So-net無料ブログ作成

シロアリ屋のありふれた日々 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

個人的な事情でバタバタしています。
更新も滞ってしまいました。でも、たまには書かないと申し訳ない
ので・・・
で、今日は日々のバラバラな仕事写真で、お茶を濁します(笑)

少しでもみなさんの参考になればいいんですが・・ぶつぶつ。
まず、これを見てね。
001.jpg 002.jpg
ここは押入れの天井です。

シミが見えます。アップにしますね。
003.jpg
これはハクビシンのウ●コ&オ●ッコの跡です。

天井裏はこんな感じになっていました。下の写真です。
013.jpg

017.jpg
断熱材がグチャグチャですね。
かなり前から天井裏を住処にしていたようです。

これがウ●チ。汚くてすみません。あ、この写真、最近もお見せしましたね。
二度も臭い写真をごめんなさい。
027.jpg 029.jpg

これが足あと。
029 - コピー.jpg

で、侵入口は?
実はこれが難しい・・ここらしいけど・・ぶつぶつ。
035.jpg 041.jpg
断定はできないんです。試行錯誤で対処してます。
ハクビシンって、私にはとっても難しい・・です。

えーと、次はシロアリです。
よくある光景です。前にも似たような写真をお見せしたことが
ありますが、これは最近、撮った写真です。
024.jpg

矢印のところをアップにすると・・
027.jpg
もし、玄関にこのような兆候が見られたら注意しましょうね。

ちなみにこの床下側は・・こんな感じになっていました。
シロアリ屋には珍しくない光景ですよね。
007.jpg 013.jpg

017.jpg

こういう写真って今までに何度も載せましたので、もう食傷気味
かもしれませんね。
015.jpg

016.jpg

えーと、ついでにこういうこともあります。
ここは某工場の事務室。床下がない造りですがシロアリに
やられて外壁の下地(胴縁と土台)を交換中です。009a.jpg

私がお邪魔したときは、既に被害箇所は撤去されていたので
写真を撮ることができませんでしたが・・大工さんと一緒の作業です。
あ、下の白い泡は薬剤です。これは効きます。
005.jpg
市販はされていないけどネットで手に入りますよ。1本あると便利です。
(エバーウッドムースエアゾール)。参考までに右脇に広告を載せました。
飛び散らないので安全かも。あはは、宣伝してますね。

(あ、ついでに・・メール相談で、具体的な薬剤名を教えて・・というのが
多いので、私なりにいいと思うものだけをアマゾンで探して広告を載せて
あります。参考にしてくださいね)

後は最近の新築防除の光景。どうってことない写真ですね。
P8010025.jpg P8010020.jpg
P8010015.jpg P8010008.jpg

・・ということでお茶が濁せたかしら(笑)
シロアリ屋のありふれた日常的な仕事風景でした。

あるときは天井裏にもぐったり、あるときは床下にもぐったり、
みなさんの”困った”に対応するのが私の仕事です。
あ、ハクビシンはときどき依頼を受けますが、うまくいったり
いかなかったり・・・です。お恥ずかしい。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
それではみなさんにいいことがありますように。



ジョーク
結婚するのは判断力の欠如

離婚するのは忍耐力の欠如

再婚するのは記憶力の欠如



nice!(43)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

バカボンの友だち [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

いきなりですが、私のお客様に赤塚不二夫の親戚の方がいます。
その方から聞いた話・・・

  • 不二夫ちゃんのお父さんの実家は新潟なんだ。
    井随(いずい)というところ。私の母親の弟が不二夫ちゃんの
    お父さんでね・・。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E9%9A%8F%E6%9D%91

  • へーっ、そうなんですか。たしか子供の頃、赤塚不二夫
    とはよく一緒に遊んだと言っていましたね。

    005.jpg

  • うん、不二夫が奈良から帰ってきて・・あ、お母さんが奈良
    出身なので、満州から帰ってきて奈良にいて、・・それで、
    その後、お父さんの実家は新潟なのでこっちに来たんだ。



  • へーっ、それで一緒に遊んだんですね。


  • うん、不二夫は私よりふたつくらい年下なんだ。
    数ヶ月だったと思うけど、不二夫の家族はわたしのうちに
    いたことがあってね・・だからよく一緒に遊んだよ。

    006.jpg

  • それで赤塚不二夫って、どんな人だったんですか?
    当時から漫画を描いていたんですか? 


  • 描いていたよ。とても絵は上手だったよ。
    そういえば、手作りの幻灯機というか、ダンボールの箱の
    上を繰り抜いて、そこに電球を入れて、側面に漫画を差し
    こんで・・つまり、映写機みたいにして一コマずつ壁に映すの。



  • へーっ、電灯的紙芝居みたいですね。


  • そうそう、それでみんなを楽しませていたよ。

    008.jpg

  • 不二夫のお父さんは満州から一緒に帰ってこなかったん
    ですか?


  • うん、お父さんは警察官だったと思う。それで終戦後、抑留
    されてしまってすぐには帰ってこれなかったんだ。
    でも遅れて帰ってきたけどね。それから地元の農協?だったか
    で働いていたようだよ。バカボンのパパは不二夫の”お父さん”
    がモデルだよ。



  • 不二夫は中学を出てから新潟市の広告屋に勤めたんですよね。
    映画の看板なども描いたんでしょうかね?


