもないんですよね)

シロアリの作る蟻道は土壌が原料なのでもっと硬い
んです。

この蟻道は原料が土壌じゃなくて、フワフワした繊維状?
の素材でした。手で払っても簡単に壊れてしまいます。
吹けば飛ぶような柔らかい蟻道です。
ときどき太い桜の木の幹などにも見られます。

なぜ、ふつうの蟻がこのような蟻道もどき?を作るのか、
私は勉強不足でわかりませんが、とにかくシロアリの
作った蟻道とは別物です。
床下もまったく異常はありませんでした。

003.jpg

というわけで、あ~あ、今年は幸先が悪いな・・なんて
言ったら不謹慎ですね(笑)
お客様にとっては良かった、良かった。゚(゚´Д`゚)゚

まあ、こういうことは滅多にないですが、蟻道といっても
シロアリが作ったものではない場合も希にありますので
参考にしてくださいね。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。

  • コメントにもありますが、この蟻道を作った蟻は
    どうやらトビイロケアリという蟻のようです。
  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%AA
    トビイロケアリは室内に蟻道を作ったり、光と風
    を嫌うなど・・とてもシロアリと似た習性があるよう
    です。私も知りませんでした。ああ、恥ずかしい。

    でも、インターネットってすごいなあ、と思う一瞬
    です。こんなにすぐに、ご教示頂けるとは思っても
    いませんでしたから。感謝です。
    教えていただいた通りすがり様、心からお礼申し
    上げます。ほんとうにありがとうございました。



ジョーク
女房と居間で寛いでいる。

そのうちに、と思っていたが、この際言っておこう;
「お見通しだろうけど、植物人間で延命するのは
 わしゃ真っ平ゴメンだ。装置や点滴に頼るなんて
 意味あらへん。そうなったら、電源切ってくれよな」

アテツケか。女房のやつ、早速テレビを消して、
ビールをほかしよった。くそババア!



nice!(40)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あけましておめでとうございます。 [ありがとう]


あけましておめでとうございます。

昨年は脱線ばかりの拙い記事にも関わらず、
お付き合いいただいて心から感謝申し上げます。

本年も、皆様に少しでも参考になりそうな記事
が書ければと思っていますが、どうなることやら・・・。


010.jpg 023.jpg

014 - コピー.jpg

どうか、今年も皆様にいいことがたくさんある素敵な
年でありますように。



ジョーク

女性がどうして猫好きなのか全く理解に苦しむ。 

猫というのは寄付いて来ないし、言う事は聞かないし、
呼んでも家の中に入ってこないし、一晩中外泊するの
が好きだ。家にいても、一人で寝ていたいらしい。 
どれ一つとっても男がこうすると、女性はカンカンに
なって怒る。 

だけど、それでも猫は好きなんだってさ。



nice!(35)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