So-net無料ブログ作成
検索選択

体調が悪くて・・・ [猫好き]


みなさん、こんにちは。

ほんと、寒いですね。 皆さんのところはどうですか?
全国的に極寒のようですが。

庭もこんな感じ・・見るからに寒そう・・。
025.jpg

体調が最悪だと、不思議なことが起こります。

真夜中に、なぜか突然、「あおによし・・ならのみやこは・・
人間50年・・化天の内をくらぶれば、夢幻の・・・」
あれ?これってなんだっけ?

特に和歌が好きでもないのに・・自分でも訳がわかりません。 
あと、幻聴じゃなくて幻音というか。 支離滅裂な言葉が
ふっと
出てきたり・・脳みそもぐじゃぐじゃみたいな気分。 

意識の流れって本来、順不同で、ぐじゃぐじゃなのかも・・。

035.jpg

ミーコも寒くて外に出れないので退屈だニャア。
006.jpg

おー!お前はワンちゃん!
008.jpg

う~ん、うっとおしいニャア、こいつは。 で、猫パンチ!

010.jpg

あー、こんどはナマケモノ君か、お前は気持ちいいから許すかニャ。
011.jpg

あー、また、寝るかニャア・・外は寒いしニャア~。
014.jpg

一週間くらい前から体調を崩しています。

夕方、なんか関節の節々が痛い・・・あー、これって、風邪
兆候!・・と思ったので、夕食後すぐに寝ました。

で、三日三晩、寝っぱなし。
滅多にこういうことはないので、たまにあると後が厄介。
だって、身体がダルくて腰も痛い・・ぶつぶつ。

でも、バカは風邪を引かないって言うけど、ということは?
あー、良かった(笑)

どうか、皆さんは風邪など引かないようにご自愛下さいね。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆さんにいいことがありますように。
ありがとうございました。


ジョーク
実業家の男
「あのダメ運転手、今度こそ首にしてやる。
今週だけで3回も事故で死にそうになったんだ。」

男の妻は慰めるように言った
「いいじゃないの。あなた。彼もがんばってるんだし、
あのかわいそうな運転手にもう一度だけチャンスを与えてあげてみてよ」


nice!(46)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

泣き寝入り、にならないために。 [雑感]


みなさん、こんにちは。

かなり前の話ですが、こんなことがありました。
知り合いの市会議員からの電話です。

  • 私の昔、お世話になった人が困っているんだ。
    で、ちょっと相談にのって欲しいんだけど・・。
    というのは・・あの、たとえばね、お隣りの家がシロアリ駆除
    をしたら、薬剤の影響がこちらの家にもあるものかなあ~?


  • まあ、隣との距離次第でしょうが、あり得るとは思います。
    どんな状況なんですか?


  • 隣の家にシロアリ業者の車が止まっていて、シロアリ駆除を
    しているのは知っていたんだけど別に気にも止めなかった。
    ところが、その半年後くらいに、こちらの住人の体調がかなり
    ヘンになったらしいんだよね。


  • もしかして、そのお隣の家は駆除したときに床下換気扇も
    付けたんじゃあないかしら?


  • そうそう、そうなんだよ。 


  • そうすると、まあ、床下に撒いた薬剤にもよりますが、強い
    化学薬剤を床下に撒いた場合は、通気口から出る床下換気
    扇の風が毒ガス噴射器の働きをして、結果的に隣家に影響が
    あるかも知れないですね。 
    だから、強い化学薬剤+床下換気扇は危ないと思います。

簡単な図解をすると・・・
IMG_0001.jpg

こんな感じです。
Bさんの家から羽アリが発生したので、業者が駆除&床下換気扇を
施工したそうです。

で、Aさんの家にお邪魔したら、マスクをした娘さんが応対してくれました。
実は最初は、けんもほろろの冷たい対応でした。 当然ですよね。 
私がBさんの家を駆除したわけではないですが、Aさんからすれば私も
同業者ですもの。 あ、マスクをして、というのはそれほど体調が悪く
なっていたということですね。

で、なんとか詳しい話を伺ったら、たしかに隣の駆除の薬剤の影響・・
動悸・関節の痛み・喉の痛み・発疹・かゆみ・目まい・・・等の症状です。
Aさんは老いた母親とふたり暮らしでした。 お母様の体調もかなり
悪いのがお会いしただけで分かりました。 お気の毒です。
私には「化学薬剤の被曝」と考えるのが合理的だと思われました。
 

