So-net無料ブログ作成
検索選択

新築時の注意点 その2 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

最近、テンションが落ちて更新もサボってしまいました。
個人的にいろいろ問題を抱えているので・・というのはどーでも
いいですよね。

で、閲覧数が激減して当然なのに、それほど減ってもいないよう
なので申し訳ない気持ちです。見捨てないでいただいて感謝申し
上げます。

今回の内容は、実は前に下書きしておいたものです。
これから新築を予定している方にはちょっとだけ参考になるかも
しれませんが、そうでない方にはつまらないと思いますのでパス
してくださいね。

それから、下記の内容はあくまでシロアリ屋としての経験からの
考えなので異論反論もあろうかと思います。もしかしたら私のまだ
知らない最新の技術もあるかもしれませんしね。
ということで、逃げの用意をしつつ(笑)始めましょう。

  • 床下は防湿コンクリートよりもベタコンがいい。
    (理由・布基礎と防湿コンクリートの打継ぎ部分に起こる
     亀裂からシロアリが侵入してくる危険があるからです。
     個人的には床下は土壌が最適と思いますが、これは
      誤解されそうなので詳述はご容赦を・・)

  • 基礎の断熱(内・外)はしないほうがいい。
    (理由・断熱材の中を通ってシロアリが侵入してくる危険が
     あるからです。どうしてもそうしたいのなら、きっちりと設計
     上の対策をすべきだと思います。)

  • 基礎の化粧モルタルもしないほうがいい。
    (理由・化粧モルタルも将来、剥離すると、その隙間から
     シロアリが侵入する危険があるから。一流の基礎屋さん
     なら化粧モルタルをしなくても充分、美観上もスベスベ
     仕上げることはできるはずです)

  • 新築時のシロアリ防除の際は薬剤の選定に注意したほう
    がいい。

    (理由・特に重篤のアレルギ-、気管支炎、アトピー等の人
     が、ご家族にいる場合はシックハウスの危険があるから
     注意しましょう。できれば「有害指定7物質濃度測定」
     してもらったほうが安心です。費用は約3~4万円です)

  • 床下がベタコンでも配管の穴の隙間や水抜き穴の隙間
    には注意したほうがいい。

    (理由・コンクリートの亀裂が起こらなくても、こういう隙間から
     侵入してくることがよくあるから)

  • 家の周囲に犬走等のコンクリートは多用しないほうがいい。
    (理由・コンクリートの下はシロアリにとって居心地がいいから
     です。個人的には砂利のほうが無難だと思います)

  • どんな工法でも最も大事なことは・・・
    「木部と地面の直接、接触する箇所をなくすること」が
    最重要。

    (理由・多くの場合、シロアリは地下から登ってくるので「木部と
    地面の接触している箇所」はシロアリにはしごを用意してあげる
    のと同じだから)

  • 基礎パッキンだけで通気が十分な場合と、不十分な場合
    があるので注意したほうがいい。

    (理由・これは土地環境と、周囲の建物群の有無にも左右され
     るので、事前の土地環境等の下調べ次第だと思います)

  • 雨仕舞の不備がシロアリを誘引することもあるので注意
    したほうがいい。

    (理由・雨漏りが原因でシロアリを誘引する・・というと信じられ
     ないかもしれませんがほんとです。信じてね)

  • 床下点検口は必ず設置したほうがいい。
    (理由・これがあれば素人でも床下を気軽にチェックすること
     ができるからです。定期的なチェックに優るシロアリ対策は
     ないと思います。それに床下に不具合が起こっても容易に
     調査&対処ができますし家は長く住むものですからね)

まだまだあるのですが、思いつくままに並べてみました。
それから入居後の注意点として・・・

  • 玄関周りの掃除をするときはなるべく水の使用は最小限
    にしたほうがいい。

    (理由・水でキレイにしたい気持ちはわかりますが、水分が
     シロアリを呼び込む場合があるから。なるべくホウキで掃除
     しましょう)

