So-net無料ブログ作成

インドの猫とアラビア海 [インド巡礼3]


皆さん、こんにちは。

今回もインド各地での猫との出会いはとても少ない
のでした。牛さんがやはり一番多くて、次は犬と羊
かしら?それからお猿さん。リスもよく見ました。
今回初めて見たのは黒豚?さんでした。

IMG_3749 (2).jpg
イノシシの子ども、みたいな感じでした。飼われて
いる感じはしないから野生なのかしらね・・?


IMG_4010 (2).jpg
街中でよく見るふつうの光景です。なんというか
人間と同じ感じに歩いています。
人もそれを見て
も平気というか・・。


IMG_3100 (2).jpg
羊さんも飼われているのか野生なのかよくわか
りません。

IMG_3490.jpg

人間が猿を観察してるのか、猿が人間を品定めして
るのか?
攻撃はしてこないけど、ひったくりにあう
可能性はありますから
一応、注意はしないと・・。
IMG_3488 (2).jpg

IMG_3733.jpg

IMG_3050 (2).jpg

ビックリしたのはサソリ。もっとも死骸でしたが。
死骸で良かった。場所はどこだっけ?石窟寺院群の
あったところだからアジャンタだったかしら?

IMG_3041.jpg
死骸があるということは他にもいるかも・・怖いなあ!

IMG_3041 (2).jpg

猫さんは(いたのかもしれないけど)意識して探さ
なかったので出会いも少なかったのかもしれません。

で、前に「インドでも海に近いところにはふつうに
猫もいますよ」とコメントをいただいたことがある
のですが、なるほどたしかにアラビア海に近い港町
で猫を見ました。それがこの猫ちゃん。

IMG_4399 (2).jpg

IMG_4416 (2).jpg

同じ場所で、ご一緒した方丈様が猫を撫でていまし
たのでさっそく写真を撮らせてもらいました。

この方丈様は5~6匹の猫を飼っているので猫のい
る所はすぐにわかるよ、と言っていました。
ほんとかなあ(笑)

IMG_4418 (2).jpg

秋田のすごく博識の方丈様で、ユーモアもあってタイ
やミャンマー・チベットなど海外事情にも詳しいので
びっくりしました。一体どういう経歴なんだろう?と
興味を抱かせられました。

IMG_4425 (2).jpg

もう一匹、運よく撮ることができました。
素直ないい猫ちゃんでした。というか今までインドで
動物虐待みたいなシーンは一度も見たことがないです。

でも、特に可愛がっているシーンも見たことがない。
生き物はすべて同等なのが当たり前?みたいな感じ。

IMG_4410 (2).jpg

IMG_4412 (2).jpg

IMG_4448 (2).jpg

IMG_4467 (2).jpg
アラビア海です。城?みたいなのはなんだっか忘れました。

IMG_4409.jpg

これは何処で撮ったんだったかな?
オシッコタイムでドライブインみたいなところで休憩
していたときに偶然見つけたのでした。こっちは警戒
心が強いのかな?うまく撮れませんでした。

IMG_3384 (2).jpg

IMG_3384 (3).jpg

IMG_3386 (2).jpg

日本では町中にときどきお猿さんが迷い込んでくると
大騒ぎでニュースになりますよね。もし牛さんが闊歩
していても大騒ぎになるでしょうね。

ペットは可愛がるけど、飽きたり、引っ越しをすると
きは無責任に置き去りにしたり・・。年間、かなりの
ワンチャンや猫ちゃんが殺処分されています。

IMG_4061 (2).jpg
(犬の死骸ではありません。人通りでも平気でお昼寝
しているワンちゃんです)

猫に餌をあげるな、と文句を言ってきたり、理屈ばか
りは一丁前でも私から見れば大バカ者だと思います。
まったく日本はなんという社会だ!と思うときがあり
ます。

また、最近、追い越しをされたおじいちゃんが進路妨
害して怒鳴っているニュースも放映されてましたね。
いい年をしてほんとにバカなおじいちゃん。情けない
ったらありゃあしない。