実は、近所との軋轢などいろいろ大変でしたが詳細は省きます。
お互いに悪意がなくても、結果的に被曝が原因で近所が不仲になる
のは悲しいですね。 ほんとにやりきれないです。

また、ある大工さんからも同じような相談を受けたことがあります。
右側の皮膚が爛れてきたけど・・という相談でした。
その図解は・・
IMG_0002.jpg

お隣がシロアリ駆除をして換気扇を付けてから、大工さんが自分ちの
畑で作業していたらなんか肌の右側に発疹みたいなのができた。
これはやっぱり換気扇から出る「床下に撒いた薬剤」の影響と考えら
れます。 まあ、軽度の発疹でしたが私にはAさんの場合と同じに
思えました。

なんでこんな話をするのかというと、Aさんは病院・保健所・町・県・・
に相談したそうですが、はっきり言うと、どこも逃げ腰で相談にのっては
くれなかった・・と言います。 これは、果たしてそれが「被曝」なのか、
各機関とも断定出来なかったからだと思います。

「私達のことなんか、もう誰も助けてはくれないんです。できれば
この家を売って、アパートにでも引っ越したいけどそれもなかなか
できないし・・」
と、Aさんはかなり絶望的というか、自暴自棄の雰囲気でした。 
無理もないですよね。 で、私はと言えば・・私も(市会議員も)情けない
けど、どうにも出来ませんでした。

もし、裁判に持ち込んでも、客観的な被曝の証拠がない限りは勝てない
でしょうし、客観的な証拠といってもねえ、素人がそういう証明はできない
から結局、専門機関(大学とか)に測定してもらうしかないでしょうね。

  • 「日本のPL法は、建前では、原告側は企業の過失を具体的に
    明らかにする必要はないことになっている。
    ただ、むずかしいのは、
    その製品が事故の原因であったという
    ことを証明しなければならないという
    点である。(略)

    それでわれわれは勝訴できるかどうかというと、これもあまり
    勝ち目はないのである。
    なぜなら、この法律によると
    「製品引渡し時の科学・技術の知見
    で欠陥がわからなかった場合」
    は、企業の責任は問えないという
    ことになっている。
    更には「時効3年」という念入りな条件までついている。(略)

    これでは企業側はどうにでも言い訳ができる。電磁波を出す製品
    は身の周りにたくさんあるわけだから、
    原因の製品を特定しろと
    いわれれば、それまでということもあるし、いつ発症したかを
    科学的に証明しろといわれれば、その証明も不可能である。

    であるから、このPL法も、こうした問題においては何ら救いにならない。

                      「危ない科学技術」武谷三男・・より

で、そういう費用(裁判や測定)を考えると、現実的には素人には無理
ですよね。 で、泣き寝入り・・ということになる。
悲しいけどこれが現実だと思います。

だから、私は化学薬剤や電磁波とか、とにかく「危ないものは」便利でも、
なるべく慎重に考えたほうが無難だと思っています。 


ついでに・・私が床下換気扇にあまりいいイメージをもっていないのは
換気扇そのものに問題はなくても、このような経験というか・・そういう
背景が私の見方に影響していると思っています。 厳密に言えば私の
偏見かも。

また、化学薬剤でも近年は安全性の高いのがあるのは承知していますが、
それでも無農薬防除にこだわるのは、このようないくつかの経験で化学薬剤
に抜きがたい抵抗感があるからだと思っています。 厳密に言えばこれも
私の偏見かも・・ですね。

ということで、最後までお付き合いいただいて感謝します。
いろいろ異論もあると思いますが、ちょっとでも参考になったら幸いです。
それでは皆様にいいことがありますように。
ありがとうございました。


ジョーク

 