  • 家の周囲に不要な残材は置かないようにしましょう。
    (理由・シロアリを誘引することがあるからです。外回りも清潔
     にしておきましょう)

  • ガーデニングはなるべく外基礎から離して作りましょう。
    (理由・外基礎の際に木や花を植えて、基礎に日陰を作ると
     蟻道を作られることがあるからです。なるべく基礎に日光が
     当たるようにしておきましょう。特に椎茸の原木は家から離
     れたところに置きましょうね)


どうしても諸般の事情でこれらが実現できない場合もあると思います。
その時は事前にその対策を考えておきましょう。

たとえば、ベタコンができない基礎屋さんの場合とか、化粧モルタル
や基礎断熱についても、どうしてもそうしなければ都合が悪い場合・・
などは最悪の場合を想定して別のやり方でカヴァーするとか・・です。

下手な説明で意味が伝わったかしら?参考にしてくださいね。
ほんとは写真で説明すればわかりやすいと思いますが、生憎、写真の
整理が滅茶苦茶なままなので探す時間がないんです。
機会があったら写真付きで説明したい思っていますが、今回はごめん
なさいね。

あ、やっぱり、ザーッとでも適当に写真を載せましょう。
適切でないのもあろうかと思いますが大目にみてくださいね。

まず、これは防湿コンクリートの亀裂です。
2010,5,19.jpg 2010,5,19,028.jpg
022.jpg

こういう亀裂からシロアリが侵入した事例。
096.jpg
(蟻道がわかるかしら?)
098.jpg
(これならわかりますね)

043k.jpg

(コンクリートの下はシロアリにとっては居心地のいい場所です。
 だから、コンクリートの多用は「諸刃の剣」と思ってくださいね)040.jpg

みんな亀裂から蟻道が登ってきていますね。
103.jpg
(このように防湿コンクリートは蟻道をつくられることがあります)

(下の写真は、工事中に基礎と土台の隙間から羽アリが出てきた
 ときの写真です。ときどきこのように施工中に床下で羽アリと
 遭遇することがあります))
022a.jpg

008.jpg

018.jpg
(アップです。気持ち悪かったらごめんなさいね)

・・ということで終わります。
全然、整理されていない内容でごめんなさい。
この対策法とかは長くなりますので別の機会にさせてくださいね。

それでは来年も皆様にいいことがありますように。
最後までお付き合いいただいて心から感謝申し上げます。



ジョーク
ピロタゴラス
「人間は万物の尺度である。事物そのものに内在的な価値が
 存在するのでなく、各人の知覚に依存する。」

プラトン
「なるほど、優劣なんてものは、それを決定する人間の主観
 であるから、本来人は皆平等ということなんだな。
 
では賢者の思考と、愚か者や豚の思考に優劣は無いんだね。
 明日皆に、この国の政治を豚に任せてみればどうか聞いて
 みることにしよう。」

市民
「すばらしい!政治家より豚のほうが遥かにマシだ!」



nice!(29)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ゆでガエルとネズミと猫など。 [ネズミ]


みなさん、こんにちは。

すっかり更新が滞ってしまいました。
何か書かなきゃあと焦ってはいたのですが、自民党が
大勝して私はガックリ(笑)
記事を更新する元気もなくなっちゃった。

私的には日本はどんどん悪い方向に向かっているとしか
思えない。まあ、やっぱりこうなったか・・という思いです。
脱原発より経済が優先というのもわかるけど・・ぶつぶつ。

それに、営業努力もろくにしていないので御紹介したい
ような最新の施工事例というかネタが少ないんです。
元々、零細個人業者ですから仕事はそう多くはないしね。

まあ、過去の事例ならいっぱいあるけど、紹介する前に
写真の整理からしなきゃあならないのでメンドーくさい。
いかんなあ~、すっかり精神が弛緩している。

つまり、今の私は「ゆでガエル」状態。
ご存知とは思いますが「ゆでガエル」とは・・

熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねる。ところが
常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていく。
そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び
上がることができずにゆで上がってしまうという例え。


