So-net無料ブログ作成
検索選択

不信心者の神社参拝。 [つまらない]


みなさん、こんにちは。

ネタがない、更新する意欲も湧いてこない・・ので、またまた
すっかりサボってしまった、というのが本音です。

過去の事例を紹介してもいいけどいまいちチカラが入らないし。
まあいいや今日は雑談ということで・・う~ん、何かないかしら?

009.jpg 006.jpg
(猫は毛布から出てきません。出てくるのは飯の時だけ)
004g.jpg 002.jpg

そうだ、先日、吹雪の中を弥彦神社に行ってきました。
どうということもないけど、その話でも・・・。

外は吹雪。家内も休みなので、今日はまったりと猫みたいに
ダラダラしていようと思っていたらところへ家内が来て・・。

  • 今日、仕事ある?なかったら、弥彦に行かない?
    (ないのがわかってるくせに・・ぶつぶつ) 

  • いいよ、急にどうしたの?

  • ●●が今年、厄年なんよ。だから厄払いにいかなくっちゃ・・
    と思っていたんだ。

  • そーか、そーか、じゃあ行こう。
    (ほんとは興味がないけど家内には逆らわない方がいい・笑)
で、さっそく出かけました。
うちから弥彦神社までは車で30分くらいかしら?
ところが、途中、猛吹雪で・・というより強風というか。

024.jpg
  • 帰ろうか?怖くなってきた。この吹雪じゃ・・またにする?

  • ここまできたんだからゆっくりでも行こう。大丈夫だよ。
    雪よりも風が強い感じだね。でも、こんな日に神社に行く
    のも俺たちぐらいだろうなあ~、きっと。 

で、なんとか神社に到着。受付に申し込む。すると、意外なことに
地元の人もいました。三条市から来た人も。全部で10人だったかしら?

へ~っ、こんな悪天候の日に・・物好きな人もいるもんだな。
あっ、俺たちもそうだった(笑) 

014.jpg

で、いよいよ本殿?に全員で移動途中に家内が・・あっ!と何かを
想い出したみたいで、慌てて神主さんに・・・
  • 「あの、もう一人いたのを思い出しました。追加で申し込んでも
    いいですか?」だって。

実は、うちは二人のこどもが厄年なのでした。こりゃあ公平にしないと。

002 - コピー.jpg

しかし、そもそも厄年とか厄払いって誰が決めたんだろう?

004.jpg

この神社は床暖房してあって豪勢だなあ。よっぽど儲かって
いるみたい。

この祈祷料に値段の差があるのは納得できないなあ~。
5千円から十万円迄あるじゃないか・・ぶつぶつ。
003 - コピー.jpg

地獄の沙汰も金次第っていうけど、ご利益も金次第ってことかな?
う~ん、優れた集金システムというかビジネスモデルだなあ~。

・・とか、てんで世俗的なことを考えてしまった(笑)

003.jpg
まあ、家内は大真面目なので、私も殊勝なふりをしましたが・・笑

ついでに・・正月にここにも行ってきたのでした。長岡の宝徳稲荷。
このときもたしか・・
家内が「今年も行かなくっちゃ」私「はい、かしこまりました」004a.jpg

ついでに・・ライオンズでも恒例のお祓いをしてもらったんだった。
011.jpg 010b.jpg

ネタがないので苦し紛れでどーでもいいことを記事にして
しまいました。

しかし、みなさん。今までにご利益があってハッピーなんて
ことありました?ある人もいるんだろうなあ~きっと。
同業者の友人で霊験あらたか・・というのもいましたからね。

あ、そういえば私の親戚にも神主さんがいたんだった。
あまり否定的なことは言えないなあ~(笑)

・・・ということで、不信心者の神社参拝でした。
神道も調べれば面白いんだろうなあ~きっと。

最後までどーでもいい記事にお付き合いいただいて感謝します。
みなさんにどうかいいことがありますように。



ジョーク
結婚生活は血沸き肉踊る。 一方で夢破れ頓挫する。

* 結婚一年目、男が喋り女が聞く。

* 結婚二年目、女が喋り男が聞く。

* 結婚三年目、二人が喋り隣近所が聞く。



nice!(34)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

むふふ・・・ [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

連日TVで報道していますが関東は大雪で大変みたいですね。
(むふふ)