  • うん、詳しくはわからないけど、とにかく絵を描くのが好きだった
    からね。その後に東京へ行ったようだよ。



  • ところで、前にトキワ荘にも行ったことがあると、おっしゃっていま
    したよね。


  • うん、私の母親と一緒に行ったことがあるよ

    010.jpg

  • トキワ荘って、有名ですけど、どんなところだったんですか?


  • まあ、木造のふつうのアパートだよ。でも、仕事場は近くの
    別の場所・・たしか、紫雲荘だったかなあ?
    その頃は、トキワ荘にはお母さんがいて面倒見ていたんだ。
    不二夫は紫雲荘にいるから、行ってらっしゃいと教えてくれ
    たんだ。


  • で、行ったんですか?


  • うん、そしたらアシスタントの女の子がいてね。
    ともこさんだったかな?一生懸命手伝っていたよ。
    まだ、あんまり売れていない頃で苦労したんじゃないかな?

    当時はお父さんは新潟にいて不二雄が売れっ子になって
    から、東京に来てマネージャー的?なことをやっていたみたい・・。



  • あーっ、ともこさんって、その人が奥様になった方ですね。


  • そうそう。ふたりとも若かったよね。

・・・きりがないのでこのへんで。

他にもいろいろ話を伺ったのですが、赤塚不二夫って、やっぱり
漫画については天才的な人だったらしいです。
それと、ふだんは大人しくてギャグ的?な人ではなかったらしい。
まあ、そうですよね。作品と人とは別ですもの。

個人的には赤塚不二夫って大好きです。
幼少期は満州で兄弟が亡くなったり、相当な修羅場を経験して
いたのではないのかと勝手に思っています。
後半のギャグ漫画には一種の凄みさえ感じました。

今更ながら、ご冥福をお祈りいたします。

●●様、面白い話を有難うございました。

最後に赤塚氏の名言。
  • 世の中に友情と欲情ほど良いものはない。

あはは、でも凄い名言もいっぱい残してますからぜひ読んでくださいね。
参考  http://matome.naver.jp/odai/2128442833100768001

     http://www.koredeiinoda.net/


まあ、思わぬところに思わぬ人と親戚だった・・なんて人がいる
ものですね。 みなさんにも、きっとアノ有名人と知り合い・・なんて
人がいるんでしょうね。 もっとも知っていても言えないようなことって
あると思いますが。 
なんか”2チャンネル化”?してきたので止めましょう(笑)

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
どうかみなさんにいいことがありますように。


ジョーク

低学年担当のうら若き女性教師がクイズを出した。 
後ろで持っているものは何でしょう、丸くて食べられる
ものです。

ジョニーの推測はリンゴだった。 

先生;
「残念でした、オレンジでした。でも、君の考え方は、
 先生いいと思うわ。」

次はジョニーの番。 
ボクのポケットに長くて硬いものがあります。

先生の顔は真っ赤になって、、、やっとのことで声が
出せるほど;

「ジョニー、よくもマアそんなことを!」

ジョニー;
「残念でした、鉛筆でした。でも先生の考え方、ボク、
 いいと思うな!」



(なんか、このジョーク、前にも紹介した気がします??そうだったら、すみません)



nice!(45)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

やっと桜が・・・ [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

関東地方では、そろそろ桜が散ってきた・・ような記事も
見受けられますが、新潟ではやっと少し咲いてきました。
今更ながら日本って細長い国だなあ~と思います。

今日は仏教について仕入れたばかりの話を書こうと思って
いましたが、いや、これが難題。今、消化不良を起こして
いますのでしばらく後になりそうです。ごめんなさい。

で、しかたがないのでバラバラな記事でお茶を濁します(笑)
まずはこの絵を見て下さい。良い感じですねえ~。
(安達住職様、「蛇足」最新号を送っていただいてありがとう
 ございました。心からお礼申し上げます)
IMG_0002.jpg

で、次はうちの裏の駅の桜の様子。
まだ、こんな感じです。
011.jpg

008.jpg
あと、2~3日で満開の予定?

これは畑仕事をしている家内。やっと畑にも春が・・。
010.jpg

うちの梅はこんな感じ。
004.jpg 005.jpg

うちのミーコはこんな感じ・・
昼間は寝てばかり・・寝る子は育つ(笑)
001.jpg

最近の調査から少しだけ。
ハクビシンのウ●チはこんな感じ・・(笑)汚くてすみません。
027.jpg 048.jpg

最近の新築工事はこんな感じ・・。
003.jpg 027.jpg

今年は大雪だったので、羽アリの発生も遅れそうな感じです。
どうか、仕事がたくさんありますように。

あっ、このブログにお付き合いいただいているみなさんの
お宅からはどうか、羽アリが発生しませんように(笑)

・・って、な~に、書いてんだか。矛盾してますね。

どうってことない記事に最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか、みなさんいいいことがたくさんありますように。
ありがとうございました。

ジョーク

ゴルフに出かけた女性、林のなかにボールを打ち込んでしまう。 
ボール探しで林に入った女性、ワナにかかったカエルを発見。


カエル;
「ワナから放してくれたら、3つのお願い事をきいてあげます。」

助けてくれた女性に感謝のカエル;
「すみません、言い忘れましたが、願掛けは条件付なんですよ。 
 どんなお願いをしてもいいのですが、あなたのご主人には、
 その10倍実現してしまうのです。」

女性;
「問題ないわ。」
最初の願いは、世界一の美人。


カエルの警告;
「この願掛けをすると、ご主人は世界一の男前になってしまい
 ますよ。よろしいのですね。」

女性;
「問題ないでしょう。私は世界一の美女なんだし、主人が目を
 向けるのは私だけのはずよ。」
というわけで、おまじないのカザム(KAZAM)。世界一の美女誕生!