シーラが普段より早く帰宅すると夫のマークが女性とベッドを
共にしていた。キレたシーラ;
「これっきり、ね。もう二度と会うこともないわ。」


未練がましいマーク;
「こっちの言い分も聞いてくれないかい?」


最後なのだからそれぐらいは認めてやろう、というシーラ;
「分かったわ、聞かせてもらおうじゃないの。」


マークの言い訳;
「ドライブしていたらこの女性が目に止まったんだ。服はボロボロ、
 裸足で、泥だらけで、泣いていたもんでね。憐れを誘うじゃない。 
 救いの手を差し伸べようと声をかけたさ。彼女、素直に乗ってくる
 もんだから家へ連れて来た。 
 シャワーの後で、下着を渡したよ、君にはもうサイズが合わない
 やつ。それからブラウス、2年前に君にプレゼントしたけど着て
 もらえなかったやつ。150ドルのナイキ・ランニングシューズ、
 君が自分で買ったけど一度も履かなかったろう。 
 君が冷蔵庫に置きっ放しにしてたローストビーフもあげちゃったよ。 
 ボクが食ってもいいって言ってくれなかったやつさ。
 お帰りはあちらですよと彼女に言ったところ、彼女は感謝感激アメアラレ。 
 玄関まで行きかけたところで振り返りこんなことを訊くんだ;
 『おたくの奥さんが使用していないものは他にまだあるでしょうか?』」





nice!(55)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

電場問題とIH [雑感]


みなさん、こんにちは。

最近、気になることとして料理番組などでIH調理器をふつうに
見かけるようになりました。 
個人的には問題だなあ~と思います。

私の客様の家でも、数年前からIH調理器を見かけることが
増えてきた気がします。
また、オール電化ハウスもじわじわと増えている気がします。

で、率直に言って、私はどちらも大嫌いです。
それらは独断と偏見的に言えば、電力会社の陰謀だと思って
います。 原発事故で電力の供給量が足りなくなった今、
電力会社はどう思っているのかな?

大体、私は原発事故以前の電力会社のTVCMが大嫌いでした。
片方では節電を、片方ではエコキュートやオール電化ハウスや
深夜電力を謳う大企業の傲慢さと姑息さにうんざりしていました。
(深夜電力のカラクリやエコキュートの経済性にも疑問大ですが脱線するので
別の機会に・・)

IMG_0003.jpg

で、今日はIH調理器について書いてみます。
火を使わないから、お年寄りにも安心安全・・ということですが
ほんとかしら?

昨年、私のお客様(70代・女性)から聞いた話です。

IH調理器で、シジミの味噌汁をつくろうとして鍋をかけたまま
ちょっと庭に出ていたら、じきに契約している警備会社の人が
慌ててとんで来たそうです。 

鍋が沸騰して火災報知機が鳴って、自動的に警備会社に連絡
するシステムのようです。 時間的にははっきりしませんが20分
くらいは庭にいたかしら?と言っていました。

幸い火事にはならなかったけど、注意するようにと警備会社の
人にキツく言われたそうです。 火災報知器が作動する前に
IH調理器の過熱防止のセンサーが作動しなかったようですが、
台所の造りによって熱がこもると、こういうこともあるんですね。

IMG_0002.jpg
「もしもIH調理器を使っていたなら」より。

で、電磁波が発生するところには「電場」「磁場」があって、
IH調理器の健康被害が指摘されてきたのは主に「磁場」でした。

しかし、「電場」についても注意したほうがよさそうです。
「電場」とは「電位差がある場所」という意味。

以下は、「もしもIH調理器を使っていたなら」船瀬俊介・著
・・からの抜粋です。 興味があったらお付き合いください。

IMG_0001.jpg

  • そもそも動物の身体は、微弱な電圧差でコントロールされて
    います。ゆえに「磁場」より「電場」のほうが懸念されて当然
    なのですが、そのような研究がとても少ない」 

    「ヒトの背中はプラス電圧。そして手足の指ではマイナス
    10ミリボルト。 つまり背中と指先の間には電位差があります。
    そこにわずかな電場がかかっている。
    その途中の上腕で骨折したとする。すると、マイナス数ミリボルト
    であった骨折場所の電位がプラス10ミリボルト程度まで急上昇し、
    それから骨の修復を始めるのです」
    (京都大学 荻野晃也博士)

  • 人間の生理現象は、ほとんどが神経を伝達する電気信号で
    行われている。

  • 「体内のかすかな電位差による生体内電流の刺激が、生体内
    をコントロールし、さらに治癒、再生まで制御している」
    (ロバート・ベッカー博士 ニューヨーク州立大)