車が事故ったり、歩いていて滑ってころんで怪我をされたり。
(むふふ)

交通機関もマヒしたりで帰宅時間もままならないようですね。
(むふふ)

ほんとにお気の毒です(むふふ)

どうか、お怪我などされないように注意してくださるように(むふふ)

005.jpg

あー、失礼しました。
むふふ・・の意味は、だって雪国では10センチや20センチ程度
の雪なんて「ふつう」ですから。

車の渋滞も当たり前だし、土手下に車が滑って落ちている光景
も日常風景。今日は3台、土手下に転がっていたよ・・なんて。

四駆だって、凍っている道路では手も足も出ない。
雪道はゆっくりノロノロと走る以外に方法はないですね。
正月に長岡まで行った時は、滑りまくって冷や汗ものでした。

それに数ヶ月間は猛吹雪なんですから・・だから、つい、むふふ
なんです。ああ、神様は公平だった・・なんて(むふふ)

001.jpg

この屈折した新潟県人の気持ち、わかるかなあ~?
わからねえだろうなあ~むふふふふ・・・
いやこれは天の邪鬼の私だけの気持ちかもしれないな(笑)

嫌な奴だなあ~と思いますよね。自分でもそう思います(笑)
ごめんなさい。

でも、私は昨日は寒さで凍えながら床下で駆除していました。
床下の土壌も冷たいので、そこで作業していると下痢っぽく
なります。で、慌てて、お客様に「あの~、ト、トイレかしてくだ
さいね」なんて(笑) どうも胃が冷えるかららしい?ですが。

005.jpg

で、今日はその工事の模様でも解説しながら紹介します。
えーと、まず、ここは築30年以上の住宅です。
実は2~3回、羽アリが出たことがあるそうです。

そのときは業者に駆除してもらったらしいのですが、たぶん、
床上から簡単に「羽アリが出た個所だけ薬剤の吹き付け」で
処理したらしいです。というのは、実はここは借家だったので
きちんとした処置はしていなかったようです。

(このような蟻道がほぼ全室の床下にありました。最初は
真面目に数をかぞえたけど、あまりに多いので数えるのは
途中で止めました。たぶん十数カ所だったと思います)
017.jpg  033.jpg

(下の写真を見てね。左の写真は何ともないように見えますね。
でも、ドリルで穿孔すると内側はスカスカです。目視だけでは
被害の程度ってわからないですね)
025.jpg 026.jpg

(下の写真も見てね。これもそう。ドライバーで突ッついてみて
初めてスカスカなのがわかります)
016.jpg

018.jpg

(それからこういうのも見逃しやすいですね。
蟻道、あるいは蟻土ですがシロアリの兆候です)
076.jpg

075.jpg

038.jpg

(怪しいところはドリルで探ります。目視よりも穿孔の感触
で探るほうが確実にわかります)
016.jpg

あと、これはよくあるシーン。玄関の上がり框(かまち)の食害。
ちょっと見た目はなんともないように見えますが・・・)
079.jpg 084.jpg

(アップにすると・・・兆候がわかります。こんな感じになっていないか、
たまに玄関もチェックしましょうね)
081.jpg

(こういう場合は床下側から薬剤注入しますが、念のため
外側からも薬剤処理をします)
125.jpg 126.jpg
(もちろん、タイルにも穿孔注入はしました)

で、次は良い写真です。というのは床板(杉板)の裏側を見てね。
004.jpg

005.jpg

(ね、床板はカビもなくて良い状態でしょう。これは空気が
「低温で乾燥してる今の時期」はカビは繁殖しないからですね。
冬場は、どこの家の床下も良い状態だと思います)

あ、カビとは大雑把な言い方ですね。この場合は木材腐朽菌の
つもりです。

最後に・・意地悪ですが・・・見たくなかったら見ないでね(笑)
054.jpg

(・・といいつつ、アップにする意地悪な私・笑)
055.jpg

きっと、ギャーッ!ですね。
ゲジ君も寒いので避難してるのかな?