二つ目の願いは、世界一の金持ち。
カエル;
「ということは、ご主人が、あなたの10倍の世界一の金持ちに
 なるということになりますが、よろしいですか?」

女性;
「問題ないでしょ。私のものは彼のもの、彼のものは私のもの
 なんだから」
というわけでおまじないのカザム。世界一の金持ち誕生!


いよいよ最後の願掛け。 
カエルのリクエストに答える女性;

「軽い心臓発作にしてちょうだい。」




nice!(47)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

仕事の虫的工務店 [シロアリ]



みなさん、こんにちは。

今日はお付き合いいただいている工務店の話です。
シロアリ屋という職業柄、多くの工務店や大工さんと今迄
おつきあいさせて頂きました。

その中でも突出してヘンな社長のいる工務店がこちら。
あ、ヘンというのは褒め言葉です。 というのは、ここの
社長がヘンな人。とにかく徹底した「仕事の虫」なんです。

左脇のリンク集でも紹介してますが、会社はこちら・・・
http://www.morokou.co.jp/

(写真は勉強会の様子です。お客様の喜びの声や感謝の手紙
 などを発表されると、職人さんも嬉しいもの・・ですよね)
045.jpg

しかし、年中、仕事をしていて休むということを知らないみたい。
ということは、仕事が好きで好きでしようがないんでしょうね。
だって、義務感だけではこうも続かないでしょう。

ヘンなこと・・を思いつくままに並べると。

  1. 車で30分以上かかる地域は仕事を受けない。
    (理由は、それ以上かかるとアフターがおざなりになるから)
  2. どんな小さなお客様の要望にも、損得度外視で徹底して
    親身になってアドバイスをする。
    (理由は、地域密着というか、ほんとのお客様本意だから)
  3. 住宅の完成後のチェックがすごく厳しい。
    (これは当然といえば当然ですが、徹底するのはふつうは
    難しいですよね。でも、それをやっている)
  4. 現場の掃除が一日5回と徹底している。
    (これも、ふつうはしませんが、徹底してます)
  5. 毎月の勉強会も徹底してやる。
    (これも、大手に負けないくらい毎月必ず徹底してやります)


たぶん、仕事=遊び=飽きない趣味・・なのかしら?
仕事=遊びって、最高の自己実現・・だと思うのですが。
どうなんだろう?休日にもたまに会社にお邪魔すると大体
社長は出社しているようだし・・・。

(こういう勉強会は職人同志も密に知り合いになれるので、自然と
 家族的な雰囲気が育まれていいなあ~と思っています)
 
053.jpg

う~ん、実は私はうらやましい。
そこまで私はシロアリ業が好きだろうか?と自問する。
私の場合の答えは、第一に「生活のため」、第二に「お客様が
喜んでくれること」かなあ~?第二が第一だと言いたいけど無理。

とにかく私は徹底した「仕事の虫」にはなれそうもないな。
シロアリという虫を駆除するのが私の仕事だけど・・ぶつぶつ。
ほんとはそうなりたいけど・・・ぶつぶつ。

(写真は職人さんが必死で与えられたテーマについて考えている様子。
 正解はないんです。考えるのが大事なんです・・とは社長の口癖)
054.jpg

みなさんはどうですか?
自分の仕事は天職だ!って思っているかしら?
これも考え方一つなのかしらね?

(テーマについての各自が思うことを発表しているシーン。
 といっても、堅苦しくなくて和気合い合いの雰囲気です)
042.jpg

あるレンガ職人の話を思い出しました。
Aという職人は・・・
「毎日、毎日、レンガを積むだけの繰り返しでつまらないなあ~」
Bという職人は・・
「どうやったら、レンガをしっかりと、しかも早く積めるだろう?
う~ん、こうしてみよう、ああもしてみよう・・」と工夫することに
尽きせぬ興味を抱いて毎日が充実。

Bのほうが「成長」するでしょうね。これって、どんな些細なこと
にも尽きない面白さがあるんだよ・・ということなんでしょうが。
また、何事もやってみないとわからない・・とも言えそうですね。

私はどうなんだろう?きっとA派だな、飽きっぽいもの。
・・というようなことを言っているから、ダメなのかしら?(笑)