  • 電場は神経細胞の働きに影響を与えます。 神経細胞は
    電位によって「情報」を伝達しています。 磁場は免疫系に
    悪影響を及ぼすと思われます。
    (丸山修寛医師・丸山アレルギークリニック院長)


  • 身体に電磁波が悪さをしてアトピーなどの難病を悪化
    させているのは間違いない。
    電場が身体の表面を覆い、
    誘導電流がほこりを引き寄せたり、皮膚の組織のバランスを
    崩したりします。これが電場のよる人体への被害です。
    体内の異常電場が体調を狂わせ、様々な異変を引き起こし、
    果ては心不全や白血病、自殺などに至らせる可能性がある
    のです。

  • 神経細胞に電磁波を当てるとカルシウムイオンが溶出
    する
    。「サイクロトロン共鳴」電磁波エネルギーがイオンの
    運動エネルギーに移行する。
    細胞内部のカルシウムイオンなどが電磁波エネルギーを
    吸収して、らせん運動回転を始め、細胞膜を超えて溶出して
    ゆく。
    これは電磁波により神経細胞が損傷を受けたり、
    破壊されることを示す。脳の損傷につながります。

  • 脳中枢には松果体という「精神の座」と呼ばれる内分泌器官
    がある。 各種神経ホルモンの(セロトニンメラトニン
    分泌をコントロールしている。 
    松果体は別名「磁気器官」と呼ばれるほど電磁波に敏感。 
    電磁波被曝すると、このセロトニンやメラトニンともに分泌
    を抑制される。
    セロトニン減少で、人はうつ状態に陥る。だから自殺や
    異常行動が起きる。 
    高圧電線の付近の住民は、自殺者が
    4割も多いという研究報告がある。セロトニンが減少し、自殺を
    引き起こした。

  • メラトニンは「若さ」「老化防止」「免疫力」などの作用がある。
    別名「若さとホルモン」。
    これも電磁波を浴びると急激に分泌抑制される。
    電磁波によるメラトニンの抑制は「活力」を阻害し、「老化」や
    「ガン」を促進する。

実は、これらについてもっと詳細を書きたいのですが、私の頭では
どうにも上手にまとめられません。 ごめんなさい。

でも、科学音痴の私でも充分に電磁波の危険性については感じます。
以下は武谷三男(故人)の本からの抜粋です。

  • 私は科学者として、科学的に実証されていることに基づき、
    現実の条件を踏まえ、これをやればこうなるという見通しを
    述べることはできる。

    たとえば、電磁波で言うならば、誰かが電車の中で携帯電話
    をかけて、偶然にもその隣に、心臓にペースメーカーをつけた
    人がいたとするなら、その人は死ぬか、あるいは死ぬ思いを
    するだろうということはいえるわけである。

    こうしたことは、すぐにでも一般常識として認識されなけ
    ればならないことと思うのであるが、
    しかし、こうしたことも
    なかなか常識には成り得ないほどに、人間が人間に対して
    無神経になっている。 これもコンピューター教育、コンピューター
    社会の弊害のひとつであると考える。

    そうしたことが起こりうるということ知ってか、知らずか、それを
    売っている企業も、許可した政府も、注意を促すことさえしてい
    ないというのは、これはある意味では、殺人を容認していると
    いうことではないか。

    後悔先にたたずとは誰もがいうのであるが、ガンになって
    から電磁波ではないかと思ってみたところで、手遅れなので
    ある


もう抜粋ばかりで、てんでまとまりのない記事になってしまいました。

強引にまとめれば・・・
お年寄りにIH調理器を与えることはアルツハイマーや認知症
をプレゼントするのと同じ
「もしもIH調理器を使っていたなら・・より」
・ということです。

現段階では、IH調理器は技術的に危険が大きすぎる未完成の
器具だといえると思います。 だから、購入の際には十分な検討
をしたほうが無難です。 

どうしても電気調理器にこだわるのであれば、IHではなくシーズ
調理器
ハロゲン・ヒーターのほうがまだ賢明だそうですよ。

それから、既にIH調理器を使っている際の注意点や、電磁波と
アルツハイマーやアトピーとの関連や、PL方がザル法であること・・
などについても書きたかったのですが、長くなるので別の機会にしたい
と思います。

また、既にIHを使っている方には、不快な記事だったことをお詫び
いたします。 最後までぐじゃぐじゃな文章ですみませんでした。
それでも、もし少しでもみなさんの参考になったら幸いです。
お付き合いいただいて心から感謝致します。
それではごきげんよう。