インドや中国では車の追い越しなんて普通です。
だからそれでいいのだ、とは思わないけど少なくとも
そんなことでケンカにはなりません。基本的におおら
かと言いますか。

IMG_3767 (2).jpg

それに何が「おもてなしの国」だ、と思います。
何が「絆」だと思います。それって、上から指図され
たり強いられることじゃないでしょうに。
あーっ、なんかムカムカしてきた(笑)

そういえば、「絆」という言葉の語源は決していい意
味ではないらしいよ、と御一緒した某方丈様が言って
いました。(絆=動物をつなぎ留めておく綱、が語源)

絆とは自然な信頼関係から生まれるものであって強要
されるものではないと思うけどなぁ。

IMG_4066.jpg

まあ、一概には言えないでしょうが少なくとも日本は
精神年齢が低いというか子どもの国、いや村だと私は
思っています。技術大国なんて言ってもね、もっと大
事なのは心の豊かさでしょ。その点ではインドの貧し
い人々よりも、もっと日本人の心は貧しい・・と私は
思っています。

IMG_3280 (2).jpg

インドはレイプ殺人とか、とんでもない事件の起こる
怖い国だと声高に言う人もいますが、悲しいかな犯罪
は先進国だってあるのにね。もっと性質の悪いのが。

あ、なんかいきなり脱線してしまった(笑)
こんなこと書く気はなかったのに・・・。

願わくばインドの写真や風景で少しでも向こうの人々
の優しさを感じていただければ・・と思います。

IMG_4474.jpg
(見ざる聞かざる言わざるとは正反対・・)

IMG_2932 (2).jpg

最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか皆様にいいことがありますように。

そしてすべての国の生きとし生けるものが幸せであり
ますように。



ジョーク ・・というより<名言>ですね。

欲しい物を全部手に入れたら[スヌーピーの名言]


ライナス
「もし一生懸命働いて、欲しかったものを
全部手に入れたら、満足かな?」

スヌーピー
「飼ってる犬に好かれなかったらむなしいね…」


 『ピーナッツ』チャールズ・モンロー・シュルツ

 






nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

nice! 27

コメント 4

ラック

お猿さんも人間を観察していますね。
インドでは生き物すべてにおおらかな感じですね。
人間と違ってカースト制は無いでしょうね~。









by ラック (2018-03-21 15:49) 

toyo

ラック様
コメントありがとうございます。
日本も昔はそうだったと思います。
インドに魅かれる理由の一つに、「昔の古き良き日本」を
感じてしまうのじゃないかな、と思っています。
ラック様にいいことがありますように。

by toyo (2018-03-22 08:36) 

ねりね

気軽に(?)海外旅行できるtoyoさんが羨ましいです。

だいぶ昔の本ですが、山松ゆうきち『インドへ馬鹿がやって来た』という本はおもしろかったです。
アタシは馬鹿ですがインドへは行きたくないです。
by ねりね (2018-03-22 23:24) 

toyo

ねりね様

お久しぶりです。コメント感謝します。

気軽でもないんです。今回はホントは迷ったのですが、
「一寸先は闇なんだから、子どもに美田を残さず身体の
効くうちはなるべく動こう・・」と家内も言うので思い
きって行ってきた次第です。
最近は国内旅行よりも海外のほうが安いときもあります。(1泊2日の国内旅行より3泊4日の中国旅行のほうが安いんですよね。世の中、どうなっているんでしょうね?)
う~ん、インドはたしかに好き嫌いがあるでしょうね。ブログではなるべく「暗い面」は書かないようにしていますがインドは「とんでもない面」もあります。
・・と脱線。
どうか、ねりね様にいいことがありますように。
ありがとうございました。







by toyo (2018-03-22 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。