(いろんなテーマについて社員さんからも指導が・・
 よっ!渡辺さん、いい声してるなあ・笑)
051.jpg

今日の記事は仕事を貰っている工務店へのゴマすり記事に
思えたかしら?そうじゃないんですけどね。
まあ、とにかく「高い理念」をもっている珍しい会社だからです。

「高い理念」に私は弱いんです。
だって、ほとんどが「理念」なんてもっていないし、実行もして
いないで「目先のこと」しか考えない・・のが現状ですから。
この会社の目標というか夢は「日本一の工務店になること」だそうです。

日本一とは建築棟数ではなく「仕事の質」で日本一になること。
ハードの面ももちろんですが、ソフトの面でも日本一になること。
簡単にいえば「あそこの工務店なら絶対、間違いないよ」と、安心
して仕事を任せてもらえるような評価を得ること・・かしら。

(外人の職人さんもいます。彼はたしかオーストラリア出身だそう)
039.jpg

でもね、白鳥は優雅に湖面を泳いでいるように見えても、水面下
では必死に足で水をかいでいるんですよね。 だから「高い理念」
を実行し続けるのって、けっこう大変なんだ・・と想像してます。

大手のハウスメーカーでなくても、こういう工務店もあるんだよ、
・・ということを知ってほしいので記事にさせていただきました。

(ゴールドナゲット賞ももらっています。詳細は下記を見てね)
http://www.morokou.co.jp/gold.htm  

syachou.jpg

みなさんはA派?それともB派?どっちかしら?
あはは、余計なお世話ですよね。
失礼しました。

雑談に最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか、皆さんにいいことがありますように。
ありがとうございました。



ジョーク
「おたくの旦那さん、朝起きたらいつも何て言うの?」

「そうね、たいていは『おはよう、スーザン』かしら」

「で、奥さんは何て答えるの?」

「『あたしはキャシーよ』」




nice!(36)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

竹パウダーと夢を追う人々。 [炭]


みなさん、こんにちは。

今日は先月、某NPO団体の主催で行った、はじめての会合
の様子をお伝えします。

竹や炭に興味がない方には退屈かもしれませんので、パス
してくださいね。

会合の目的は(仮称は「バンブー・ネット」だったかしら?)
主に、竹と炭を中心にした組織を立ち上げて、竹林の活性化、
および竹の情報交換&世界に貢献しよう・・的な有志の集まり
です。

まあ、それぞれが単独で行動するよりも、横の連携を強くして
情報交換&「組織で国や県にいろんな提案」をできれば効果的
というか・・・一人では難しいことも、組織としてなら実現性が高い
・・ということでしょうか。

みなさん、初対面の人ばかり。
私も誘われたので参加させてもらいました。10人弱の集まり
でしたが、それでも、その熱気というか、みなさんのヤル気に
は凄いなあ~と感心しました。とても勉強にもなりました。

で、竹パウダーって聞いたことありますか?

炭をパウダーにする場合もありますが、竹パウダーとは
生の竹をそのまま粉砕機で細かく砕いたものです。

033.jpg 036.jpg
http://bio-house.jp/?p=371

で、どういう用途があるかというと、主に土壌活性剤として
かなり強力な力があるそうです。 EM菌みたいな感じかしら。
生ゴミ・・・たとえば、魚の骨は一週間位で跡形もなくなるほど
分解されるそうです。 これは竹パウダーに着生する有用菌
のはたらきということです。

竹林に竹パウダーを撒くのは数年前から、私たちの町でも有志
の方が既に実行しています。

032.jpg 037.jpg
http://www.iseki-sangyo.com/index.html

実は、全国的に竹林が荒れています。
理由は、竹の子生産業者に「跡継ぎ」がいないこと。
山林についても同じことが言えるそうです。

良質の竹の子を採るためには、竹林の竹を間引かなければ
なりません。理想的なのは一坪の広さに一本の竹。
「竹林の中を傘をさして歩ける」くらいが最高だそうです。

ところが、この間引く(間伐する)作業が重労働。

(実際に私もやってみましたが、竹って弾力があって、しなる
ので目を痛めてしまいました。大した傷では無いですが、竹は
注意して扱わないと怖いというのはほんとですね)

028.jpg 078.jpg

そこで、間伐した竹をその場で竹パウダーにして竹林に撒けば
一石二鳥というわけです。竹林も整備できるし良質の竹の子も
生産できるわけですから。

あるいは、農家の方の・・たとえば茄子やトマトを生産した時に
できる廃棄物・・これって、けっこう大量に出るそうです。茄子や
トマトの茎って、けっこう固いし太いんですよね。

で、これはドラム缶を改良した簡易型装置で、その場で焼いて
炭を作って、それを畑に撒く。すると土壌活性剤になります。
土が元気になりますからこれも一石二鳥ですね。

015.jpg 025.jpg

また、発展途上国では炊事のための煙害で年間200万人の
子どもたちが亡くなっているそうな。知りませんでした。

で、煙が出なくて炊事ができて、尚且つ、炊事後に燃やしたもの
が炭になる装置を開発した人がいます。その炭は畑に撒いて
活用するわけです。

「夢は・・たとえば、東ティモールに行って、こういう簡易型装置を
普及させて子どもたちを救いたいんです。それには現地にある
ドラム缶や使えそうなブリキ缶で簡単に作れなければなりません。
でも、ぜひそれを実現させたいんです