ジョーク
説教のとき、牧師があの世ではお金は大事ではない、
なぜならあちらにはお金がないのだから、と言った。

すると、誰かがこうささやくのが聞こえた。
「今の聞いた、ママ? ぼくたちもう天国にいるんだよ」



nice!(53)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

再びキシミ音について。 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

不思議なもので、前回の記事に似た調査依頼をまた受けました。
今度は廊下のキシミではなく、DKのフローリングのキシミ音です。
築年数は15年。

今回は依頼してきた工務店の部長さんと一緒に床下に潜りました。 
床下での、私と部長さんの会話形式のほうが生中継っぽくて、
わかりやすいかもしれないですね。

あ、その前に部長さんの名誉のために言っておきますが、この家は
その工務店が建てたものではないです。 
建てた工務店は倒産したそうです。

で、こんな会話をしながら調査しました。

まず、ここがキシミ音のする真下です。
断熱材が張ってありますね。(下の写真です)
003.jpg 

  • う~ん、これではわかりませんね。ちょっと断熱材をはずして
    みますね。


006.jpg

  • あー、これはフローリングの下に合板を貼っているなあ~。
    これだと難しいね。(上の写真です)

  • この上にフローリングがあるわけですが、まさかこの合板を
    剥がすわけにはいかないですものね。

  • そうだね。 でも丁寧な工事をしていると思うよ。 キシミの原因が
    この合板とフローリングの隙間だと調べようがないね。

018.jpg

  • ちょっと、ここがグラグラするね。(上の写真です)

  • 地盤が微妙に沈下したせいですか?

  • う~ん、それはなんとも言えないなあ~

015.jpg

  • 束柱が微妙に浮いていますよ。 これがキシミの原因かしら(上の写真です)

  • う~ん、かもしれないけどなんとも言えないね。 これは高さ
    調節できるジャッキ式束柱に変えたほうがいいよね。

  • それなら簡単に調節できますものね。

016.jpg

  • あ!ここにも微妙な隙間ができているよ。(上の写真です)

  • ほんとだ。 あ、他にもありますよ。 ほら!ここも。(下の写真です)

017.jpg

  • 結局、こういった隙間を調整すればキシミ音って直りますか?

  • いやー、うまくいくかいかないかはやってみないとわからないよ。
    だって、合板とフローリングの間の隙間だとねえ・・。

  • あれですよね、基本は隙間を接着剤で充填する・・ですよね?

  • でもね、あんまり接着剤を使うとね、今度はそれ以外の場所が
    キシむこともあるんだ。 

  • あー!なるほど!それは気づかなかった。 そうすると接着剤
    の多用も考え物・・ということですね。 そうかあ~。

  • それと、冬と夏ではキシむ場所が違うこともあるしね・・。

  • そうですね。 冬場の今の床下は乾燥期だけど、夏はこれが逆に
    なりますからね。 でも、状態はいいと思いますよ。

008.jpg

  • あー!これはマズイね。 基礎の鉄筋が偏っているよ。(上の写真です)

  • えー!ほんとですか! あ、これがそうですか!
    こういうのって、初めて見ましたよ。

  • (アップに撮ったのが下の写真です)

009.jpg

  • これ、ほんとにマズいですね。 でも、お客様には内緒にしましょうか?
    今更、どーにもできないし・・・心配させるだけだけですから。 

  • う~ん、そのほうがいいかもね。

012.jpg

  • こんなとこに木が埋まってますよ。 シロアリ屋的には
    感心しないなあ~。 これって何でしょう(上の写真です)

  • たぶん枠板の押さえで打ち込んだものがそのままなんだ
    と思うよ。 それ、取れない?

  • ちょっと、掘ってみます。 あー、取れないなあ~。まあ、食害は
    ないみたいですが・・(下の写真です)

013.jpg

  • これもマズイね。土台に穴を開けちゃあよくないよ。
    (下の写真です)

  • えー!でも私、ときどきこういう光景を見ますよ。
    今まで深く考えたことないけど、そう言われればマズいですよね。

  • あんまり感心しないな。 初めから基礎に穴を設定すればいいのに。

  • これも、お客様には内緒にしたほうがよさそうですね。

019.jpg

025.jpg

  • ここも楔を噛ませていますよ。 これって、どうなんですか?(下の写真です)

  • う~ん、なんか事情があったんだろうけどねえ・・。

  • ところで、この家はツーバイ工法ですけど、これは何か起こると
    修復が難しいんですよね?

