So-net無料ブログ作成
検索選択

殺処分にはさせない。 [ありがとう]

皆さん、こんにちは。

久しぶりの更新ですみません。
こんなにサボってばかりなのに閲覧数が落ちていない
のはなぜなんだろう?まったく申し訳ないというか、
見捨てないでくださる皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

というのは、ここずーっと、私的には難問の連続で
体力気力がガタ落ちの気分でした。
ストレスには強いと思っていたけどそうでもない自分を
思い知らされた気持ちです。
まず、難問の一つがこれ。
RIMG1849.jpg

RIMG1850.jpg

RIMG1953.jpg
昨年から続いている某お寺の屋根裏に棲みついたムササビ
との攻防。うまく言えないけどムササビとの攻防というより
自分自身との攻防というか、罪悪感に悩まされました。

もう一つはこれ。
RIMG2092.jpg

RIMG2093.jpg
毎日、食事にくる自由猫。痩せているのになぜか大食い。
その理由がわかりました。

これです。なんと4匹の子どもがいたのです。
これじゃあ、お腹がすくのも尤もです。
RIMG2064.jpg

RIMG2061.jpg
実は、お隣の納屋に昨年から棲みついたらしい。
お隣も最初は餌をあげていたけど妊娠となると困って
しまったようです。

で、保健所に回収に来てもらおうかと言っていたらしい。
つまり、殺処分ですね。う~ん、それを聞いたとき私は
悩んでしまった。ミーコとは相性が悪いみたいだし。

そしたら、いつの間にか我が家の近くに移動してきました。
うちの従兄の建具屋さんの作業場の車庫の中にねぐらを
替えたようです。危険を察知したのだろうか?

私が近づくと子どもたちはさーっと逃げてしまう。
ま、友だちになるのに時間がかかりそう。

RIMG2067.jpg
私的には移動してくれてホッとしました。
さて、問題は今後、どうするか?
とりあえず親はそのうち去勢手術をしてもらうことにして
子どもたちはもう少し成長したら里親を探そう。

何が何でも絶対、里親を探して飼ってもらうことに決めま
した。殺処分になんかさせてたまるか。

嬉しいことに相談しておいた友だちから連絡がありました。
2匹はなんとかなりそうです。いやー、嬉しいな~。
こういうときは友達が神様に見えてくる。


RIMG1955.jpg
しかし、屋根裏から追い出したムササビ親子には罪悪感を
感じる・・。私なりに精一杯考えたんだけど・・・。
動物と共存・・なんて生易しいことではない。

自分の生き方を根本から・・
「さあ、お前は小動物たちとどう向き合うつもりなんだ!」
と問いかけられているような日々です。

実は友だちがたまたま回収したハクビシンの子どもと
猫の仲良し動画を見せてもらいましたが、う~ん、
こういうほほえましい動画って公開できないですよね。
きっと、近所で反感を抱く人が出てくるでしょうから。

小動物が嫌い!という人も世の中にはたくさんいます。
自由猫に餌をやることに反対する人もいます。私も苦情の
目で見られているかも。ま、別にいいけど。

そういう人から見れば今日の記事自体も反感を買うだろうな。
このへんで止めておきましょう。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
シロアリの記事でなくてすみません。
どうか生きとし生けるものが幸せでありますように。
そして皆様にいいことがありますように。


ジョーク
ジョーイを受け持つ先生が母親に注意書きを発送する。 
中身は;「ジョーイは大変利発な少年です。しかし、
セックスと女の子のことが頭から離れないようで
勉強がオロソカニなっています。」

翌日すぐさまジョーイの母親は返書を認める
;「先生の方で解決策があるのでしたら教えていただけ
ませんかしら、お願いします。同じ問題で、ジョーイの
父親には、私、悩まされております。」


nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 22

コメント 4

みぃにゃん

みんな特に野良猫に対して見守ってぐれたら少しは野良猫問題も改善するだろうに。嫌いな人が猫に対していじめや虐待みたいなニュースを見ると腹立たしいです。里親見つかると良いですね!
by みぃにゃん (2017-07-18 07:47) 

ラック

好きで野良猫になったのではないし健気な母猫を自分の子供を育てず虐待する人間の親は見習えって言いたいですね。ハクビシンは外来種で繁殖力が強く作物を荒らすし嬉しくない存在ですがムササビは・・
ムササビさんの住処になるような大木が少なくなったせいですかね~屋根裏に替わる住処が見つかると良いのですが。

by ラック (2017-07-19 11:27) 

ねりね

こんにちわ、お久しぶりです。
自治体によって対応がちがうでしょうが、わたしのところの保健所は野良猫にはノータッチです。
『動物愛護センター』でも、老衰猫や育児放棄された幼猫以外は引き取らないそうです。
(野良犬は狂犬病などの問題が有るので引き受けるのだとか)

野良猫を捕獲して遠く別の場所で放すことは「猫を捨てる」ことで、
それは動物愛護法違反で刑事罰の対象である由。
野良猫の扱いは難しいですね。
野良猫を保護するNPOが各地で活動しているので、捜して相談してみると良いかも。
わたしが対応したNPOのひとによると、子猫はすぐに里親がみつかる、大猫でも人懐っこいと里親はみつかる。
ダメな場合は避妊去勢手術のうえ、捕獲場所で解放する、のだそうです。
(解放された猫がウチの周りで暮らしています。それを怒っている近所のひともいるけど、わたしの知ったことでない)
toyoさんが手術をするにしても、NPOに協力獣医を紹介してもらうと費用をおさえられるかも。
by ねりね (2017-07-21 23:13) 

ねりね

ムササビ親子は自力で新居を開拓するでしょうから気に病むこたぁないですよ、野生なんだもの。
by ねりね (2017-07-21 23:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0