・・・と、熱を込めてk氏は語ってくれました。
実現するとほんとに素敵だと思います。

072.jpg 048.jpg

このように、みんな夢に向かって一直線の人ばかりが集まりました。
年配の方もいましたがヤル気まんまん。夢をもつことに年なんて関係
ないなあ~・・と思いました。

073.jpg 026.jpg
http://charcoalblacks.org/

・・・で、お前はどうなの?
と、自分に問いかける。なぜ、自分の技術を現地の
困っている人達のために活かそうとしないの?
発展途上国でもシロアリの被害ってすごいんだよ・・と、
以前、某氏に言われたことを思い出しました。

だって、自分の生活もままならないのに。すると・・。

それは言い訳だよ。
よーするにヤル気がないんだ・・と、一蹴されちゃった。
そうかもね、たしかにヤル気がないのかもね。
夢を持とうとしないんだね、お前は。いつも口ばっかりだね。

キツイなあ~。痛いとこ突かれたなあ~。参った。
と、うじうじぐだぐだ・・する私でした。

彼らがとても眩しく見えた一日でした。

055.jpg 077.jpg

あー、途中から、わけわからんことを書いてごめんなさい。

とにかく夢を持つことなんて・・真剣に考えたこともない。
心が貧しいんだ、私は。
夢を持つことって、きっと、とっても大切なことなのに・・・。
いつも立ちすくんでばかりいる自分。

私の中に何かが欠如しているんだ。きっと。
ずーっと、それを探しているんだけど、それが何なのか、
未だにわからないんだ・・ぶつぶつ。
私はどーせ、偽物の・・つまり、似非ディレッタントでミーハー
なんだ・・ぶつぶつ。

最後はすっかりつい愚痴になっちゃった。すみません。

駄文にお付き合いいただいてありがとうございます。
どうか、みなさんにいいことがありますように。

(今日のジョークはこれで載せるの三度目です。
 お気に入りのジョークなので何度も載せたい気持ちです(笑))


 <ジョーク   {引退後の生活}

これはジョークなのですが、ジョークで終わらせるのが惜しい内容
なのでここに紹介します。まさに生き方の問題です。 


あるアメリカ人ビジネスマンがメキシコの海岸沿いの小さな村の桟橋
にさしかかると、小さなボートに乗ったひとりのメキシコ人が海から
帰ってきたところだった。収穫は大きな生きのいい魚、数匹。 

アメリカ人はなぜもっと時間をかけてたくさん捕って来ないのか尋ねた。 
メキシコ人は、これで家族が食べるには十分だと答えた。 
アメリカ人は、今日の残りの時間を何するのか尋ねた。

メキシコ人はこう答えた。
「今日は遅く起きて、魚を何匹か捕ったので、あとは子供と遊んで、
女房と一緒に昼寝して、夕方になったら村に出かけて友達とギター
でも弾きながら酒を飲むんで、結構忙しいんだよ。セニョール。」 

アメリカ人はばかにして、
「私はハーバードでMBAを取ってるんだ。いいか、教えてやるが、
もっと漁をして魚をたくさん捕れば、大きなボートが買える。そしたら
更にたくさん魚が捕れて、そのうち船団を持つことだってできるぞ。」 

「そうなるには、何年かかるかね?」
 
「15~20年ってとこだろう。」 

「で、そのあと、どうする?」
 
「会社を上場して株を売って、百万長者だ。」
 
「百万長者になったら、どうする?」 

「引退して、どこか海辺の村にでも引きこもって、朝寝坊して、釣りでも
して、子供と遊んで、家内と一緒に昼寝して、夕方になったら、友達と
ギターでも弾きながら酒を飲むのさ。」 

 



nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

インドの子どもたち・・。 [インド巡礼]


みなさん、こんにちは。

インドで見かけた子どもたちについて書いてみます。
子どもたちは、みんな生き生きとして屈託がなさそうでした。
でも、これはあくまで旅人の目からはそう見えただけ・・。

この子は大きな袋を抱えて、ゴミクズ?の回収に各商店を
回っていました。 幸い、どのお店からも邪険に扱われている
雰囲気は感じられなかったのでほっとしました。

785.jpg

この子は宗教的?な歌を歌って物乞いしていました。
どう対応していいのか・・・困りました。とても奇麗な声でした。1261.jpg

なぜか、寂しそうな子・・・
1218.jpg

でも、一瞬で屈託のない表情に変わります。それが救い。
235.jpg

241.jpg

ぞくぞくと集まってくる物乞いの子たち・・。1227.jpg

お母さんに連れられて・・どこに行くんだろう?747.jpg

少しの間だけガイドさんの助手をしていた少年。
写真をちょうだい、と言われたけど生憎ポラロイドじゃないしなあ。1505.jpg

笑い声の絶えない子どもたちの集団。
1126.jpg

この子たちは恵まれた家庭みたい・・・。1548.jpg

道路脇でパフォーマンスをしていた兄弟。
回転宙返りと踊りがすごく上手だったけど・・チップを
要求していました。でも、車中からなので無理。ごめんね。
1501.jpg