  • うん、柱がないしね。 面で荷重を支えているからね。部分的な
    修復が難しい作り・・とは言えそうだね。

021.jpg

お客様には内緒・・なんて言っていますが、いたずらに不愉快な
情報を与えて、心配させるだけなら言わないほうがいい場合もある
・・という配慮からです。
もちろん緊急的にマズイのなら言うべきですが。

ということで、シロアリ屋の見方と建築家の見方の違いがわかって
私的にはとてもためになりました。

ほんとはシロアリ屋的には他の気になること(基礎の亀裂とか)も
あったのですが、それは写真に撮りませんでした。 
そういう写真をお客様に見せて心配の種を与えるのもね・・・
う~ん、このへんの判断って難しいなあ。

私の収穫としては・・

  • でもね、あんまり接着剤を使うとね、今度はそれ以外の
    場所がキシむこともあるんだ。 

・・という言葉。 これは想定外というか想像外の言葉でした。
接着剤を使うことで、その場所の音が治っても、今度はそれが
他の場所に影響を与えて、新しいキシミ音が始まることもある・・
なんて想像できなかったですもの。 

う~ん、やっぱり、キシミ音を完璧に音がしなくなるようにするのは
とても難しい・・ということですね。

どうしても素人からすれば、歩く度にキシミ音がすると、何か悪いこと
が床下で起こっているのではないか?と疑心暗鬼になりますものね。
でも、だからと言って、
家屋にとって重大な問題でないキシミ音も
ある
、ということを知っていただけたら・・と思います。

ということでおしまいです。
少しでも皆さんの参考になったら幸いです。
最後までお付き合いいただいて感謝します。
それでは皆さまにいいことがありますように。



ジョーク

父親が小便しているのを見た娘が、睾丸を指差して「これはなあに?」
とたずねた。


「これは、生命の木になるリンゴだよ」

父親は詩的な表現でその場をきりぬけた。

その話を娘から聞いて、母親は、


「それで、その上の、枯れちまった小枝のことはなにか言ってたかい?」



nice!(51)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

風が強く吹いている。 [シロアリ]


みなさん、こんにちは。

雪の中を今年最初の床下調査に行ってきました。
今回の調査依頼の理由は・・

  1. 最近、廊下を歩くとキシミ音がするようになった。
  2. また、微かに凹む感じもする。

それで、もしかしてシロアリが再発したのでは?と、連絡を
いただきました。 
実は、このお宅は4年前に私が駆除させていただいた家です。

で、この廊下のキシミ音や、凹む感じ・・というのは同じような
心配をしている方もいる気がします。 もし、我が家もそんな
感じだよなあ~と心配している方の参考になるかしら?

こういった場合は私の経験では、ほとんどが経年劣化
原因です。 稀にシロアリの再発の場合もありますが、それは
とても少ないですよ。でも、お客様からすれば気になりますよね。

えーと、写真を見てくださいね。
4年前にこの玄関から羽アリが発生して駆除しました。
矢印は床下のシロアリ侵入経路です。
025 - コピー.jpg

ちょっとアップにします。
こういう上がり框(かまち)の下の「タイルの裏側」は要注意
箇所です。 タイルの裏側の隙間からシロアリが登ってき
やすいんですよね。
027 - コピー.jpg

で、この床下側はこんな感じです。
食害があるのですが、わかりにくいですね。
ここ、矢印の先が食害ヵ所です。穴は薬剤注入のために私が
駆除の時に開けたもの。
017 - コピー.jpg

もう一箇所。ここも侵入ヵ所です。 矢印は同じ意味です。
やっぱりわかりにくいですね。 
ということは被害も軽微だった、ということですね。
014 - コピー.jpg