・・ですよね。

で、いきなり脈絡もなく・・シロアリは元々熱帯地方の虫です
から寒さが苦手です。
床暖房とか高気密住宅の暖かい床下なら注意が必要ですが、
冬場はシロアリも活動停止の時期です。

だから、私も活動停止&ゆでガエル・・じゃ困るんですが(笑)

というわけで最近の工事・・とも言えないですが・・の様子を
紹介します・・・といってもシロアリでなくネズミ駆除。
今の時期はネズミ駆除の依頼が多いです。

(写真は天井裏のネズミの糞。シミが困るんですよね)
009.jpg

大体、寒くなってくると、ネズミは家屋に侵入してくるみたい。
ネズミも生き残るために暖かい天井裏とかに移動してくるんで
しょうね。天井裏に敷き詰めた断熱材なんて暖かくて、ネズミ
には絶好の憩いの場でしょうね。

013.jpg

ネズミの実害として困るのは、オシッコのシミ・配線を齧って
ショートさせる・ドアとかあちこち齧る・徘徊する音がストレス

・・・などかしら。こういうことがなければ共存してもいいと思う
けど、やっぱり無理かしらね。

002.jpg

そういえば、昔、中学の授業で・・
「ネズミには、餌を与えれば悪さはしないよ。だから、ネズミを
嫌わないで共存しようね」
・・・と言っていた心優しい生物の先生を
想い出した。ああいう先生は好きだなあ。たぶん、もう亡くなられた
と思うけど。

004.jpg 001.jpg
(台所に食べ物をそのまま置くのは止めましょうね。
 ネズミの標的になりますからね)

{参考}
ネズミ駆除の基本は・・

  1. 食べ物はすべて容器に入れて、ネズミが侵入しても
    食べることができない状態にしましょう。

  2. ネズミの数が少ないと思われるときは粘着剤を仕掛け
    ましょう。なるべく壁際に置きましょう

  3. 数が多いと思われるときは殺鼠剤を仕掛けましょう。
    これもなるべく壁際に置きましょう。ネズミの通り道は
    壁際ですから。


  4. 参考までに、左脇に殺鼠剤と粘着剤の商品を載せて
    おきました。効果がないときは、殺鼠剤と粘着剤を置く
    場所
    を何回か変えてみましょうね。ネズミの通り道から
    外れていたら効果がない
    ですからね。

  5. 個人的には、殺鼠剤(ピンクの粒剤)が効くと思います。
    粘着剤は回収しないと、かかったネズミが腐敗するので
    ちょっとメンドーですからね。

それからネズミといえば猫ですね。
みーこの近況写真など勝手に載せてしまいます。

おかげさまで最近は猛ダッシュで家中を走り回っています。
といっても微妙に走り方がヘンですが、まあ仕方ない。

020.jpg 021.jpg

(いつものパターン。みーこがにゃんこにちょっかいを出して・・
最後はにゃんこに威嚇されておしまい)

018.jpg
(う~ん、悔しいニャァ~。お兄ちゃんにはかなわないニャァ~・・という顔)

でも、おかげさまで喧嘩できるほど元気になりました。
駄文に最後までお付き合いいただいて感謝します。

どうか皆様にいいことがありますように。



ジョーク
老夫婦、中年の夫婦、新婚の夫婦がバプティスト教会
への入信を求めてきた。
司祭は3組のカップルに試練を与えた。
「これから2週間、セックスを断つ事が出来れば、入信を
 認めましょう」

2
週間後、再び3組の夫婦が教会を訪れた。
司祭は老夫婦に尋ねた。
2週間、セックスをしませんでしたか?」
老夫婦はにっこり笑って答えた。
「はい。私たちは試練をやり遂げました」
「おめでとう。我が教会はあなた達を歓迎します」