この子たちは学校とは無縁みたい。
1130.jpg

祇園精舎の鐘の前で、やはり大声で歌う物乞いの少女。
まるで自分が試されているような複雑な気持ちに・・。
519.jpg

この兄弟は物乞いではないです。身なりもちゃんとしています。
お兄ちゃんが妹をしっかり守っている・・。
1021.jpg

悪ガキ・・でもないか。
1329.jpg

これはしつっこくついて来た物乞いの子。
対応に苦慮します。どうやら彼等は視線を合わせた瞬間に
カモれるかどうか判断するみたい・・たくましいなあ~。
1231.jpg

農村部の子ども・・どこにいたんだろう?
あっという間に湧いてくる感じ。
396.jpg

赤ちゃんは演出?いや赤ちゃんも慣れている感じ。
234.jpg

子どもたちの視線が・・痛い。
明るい瞳が、笑顔が、屈託のなさが・・・痛い。
その逞しさが‥・痛い。

自分が試されている・・・。
お前はこの子どもたちにどう対応するのか?

このろくでもない世界と、お前はどのように折り合いを
つけるのか?結論の出ない問題をつきつけられて
おろおろするだけの私。・・・そんな気分でした。

世の中こんなものさ・・と、合理化だけはしたくない。
少なくともわかったようなことは言いたくない。
・・・そんな気分でした。

やはり、こちらでも色の白い人間が上位にいるようです。

一体、肌の色がどうだというんだ!
・・かといって私にはどうにもできない。
くたばれ!カースト制!・・と、強く強く思いました。

どうか、この子どもたちの未来に幸あれ・・ぶつぶつ。

あーっ、暗くなってしまった。すみません。
インドの裏面を序々に知ってしまったら、なんて自分は
ノー天気だったんだ・・と思い始めています。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうかみなさんいいいことがありますように。


ジョーク

サラとルイーズは昼食で落ち合った。 
話題は子供の教育。 

サラ;
「昨日の晩、息子の先生から電話があったわ。」


お気の毒という口調でルイーズが受け答え;
「アラ、マア! まずいことでもあったの?」


サラの説明では、息子が算数で進級できないという通知
だと言う。


ルイーズ;
「厄介なことだコト!先生、お坊ちゃんの救済策でも
 授けてくれたの?」


サラ;
「まあね、先生が言うには、息子の宿題をするな、って。」




nice!(44)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

白蛇の神社 [ありがとう]


みなさん、こんにちは。

最近のTVでは桜の開花のニュースが多いですが、新潟県は・・?
といえば、こんな感じです。というか昨日、家内に連れられて
長岡に行ってきました。

051.jpg

行き先は高龍神社。 商売の神様として地元では有名ですよね。
これで何度目だろう?
ご神体は龍だそうですが、その使いである白蛇のほうが有名です。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/rekishi/jinjya/kouryuu.html
005.jpg
008.jpg 007.jpg

かなりの急傾斜の石段を登ります。45度くらいの感覚です。
途中まではエレベーターで。神社はまだまだ上です。
013.jpg 014.jpg
018.jpg 029.jpg

やっと到着。
019.jpg

しかし、雪がまだまだ多いなあ~。
037.jpg
027.jpg 024.jpg

お酒と卵を供えます。蛇だから卵が好き?らしいです。
022.jpg 025.jpg

龍の石塔です。
033.jpg 039.jpg

まあ、例年のことですが、今年は特に大雪でした。
030.jpg

そういえば地震でこのへんも被害を受けたんだった。
地震後に来た時は石段もガタガタでした。
031.jpg
 
・・と、どうということはない記事でした。

聖書的にはねえ、蛇は悪者で好きになれないなあ・・というのが
本音です。でも、これは動物差別ですよねえ・・ぶつぶつ。
あ、別にクリスチャンではないですが。

私の友達が商売に困ったときに、ここにきたら途端に仕事が舞い
込んで霊験あらたかだったそうですが、私もそうなるかしら?
・・なんて疑問を抱いちゃダメなんですよね、きっと(笑)
私はドライブ半分の気持ちでした・・と、家内には内緒(笑)

こういう誰もいない閑散とした光景が妙に好きなんですよね。
廃墟マニアじゃないですが。人ごみが嫌いだからかしら?

038.jpg

いきなり・・これはうちの畑のふきのとう。
天ぷらにして食べちゃった。2~3年前に植えたら、けっこうな
収穫でした。こういうのが田舎のいいとこかしら?
010.jpg 006.jpg

みなさんのところより春は遅れています。
桜はまだだけど、こういう景色も凛として悪くはないですよ・・なんて(笑)

中身のない記事に最後までお付き合いいただいて感謝します。
そろそろ仕事の記事でも書かないとね。

それではみなさん、ごきげんよう。
みなさんにいいことがありますように。


ジョーク
「パパ。昔の中国では、結婚するまで花婿は花嫁のことを
 知らなかったって本当?」

「息子よ。どこでもそうなのだよ。どこでも」



nice!(37)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

烏兎怱怱(うとそうそう) [インド巡礼]


みなさん、こんにちは。

今回の旅で多くの住職さんとお話ができて、私としてはとても
幸運でした。 だって、住職さんというと、ふだんは敷居が高い
・・というか、こっちも御行儀よくしないとイケナイみたいな雰囲気
ってないですか?