玄関の上がり框の裏側はシロアリが登ってきやすいのです。 
覚えておいてね。

で、床下全体はとても良い感じでした。 築15年ですが、腐朽の
気配もまったくないです。 通気が抜群に良いからだと思います。
022 - コピー.jpg

調査の結果は、シロアリの食害が進行した気配はゼロ。
腐朽菌もゼロ。 どこにも床下は異常ありませんでした。
私的には100点満点の床下でした。

でも、かんじんのキシミ音と微かなヘタリはどうするの?
・・ですよね。
実はこれって、完全に修復するのってとっても難しいです。

というのは、ほんの僅かなズレというか、目視ではわからない
微妙な狂いが原因ですから。 
対策としては、ふつうは床板と垂木の隙間を接着剤で充填する
・・くらいしか手はないようです。

でも、そうしてもキシミ音が必ず止まるという保証もないのです。
大工さん泣かせのケースだと思います。
まあ、シロアリと腐朽担当の私としてはホッとしましたが・・。

なんだか、これでは今日のタイトル「風が強く吹いている」には
相応しくない記事ですね。
実は、今日は現地に着くまで風が相当強かったのです。

で、前に見た「風が強く吹いている」という駅伝をテーマにした
素敵な映画を思い出しただけ。

帰りに大河津分水に寄ってきました。
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/kadouzeki/index.html

036 - コピー.jpg 032 - コピー.jpg

風が、強く、強く、吹いていました。
043 - コピー.jpg

ときおり日が射します。
風と、雪の白さと、時折の日差し・・こういうのは好きですね。
044 - コピー.jpg

034 - コピー.jpg

035 - コピー.jpg

037 - コピー.jpg

046 - コピー.jpg

誰もいない川辺。 冷たい風と白い雪景色。
なんだか、頭の中の余計な物を風が吹き飛ばしてくれるようで気持ちいい。 

余計な物が何もない雪景色もいいものです。 
こういう凛とした寂しい風景がとても好き・・というのは変かしら(笑)

ほんとはこの気分を書きたかったのに・・文才がないのは悲しいな(笑)

最後までお付き合いいただいて感謝します。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

どうか、みなさまにいいことがたくさんありますように。
そして、毎日が笑顔でありますように。


ジョーク
ある心理学者が学会で発表を行ったとき、記者から質問があった。

記者
「その…、集団催眠というのは最高でどのくらい持つものなんで
   しょうか?」

心理学者「その質問には答えられません。」

記者「何故です?」


心理学者「キリストがかけた集団催眠がまだ解けていませんから。」

 




nice!(43)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あけましておめでとうございます。 [ありがとう]


あけましておめでとうございます。

昨年は、拙い記事にお付き合いいただいてありがとうございます。
皆様のおかげで、どうにかこれまで続けてこれました。
心から厚くお礼申し上げます。

本年も、少しでも皆様のお役に立つようなシロアリの記事を書きたい
と思っています。 また、相変わらずグダグダブツブツ記事も書くと
思いますが、どうか大目に見てくださいね

016.jpg
(ミーコです。今年もがんばって遊ぶニャ~)

018.jpg
(にゃんこです。今年も顔のキズが増えるかニャ~)




ジョーク

「神父様、私は罪深い人間です」
「ああ、お前、何をしてしまったか話しなさい。神はきっとお許し下さる」

「神父様、私は恋人と3年間もつき合ってきて、今までは何も問題ありません
 でした。それが昨日、彼女の家に行くと、そこには彼女の妹のほかに誰も
 いなかったのです。それでつい、その妹と寝てしまいました」

「それは悪いことだ。しかし幸いなことに、お前は過ちに気づいている」


「神父様、先週、彼女を捜しに事務所に行くと、そこには彼女の同僚のほかに
 誰もいなかったんです。
それでつい、その女の子とも寝てしまいました」

「それはあまり感心できることではないね」


「神父様、先月より前の話ですが、彼女の叔父の家へ彼女を捜しに行くと、
 そこには彼女の叔母さんのほか誰もいなかったんです。それでつい、
 その叔母さんとも寝てしまいました」


「............」


「神父様?....神父様?....
 神父から何の返事もないことに気が付いて、
居たはずの場所に行ってみると、
 そこに神父の姿はなかった。


「神父様ー、何処ですかー?」
 そこで彼は神父を捜し始めた。あちこち捜し回ってやっとピアノの後ろに
 あるテーブルの下に隠れている神父を見つけた。


「神父様、どうしてこんな所に隠れているんですか?」

「急に思い出したのだ、ここには私のほかに誰もいないということを」




nice!(55)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