今の時期は寒いのでシロアリは休眠(活動停止)しています。
だから蟻道を壊してもシロアリの姿は見つかりませんでした。

・・さて、もう数カ月(4月以降)したら羽アリの発生する時期に
なります。どうか、この家からは再発しませんように。

ということでおしまいです。
どうか、屋外でお仕事をなさっているみなさん、寒い日が続き
ますが防寒対策をしっかりして頑張りましょうね。

最初は皮肉っぽくてごめんなさい。
雪国でない皆さんも、どうか風邪にはくれぐれもご注意くださる
ように。そして、どうか皆さんにいいことがありますように。
最後までお付き合いいただいて感謝します。



ジョーク
とある国の領海に正体不明の船が現れたが
捕獲する前に逃げられてしまった。

マスコミは首相に詰め寄った
『何故取り逃がしたのか!?』

首相はすました顔で答えた
『これから捕獲命令を出すところでした。』



nice!(51)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

自営業者の哀しみ [つまらない]


みなさん、こんにちは。

特に新ネタがないので困ったなあ~というのが本音です。
毎日、他ビログの更新メールがどんどん届くと焦ってしまう(笑)
さすがに、そろそろ更新しないと忘れられてしまいそうなので
無理にでも何か捻り出さないと・・と思っています。

で、多くの人はきっと「仕事始め」も、とっくに終わって日々全開
モードで、お仕事をされているんだろうなあ~思います。
ところが、私みたいな超零細業者には特に仕事始めってない
ですね。

日曜・祭日も依頼があれば行かなきゃあならないけど、仕事が
ない日は毎日が休日。
仕事がない日は毎日が休日・・なんて羨ましいと思われるかも
しれないけど、どうしてどうしてけっこうキツい。

朝、起きて「行くところがない」というのは、なんだか社会から
つまはじきにされたようで・・寂しいというか哀しいというか孤独と
いうか虚しいというか「お前なんか要らないんだ」と言われてる
みたいというか、アホみたいというか、です(笑)

まあ、孤独は嫌いじゃないし慣れてるつもりですが、たまに気力
が落ちているときはキツいなあ~と感じるときがある。欝と背中
合わせというか。
今の気分は・・・

友が皆、我より偉く見ゆる日よ。花を買い来て妻と親しむ。

・・に似てるかしら?
私には花を買う趣味もないし、第一、妻も仕事でいないから・・


友が皆、我より偉く見ゆる日よ。猫餌を買って来て猫と親しむ。


・・かな(笑)
このやるせなさ・・わかるかな。わからねえだろうなあ~
(古いですね・笑)

まあ例年、今の時期はシロアリなんて誰も気にしないから仕事
が少ないのは当たり前ですが、なんというか問題は気力というか
・・それが萎えている。
自営業って心のバランスをとるのが綱渡りみたいな気がする。

こういうときはまず「行動」ってのもわかるけど、そして「行動を
起こせばそれなりにヤル気も起こる」ことも知っているけど。
でもね、
なんかそういうふうに自分を「操作」して「鼓舞」すること
にも飽きた・・というのが本音です。

「暇なら何かヤレばいいじゃん」と言われるかもしれないけど、
時間があるなしの問題ではないような?・・自虐的な「堕落の快楽」
ってのもあるのかな・・・ぶつぶつ。
プラス思考の逆の超マイナス思考の快楽というか。限りなく落ちて
いく茹で蛙の快楽というか・・(笑)

こんなことを言うと、決まって「それはあんたが経済的に余裕が
あるからだよ」って、いつも言われる。
違う、違う、経済とは関係ないよ・・と言っても、笑って誰もわかって
はくれない。だって、ほんと経済的な余裕なんてないもんね。

そこで、押入れから古い本を引っ張り出して「堕落する快楽」を
自虐的に味わいつつ・・読んでいます。

この本、昭和61年(1986)発行になっています。
ということは、27年前。でも、読み返したらメチャクチャ面白い。
スペンサー、かっこいいなあ。好きだなあ~。
IMG_0002.jpg

そういえば、スペンサーも自営業です。なんにも依頼がない
ときの私立探偵ってどうやって時間をやり過ごしているのかな?
あ、スペンサーって堕落とは無縁の人ですね。騎士道精神
ばっちりみたいな。