次に司祭は中年夫婦に尋ねた。
2週間、セックスをしませんでしたか?」
「はい。最初の1週間は大丈夫でしたが、後半が
 大変でした。私は2晩もカウチで寝なければなり
 ませんでした。しかし試練はやり遂げました」
「おめでとう。我が教会はあなた達を歓迎します」

最後に司祭は新婚夫婦に尋ねた。
2週間、セックスをしませんでしたか?」
「いいえ。司祭様。私たちは1日も持ちませんでした」
「おお・・」
「我慢しようとは思ったんです。でも彼女が棚の上の
 電球を取ろうとして落っことして、それを拾おうと
 かがんだ瞬間、もう我慢の限界でした」
「残念ですが、我が教会はあなた達を歓迎できません」
「はぁ。それは仕方ありません。ですが、困った事に、
 それ以来、私たちはグロッサリーストアでも歓迎され
 ないのです」


グロッサリーストア(生鮮食品を除く一般食料品店のこと。)



nice!(39)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

原発はすみやかに廃炉にすべきです。 [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

もうすぐ投票ですね。私は政治には期待していないので
今まではテキトーに投票していました。でも、今回だけは
真面目に考えています。

というのは脱原発でも卒原発でもいい。とにかく日本から
永久に原発をなくしてほしいからです。

(写真は新潟東部太陽光発電所です)
http://www.pref.niigata.lg.jp/kigyosomu/1311022827576.html
019.jpg

その理由は、いろいろあるけど目に見えるものならともかく、
放射能なんて人間の手に終える代物ではないと思うからです。
いつまた大地震が起こるかもしれないし、あるいはテロ攻撃で
原発を狙われたらほぼ間違いなく日本は全滅でしょう。

013.jpg

もし、私が日本にテロ攻撃を仕掛けるとしたら、日本の17箇所
の原発のうち1~2ヶ所を通常兵器で攻撃するだけで核兵器で
攻撃するのと同じ効果を得ることができる・・と考えるでしょう。
実際、それだけで日本を壊滅させることができます。

ありがたいことに「日本全土にはほどよく原発はあります」からね。
(もしかしたら、これは日本を壊滅させるために誰かが仕掛けた
のかしらん?と陰謀論的なことまで邪推してしまいそうです)

014.jpg

だから、とにかく脱原発を真剣に考えている人に投票しようと
思っています。そうでない口先だけの政治家には投票しません。
以下は投票したくない立候補者のリストです。参考にしていただ
きたいと思います。
(このサイト、かなりドギツイ内容が多いですが、個人的には
正論だと思っています)

http://www.bllackz.com/2012/11/blog-post_30.html?utm_source=BP_recent

011.jpg

経済優先社会なんて、もう大企業の経営者以外は誰も思って
いないと思います。
つましくても心にストレスのない社会、自然と共存した優しい
社会
のほうがいいと思ってる人が圧倒的に多いと思います。
みなさんはどう思われるでしょう?

子どもたちの未来のためにも・・・。
{参考}http://www.bllackz.com/2012/12/blog-post_6.html


最後までお読みいただいて感謝します。
どうか皆さんにいいことがありますように。

(個人的には日本未来の党に期待しています。あるいは他党でも
 脱原発を明確に主張してる候補者を支持します)



ジョーク
あるテロリストグループが与党議員らが集まるホテルを占拠した。

彼らの要求は200億円もの身代金だった。

彼らはありきたりの犯行声明文を読みあげて最後にこう言った。

「我々の要求がのまれない場合、一時間毎に、ここにいる
 政治家達を一人ずつ解放していく」



nice!(48)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年最初の着雪。 [猫好き]


みなさん、こんにちは。

今朝(12月9日)、外を見たら真っ白でした。
今年最初の着雪です。太平洋側は晴天だそうですね。
いいなあ~。こっちはしばらく荒れた天気みたいです。

015.jpg

002.jpg

家内との会話。

  • もっと暖かい地方に行きたいね。

  • じゃあ、マレーシアとかタイはどう?