まあ、私はアホを自認しているので気軽に質問できましたが。
でも、やっぱり波長の合う人とそうでない人っています。
なんというか、波長の合いそうな人って話す前から雰囲気で、
なんとなくわかる気がします。
(私が一方的にそう思っているだけかも)

935.jpg 947.jpg
(場所はネパールの和式ホテルです。深夜)

簡単に言えば、こやつ出来るな!・・と感じる人っていますよね。
身体からオーラが出てるような人。一見、すごく柔らかそうな
雰囲気だけど・・う~ん、どう言ったらいいんだろう?太陽の
暖かさと、稲妻の鋭さを併せ持っているような心優しい人と
いいますか。
(まあ、これも私が一方的にそう感じるだけかもしれませんが)

で、今回の旅で、そう感じた方が何人もいましたが、特に強く
感じた方がこの方。名前を書いてもいいかしら?
いや、やっぱり了解も得ていないので止めましょう。
東京の某寺の住職さんです。

(仕上げはニューデリーのホテルで、同じく深夜)
1452.jpg

1455.jpg

あ、和紙の一部を手で破いていますが、これも上手くいかなかった
場合の処理法というか技法の一種だそうです。なるほど。
1456.jpg

1448.jpg

実物でないと、その迫力がお伝えできないのがとても残念。
すごくいい感じの仏跡を描いた見事な墨絵です。
あ、これは今回の旅の記念の「寄せ書き」に添えるための
もの。後で表具にするんだそうです。完成したらきっと素敵だ
ろうなあ~。

この方は中国人の超一流の女性墨絵画家に15年も師事した
ことがあるとか。融通無碍の筆致というか、絵心のないアホな
私にもその凄さは充分伝わってきました。とにかく、とっても
感じがいい線というか絵です。その場に立ち会えて良かった!

やっぱりね、只者ではないな・・と思った私の勘は当たっていた
と内心、思いました。しかも、お酒が入ると興趣が湧いて筆が
スラスラ・・なんて、まるで酔拳みたい、違うか(笑)

近くに住んでおられれば、もっともっと話を聞きたいと思いました。
私には、なぜか気になるお坊さんでした。お寺の仕事の合間に
某大学院も出られたとか。

で、最近、その住職さんから自著と寺報を送っていただきました。
それが下の写真です。実は「蛇足」という寺報の名前がいいなあ~
と思っていましたから興味津々。

IMG_0001.jpg IMG_0002.jpg

「蛇足」と「烏兎怱怱(うとそうそう)」という自著。

しかし、どこでどういう出会いがあるかほんとにわからない。
良い出会いに遭遇するためには誰にも偏見をもたないこと。
自分をアピールする前に全ての人を好きになること。

・・とかなんとか、ふだんは実行もできていないことを改めて
肝に銘じるのでした。 まあ、自分がアホであることを恥じない
で、ありのままに人に接する・・たとえ笑われても・・が、一番
手っ取り早い、良き出会い方じゃないかなと思うのであります。

1305.jpg

世間では、日本の仏教は葬式仏教と揶揄される面もありますが、
(正直に言うと、私にもそのような偏見がなかったとは言えません)
しかし、仏教にメチャクチャ詳しく、且つ拳法家でもある学者的?
な住職さんや、仏教を(ほんとに真摯な生き方として)「生きて」
いる方とか・・・ユニークな住職さんもいました。ほんとの意味での
宗教者といいますか。 どーせなら、このような方に葬式をお願い
したいなあ~・・とか思いました。

まあ、正直に言うと、私の中では仏教=葬式仏教・・というイメージ
で、なんかリアルじゃない・・という気がしていましたが、今回の
数多くの住職さんとの出会いで、仏教を「生きるための思考法」
というか、モノサシというか・・とにかく、今までよりもリアルに感じ
られるようになりました。

●●導師、ほんとにお世話になりました。この場を借りて心から
お礼申し上げます。
(私が導師なんて言葉を使うのはおかしいのかしら?)

1311.jpg

ちなみに烏兎怱怱(うとそうそう)とは、「月日の流れるのは早い」
・・という意味だそうです。烏兎はカラスとうさぎで、中国の伝説
では3本足のカラスは太陽に棲み、うさぎは月に棲んでいること
から、カラスは太陽、つまり「日」を、うさぎは「月」を表しているの
で、兎烏=月日・・ということだそうです。怱怱(そうそう)は、あわ
ただしいさま。こんな難しい言葉、知りませんでした。


今日は個人的で勝手な内容でごめんなさい。
おそらく皆さんにも、このような強いインパクトを与えられた人との
出会いって、過去に何度かあったと思うのです。そして、これからも。
出会いって不思議ですよね。これも因縁なのかしら?