う~ん、堕落の味を味わうにはやっぱりカトリーヌアルレーかな。
ここには「堕落の快楽」の気分がたっぷりあって大変心地良い(笑)
IMG_0003.jpg IMG_0001.jpg

あと、こんな古い本も出てきた。
伊丹氏もある意味、堕落と背中合わせじゃなかったかな?
と邪推してますが、このヘンな頑固オヤジっぷりがいいなあ~。
IMG_0004.jpg 002k.jpg
                          (みーこが昼メロで堕落している図)

でもね、いつも「積極的」で、「プラス志向」で「前向き」な姿勢も
いいけど、たまには限りなく堕落する気分もいいものですよ・・
ぶつぶつ。

・・と、非常にためにならない文章でした(笑)
良い子のみなさんは決して真似をしないでくださるように。

なんだかメチャクチャな文章でした。ごめんなさい。
今日の記事は読まなかったことにしてね。

それでは今年もみなさんにいいことがありますように。



ジョーク

一人身で孤閨をかこつ有閑マダムは男が欲しくなる。 
そこでこんな個人広告を掲載した:

資産家の未亡人が男を望む。 
次ぎの条件を満たす男性と人生及び財産を山分け:

1.ぶたないこと。
2.逃げないこと。
3.セックスに励むこと。

半年ばかり、電話は鳴りっぱなし、玄関のピンポ~ンは
鳴りっぱなし、応募書類は引っ切り無し。
だが・・・、どれもこれも、帯に短し襷に長し。 
マダムのお眼鏡に適いそうな者は出てこない。

それでも応募者が尽きたというわけではなく、ある日玄関の
ピンポ~ンが鳴った。マダムがドアを開けると男がいる。
腕無し、足無しの男だ。期待を殺がれたマダム;
「どなたかしら?ご用件は?」

男;
「コンチワ。男漁りは今日限りですよ。私メこそ貴女の捜し
 求める男です。腕を失ってますからぶてません。足を失く
 してますから逃げられません。」

性欲衰えを知らぬマダム;
「でも~、それじゃベッドでは励めないんじゃないかしら?」

そんなことはありませんよとばかりに男:
「ピンポ~ンはちゃんと鳴ったでしょうに?!」



nice!(41)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あけましておめでとうございます。 [ありがとう]


あけましておめでとうございます。

昨年は拙い記事にもお付き合いいただいて、たくさんの
コメントをありがとうございます。心からお礼申し上げます。
私の方はいつもnice!の押し逃げばかりでごめんなさい。

本年もなるべく皆様のお役に立つようなシロアリの記事を
シコシコと書こうと思っています。
ときにはアホみたいなことも書くと思いますが、どうか大目
にみていただけますように。

皆さんの幸せをお祈りいたします。
どうか、皆様にいいことがたくさん起こりますように。

020.jpg

005d.jpg
(みーこ&にゃんこからもご心配いただいてお礼申し上げますニャア~)


ジョーク
結婚生活数十年のサムとベッシーがテキサス州オースティンで
休暇を過ごす。カウボーイ本場のブーツが欲しかったサムは
お買い得のブーツを見つける。買ったら早速履き替えてご帰還。

外出を共にしなかったかみさんに自慢したくてしょうがない;
「オレ、いつもとチョット違うだろう?」

亭主を一通り見回したベッシー;
「ちっとも。」

思い通りにことが運ばないでイラつくサム。バスルームへ駆け
込んで着ているものを脱ぐ。ハダカで出てきたが、もちろん、
ブーツだけは履いていた。

これだけ強調すれば十分だろう、声も上ずる;
「オレ、いつもとチョット違うだろう?」

かみさん、どこに目をつけているのだ?;
「おまえさん、ちっとも変わらないじゃない。モノがぶら下がってる
 だけジャン。昨日もそうだったし、明日だってダランとしているん
 でしょうよ!!!」

こう言われるとサムも頭に来る;
「こいつがどうして下を向いているか分からないのかい、ベッシー。 
 新品のブーツに注目しているからなんだよ!」

かみさんウラメシそうに;
「サム、帽子を買うべきだったわね。帽子だったらオモロかったのに~。」



nice!(61)  コメント(62)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