  • 外国じゃなく日本で暖かいところ・・。

  • じゃあ、伊豆とか?静岡?でも、静岡だって雪が
    降ることがあるよ・・。

  • う~ん、それでもいいかな。

  • でも、原発があるよ。もっとも刈羽がダメになったら
    新潟県だって逃げ場がないよね。

  • 日本中のどこにも原発はあるから安全じゃないよね。

  • じゃあ、やっぱり国外だ。マレーシア方面なら物価も
    安そうだし・・・(笑)

  • といってもねえ・・。踏ん切りもつかないし、だいいち
    お金もないし・・・。

・・なんて、どーでもいいような暗い会話をしています(笑)
日本ってほんとにもうダメかも、という気がします。
あ、また暗くなってしまった。

脱原発って、いつのまにか尻つぼみになりつつあるし、
政治を投げ出してトンズラした元首相が威勢のいいこと
言い出してるし・・恥の感覚がないのかな?

この国に未来はないような気がしてきました。
あ、またまた暗くなってしまった。

006.jpg

011.jpg

010.jpg

つまらんことを書いてしまいました。ごめんなさい。
我が家の希望の星はみーこちゃんだけだな・・なんて
思うこの頃です。

空元気でも出して頑張りましょう・・か(笑)

駄文に最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか、みなさんにいいことがありますように。



ジョーク

第1日目、神は牛を作られた。

神:「牛よ、野へ出て子牛を生みミルクをだせ。牧場の
   ために働くんだ。60年の寿命を与えよう」
牛:「60年も働くのですか?それはきつい。20年で
   十分です。あとの40年はお返しします」
神:「わかった」

第2日目、神は犬を作られた。

神:「犬よ、玄関に座って見張りをするのだ。誰か来たら
   吠えるのだぞ。20年の寿命を与えよう」
犬:「20年も吠えるのですか?長すぎます。10年で
   十分です。あとの10年はお返しします」
神:「わかった」

第3日目、神は猿を作られた。

神:「猿よ、猿真似をして人間を喜ばせろ。20年の寿命を
   与えよう」
猿:「20年猿真似なんて勘弁してください。犬も10年
   返したんでしょ。10年お返しますよ」
神:「わかった」

第4日目、神は人を作られた。

神:「人間よ、20年食べて寝て遊んでセックスしてほかに
   何もするな。ただ楽しめ」
人:「たった20年?それじゃあまりにも短い。牛と犬と猿
   の返した分をこっちにくれませんか」
神:「わかった」

そんなわけでわれわれ人間は、最初の20年楽しく遊んで
なにもせず、つぎの20年は家族のために牛のように働き、
次の10年は孫たちをあやすために猿真似をして、次の10年
は玄関に座って誰か来るたびに文句を言ってるってわけだ。

人の一生ってなぜこうなるかわかっただろ?



nice!(34)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

玄関に注意しましょう。 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

今日は先日の記事「新築時のシロアリ対策は・・」(11月21日)
の続きを書きます。
玄関については、まだまだお伝えしたいことがあるからです。

なぜ玄関にこだわるのか?というと・・たとえば同業者とこんな
会話をときどきするからです。

  • そちら(関東)では、床下がベタコンやコンクリート
    場合は羽アリの発生って、減っていますか?

  • そんなことはないですよ。
    床下がベタコンや防湿コンクリートでも、羽アリは発生
    しますよ。

  • 羽アリの発生する場所は、昔は圧倒的にタイルの浴室
    からだったけど最近はユニットバスが多いから浴室から
    はあんまり出ないでしょ?