私は、膨大なブログの中から偶然にしろ私の稚拙な記事に、お目を
止めていただいた方も、それは出会いじゃあないかなあ~と思って
います。 だから、メール相談していただく方にも何か因縁を感じて、
私なりに精一杯のアドバイスをさせていただいています。
きっと、的外れなアドバイスも多いと思いますが(笑)

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
どうか皆様にいいことがありますように。


{補足}
今回の記事で紹介させていただいた住職様から了解を頂いたので
住所・お名前を紹介させて頂きます。安達様、ありがとうございました。
http://www.tesshow.jp/toshima/temple_snagasaki_zensho.html
IMG_0004.jpgIMG_0005.jpg


ジョーク
 頭のいい男が、占い師を困らせてやろうと一計を案じた。
 
「喜びそうなことばかり言ってくれるのはいいから、
  今度は俺がどういう人間なのか当ててみな」
 
「そうですか、それでは……。まず、あなたは三人の子の
  お父さんです」 

「ほれみろ、間違いやがった」頭のいい男は言った。

「俺は四人の子の父親なんだ」 

 占い師は静かな声で言い返した。

「それは、あなたがそう思ってるだけです」



nice!(35)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ガンジー。理念の人。 [インド巡礼]


みなさん、こんにちは。

インドの話もそろそろ終わりにしないと・・と思っています。
でも、まだまだ写真はいっぱいあるので、順次紹介はさせて
いただきます。

ほんというと、ここはどこだったかなあ~?なんて思うことが
あって、自分の記憶力不足が恨めしい。
今日は忘れないうちに、ざーっと紹介だけします。といっても
大した内容ではないですから、お時間があったらお付き合い
下さいね。

まず、ここはネパールで泊まったホテル。
なんで、ホテルかというと、なんとここは日本式の和室でした。
話によると日本の会社が経営してるから・・らしいです。
法華ホテル・・だったかしら?

953.jpg

952.jpg 911.jpg921.jpg 971.jpg
ネパールで、まさか畳の和室のホテルとは珍しいですね。
日本人観光客の需要があるからなんでしょうか?
下の写真はそのホテル内の物産売り場。
918.jpg 916.jpg
仏像がいっぱい陳列されていました。値段を聞いたらびっくり!
高ぇ~!(5万~10万以上?)とても私には手が出ない。
もっとも興味もなかったですが。

ここはガンジー記念館です。
1551.jpg

1544.jpg 1508.jpg

1518.jpg 1517.jpg

1531.jpg 

 1547.jpg 1523.jpg

下の写真はガンジーさんが暗殺された場所(庵?東屋?)だそうです。
右手の建物は宗教者会議をした場所。そこから出て、ここで殺されたそう。
足あとが作られています。
1538.jpg

しかし、ガンジーさんは人気者みたいで観光客や学校の生徒達の
見学者が多いようです。やっぱり偉大な人だったんでしょうね。
1548.jpg

たぶん、上流階級の子どもたちなんでしょうね。
元気で屈託のない子どもたちばかり。
1532.jpg

で、次はガンジーさんが火葬に付された場所。
1571.jpg 1562.jpg

アノ向こうに火葬された場所が・・・。しかし、広大な公園だなあ~。
1565.jpg

インドにはお墓は存在しないそうです。火葬にしてガンジス川に流すから。
ガンジーさんの場合もそうだったらしい・・詳しい話しを聞いたのですが
忘れてしまいました。すみません。だから、ここはお墓ではないそうです。
1567.jpg

1566.jpg

私は途中にいたカップルのリスみたいなのと、烏が気になりました。
リスが烏に捕獲されないかと・・それと、この花。ものすごい鮮やかな赤。
ガンジーさんより、こういうことが気になるなんて・・・。
1563.jpg
 
ガンジーがなぜ偉大だったか?それは欧米列強からインドを
守った、というかインドの人々にプライドをもたせたからじゃあ
ないかと思っています。しかも、武力とは逆の理念の力によって。
・・・ということくらいしか、私はガンジーについては何も知らない。

確かに高い理念は人を動かす・・と思います。
昔は理念なんて馬鹿にしていたけど、今はそうは思わない。
「欲」が人間を動かす大きな力ではあるけれど、「理念」もそれに
負けない力があると思うのです。

上手く言えませんが、みなさんはどう思われるかしら? 
そりゃあ、甘いぜ!・・かしらね?(笑)

・・ということで、なんということはない記事でした。
最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうかみなさんにいいことがありますように。


ジョーク
ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していた。 
しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が
出来なかった。
そこで青年は、ふと思い付いた。
 
「そうだ!らくだとやろう!」 


青年はらくだの後ろへまわると早速自分のモノを入れようとした。 
しかし、その時らくだはトトッと数歩前へ。それに青年が近づき再び
チャレンジ。しかし、らくだはまたもやトトッと数歩前へ。

その後、何度も試したけど同じ事の繰り返し。青年は行為をあきらめ、
再びらくだと旅を続けた。
そして、しばらく歩いていると、なんと
前方にきれいな女性が倒れているではないか!
 青年は女性に言った。
 

青年:「大丈夫ですか?」 

女: 「あ……。の、のどが乾いて死にそうなんです……」
 
青年はここぞとばかりに言った。
 
青年:「じゃあ、水をあげたらなんでも言う事をきいてくれますか?」
 
女: (ためらって)「はい、言う通りにします……」

青年は水をあげた。
 
女: 「ああ、ありがとうございました。おかげで助かりました」
 
青年:「よし。言う事をきいてもらうぞ」
 
女: 「……はい」

青年:「じゃあ、らくだ押さえといて」



nice!(31)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