  • そうですね。ユニットバスの場合は、羽アリが発生する
    確率は少ないですよね。そのかわりに玄関からの発生が
    ほとんどですね。あと、勝手口とか・・。

  • そうだよね。やっぱり・・・玄関や勝手口って多いよね。

  • もっとも玄関は昔も今も多いですよね。

・・というような会話です。
じゃあなぜそうなるのか、について私の経験から書いてみます。

まず、玄関といっても主に「上がり框(かまち)=靴を脱いで上がる
ところ」付近がよく被害にあいます。下の写真を見てくださいね。
DSCF1026.jpg
(矢印に筋状の点々が見えます。こういうところは押すと
 凹みます。つまり、内側がシロアリに食べられて空洞化
 が始まっているからです。だから、もしこういう症状が
 見えたら押してみましょうね)

事例①・・・で、上がり框付近の床下の写真が下です。
2009,9,21 045.jpg
(この場合はブロックを積んだ造りです。するとブロックの
 中の空間からシロアリが框に食いつくことがあります)

この右端上部をアップにします。
2009,9,21.jpg
(一見、なんともないように見えますね。でも・・)

矢印の箇所が実は空洞になっています。
ドライバーで突っつくと・・
2009,9,21  042.jpg

また、よく見ると蟻道が隠れていることもあります。
下の写真で蟻道がわかるかしら?
えっ、ゲジが気持ち悪い?ムカデよりは毒がないから大丈夫です。
D 028.jpg

事例②・・・それから次の写真を見てね。
こういう造りの場合もあります。
P6300025.jpg
(黒いのは防水シート?みたいです。
 実は撤去しましたがこの上に板が張ってありました。
 板を剥がすとこのように蟻道だらけでした)P6300026.jpg
地面と板が接触していたからシロアリにとっては好都合な
造りとも言えますね。

下の写真は蟻道の跡です。ちょっとわかりにくいですね。
すみません、昔の写真なので・・・。
P6300028.jpg

事例③・・・それから、次の写真は在来工法の玄関。
ちょっと昔はこういう上がり框が多かったですね。
新潟では今でもふつうに見られる玄関です。
H20,9,アメシロ 002.jpg
白で囲んだところが密閉空間になっています。
こういうところはほんとに危ないなあ~と思います。

で、大工さんが板をはがしたら・・・H20,9,アメシロ 010.jpg

ね、蟻道だらけですね。
H20,9,アメシロ 003.jpg

蟻道の多さにびっくりしました。
H20,9,アメシロ 011.jpg

この蟻道は床下に潜っても(密閉空間の中の蟻道ですから)
見つけられないですね。
羽アリが発生するまでなかなか気づかない場所です。

事例④・・・これは滅多にないけど、たまにこういう框の
の下もあります。
D 026.jpg
(束柱が土壌に埋まっています。シロアリにとっては超ラッキー
 な造りですね。蟻道を作らなくてもいきなり束柱に侵入でき
 ますから)

最後に上がり框ではないですが、玄関の柱の事例です。
下の写真を見てください。リフォーム途中で撮りました。
P6170033.jpg
(矢印のところがとても土壌に近いですね。コンクリート
 ですが、その下はすぐ土壌です)

アップにします。
P6170034.jpg
(柱の下部が食べられています。)

もっとアップに・・。
P6170035.jpg
(これでわかりますね。とにかく柱や木部はなるべく土壌から
 離れた造りにする
か、新築時にここだけでも薬剤を土壌に
 散布したほうが無難です)

上がり框の下が危険ということがわかってもらえたかしら?

最近はこういう造りは少ないと思います。
でも、ちょっと古い住宅はほとんどこういう造りです。
注意しましょう。

今日のポイントをまとめると・・・

  • 玄関周辺は、とにかく木部と土壌を接近させない造り
    したほうが無難です。
    どうしてもやむを得ない場合は、せめて玄関周辺だけ
    でも土壌処理
    (薬剤を撒くこと)をしておけば安心です。

今日の事例は防除士の人からすればよく遭遇する珍しくも
ない写真ばかりだったと思います。でも、一般の人は知らない
と思うので紹介してみました。少しでも参考になったら幸いです。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆さんにいいことがありますように。



ジョーク
気合を入れ直さなければならぬと感じ取った株主はCEOを
すげ替えた。 新米CEOはサボりーマンの一掃を企てる。 
社内見回りに余念のない新CEOは壁に寄りかかっている輩が
目に止まる。 
ちょうどたくさんの従業員が働いている場所だし、オレ流の
仕事のやり方をみんなに示す絶好のチャンスだと考えた。

その輩に近寄る新CEO;
「キミ、キミ、君の週給はいくらだね?」

このオッサン何を考えてんねん、若者はそんな目で新CEOを
眺め、返事をする;
「200ドルだけど、それがどうだってんだい?」

新CEOは若者に200ドル紙幣を手渡し、怒鳴りつけた;
「さあ、週給をくれてやろう。それでだ、すぐさま出て行き
 やがれ。出社に及ばず!」 

首切り第一号に気分爽快、新CEOは得意顔で職場を見渡し
さらに印象付けようとする;
「あの怠け者が職場で何をしていたか報告したいという者は
 おるかな?」

従業員はゴマスリ的にニヤリとする。一人がつぶやいた;
「アイツはピザ配達屋でしたよ。」



nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

おかげさまで・・。 [猫好き]


みなさん、こんにちは。

おかげさまで、みーこは歩けるようになりました。
といっても、ときどき腰砕け?みたいな・・酔っ払ったような
といいますか、完全ではありませんが。

004.jpg

主に3本足で歩いてるようです。
でも、30センチくらいの高さならジャンプもできます。
また、元気になるにつれて外ばかり見つめています。

でも、今度ばかりは外へ出す気はありません。
もし、外に出て同じような事故にあったら、回避できるほど
の力はないと思っています。

002.jpg

だから、もう一生、家猫だよ・・と言い聞かせています。
それにはにゃんこをまず家猫にしないと・・。
今までも、にゅんこが外に出る瞬間を狙って、一緒に出て
いたからです。

にゃんこは玄関を前足でこじ開けて出ることができます。
だから、最近は常時、玄関も鍵をかけています。

005.jpg

しかし、みーこを抱っこするたびに、あの道路場で倒れていた
光景。ピクとも動かなかった光景が蘇って、ぞっとします。
そのときはほんとに即死に思えました。

動かないみーこを抱っこして、家の座布団に寝かせたときも
まったくの無反応。どうみても助かる兆しはないように見えました。
火葬場からお寺の段取りなど・・考えましたから。

008.jpg

それが、今。こうして動いている姿を見るとほんとに奇跡、
というか、幸運というか、ものすごい確率だったのだなあ・・
と、しみじみ思います。

当地では昨日(12月2日)、今年初めての雪が降りました。
これって、運がいいと思っています。
なぜって、猫が外に出たがらなくなるからです。

家猫にするいい機会なので、このまま一気に外を諦めさせる
ようにしようと思っています。だから、家でも遊んでやって、
外への興味をなくさせよう・・とか思っています。

001.jpg

しかし、困ったことに猫は労働意欲を消滅させます。
だって猫の寝ている姿を見ると、つい添い寝をしたくなるから。
そう言う意味では猫は悪女に似ているなあ~と、思います(笑)

お前たちのためにも稼がないと・・ぶつぶつ。

006.jpg

最後までお付き合いいただいて感謝します。
なんだか、シロアリの記事を書くのが億劫になってきました(笑)
このブログ、猫ブログにしちゃおうかなあ~ウソウソ。

それではみなさん、ごきげんよう。
みーこのご心配をいただいて心からお礼申し上げます。
どうか、皆さまにいいことがありますように。
ありがとうございました。



ジョーク
真夜中、女医のマリーとその夫がベッドで寝ていると、
枕もとの電話が鳴った。
それを受けたマリーはすぐに飛び起きると、服を着替えだした。
「いったいどうしたんだマリー?」
「誰か知らないけど、女の人が「すぐに来て!こないと死ぬ」
 って叫んでたのよ!」
夫はしばらく考えると、ゆっくりとこう言った。
「……オーケー、マリー。それはきっと君にかかってきた電話
 じゃないよ」 



nice!(37)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