So-net無料ブログ作成

ネタがないのでスズメの話でも [つまらない]


皆さん、こんにちは。

なんだかほかのブログが次々と更新しているのに私は
といえばサボってばかり。

いやそもそもシロアリと同じく、シロアリ屋も今は「休眠」
の時期なので仕事が少ないんです。ああ、経済生活が・・。

困ったなあ~、最近の個人的ニュース?では・・・
今朝のことでしたがミーコが野生に還ったごとく大騒ぎを
して室内を走り回っているので何だろうと思っていたら!
なんとスズメが迷い込んで外に出れなくてなっていたの
でした。

このままではミーコが殺してしまうので、ミーコとスズメの
奪い合いになったけど、さすがミーコの野生の捕獲能力には
かないません。

ミーコが噛みついたスズメを奪い取って、外の棚に置いたら
目を見開いたままじーっとしています。ショック状態みたい。
外傷は見当たらないけど、助かるかなあ~とそのままにして
おきました。

で、数分後に見たら姿がないのでどっかに飛んで行ったよう
です。地面にも落ちていないし・・。 
とりあえず良かった良かった・・。

IMG_0162.jpg

・・というような些細な出来事。
しかし、猫って俊敏ですね。瞬間的に野生に戻ります。
だからどうだということでもないけど。

それにしても、どの一瞬にスズメは入ってきたんだろう?
おそらく私が玄関を開けて外へ出た一瞬、だったんだろう
けど全く気づきませんでした。

玄関を開けたことが因縁の「因=原因」になるのかしら?
そうすると逃がしてあげたのが「果=結果」になるのかな?
ミーコの役割は「縁=条件」なのかしら?
だからどうだということでもないけど(笑)

なんだかブッダ的思考法に染まってきたようです(笑) 

つまらない記事に最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか本年も皆様にいいことがたくさんありますように。
そして生きとし生けるものがハッピーでありますように。

 


ジョーク

世界で最も冗談を好む野はどこの国の人?

「ヨルダン」

補足
ヨルダン
jordan



nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 20

コメント 2

いっぷく

せっかくのご縁で、そのスズメ、もう少し観察したいところですが
でもスズメは結局外に羽ばたいていってしまいますからね。
ひところ、ひなのスズメを拾ってきて育てるのが流行りましたが
あれは親鳥がひなを鍛えているところなので勝手に持ってきては
いけないらしいですね。
私はインコかウズラを飼いたいのですが、妻が今も気管支と肺が
完全ではないので、糞を吸いたくないからと断られています。
by いっぷく (2017-01-08 04:28) 

toyo

昔のことですが、道を歩いていたらかなり高い木の上の巣から
落ちたと思われるスズメのひなを拾ったことがあります。そのままでは他の動物に襲われて死んでしまうと思ったので鳥屋?さんに育て方を聞きに行ったらその店員(おそらく経営者)さんが心優しい方でこういわれました。
「スズメのひなは一度人間の臭いがつくと成長して放しても仲間は受け入れてくれません。だからもし飼うなら一生そのスズメの面倒をみなくてはなりません。その覚悟があるかないかです。覚悟がないなら私が引き取りますがどうしますか?」と。
その言葉に私は感動しましたが、それでも引き取って育てました。数か月後に元気に成長しました。でも、玄関を開けた一瞬に
どこかに勢いよく飛んで行ってしまいました。あのスズメはどうしたんだろう?仲間に受け入れてもらったんだろうか?それとも孤高のスズメになってたくましく生きているだろうか?とか気になりましたが・・・。
ちなみにその後、その鳥屋さんの前を通ったらいつのまにか閉店していました。心優し過ぎて経営できなかったのかしら?
とか思って複雑な気持ちになりました。
・・という昔の経験を思い出しました。

インコを飼っていた人のところで見せてもらったこともありますが、あれはほんとにたまらないほど可愛いですね。でも、奥様のことを考えると残念ですね。動物を飼いたいけどご家族の誰かが気管支炎で我慢しているの、というご家庭はとても多いような気がします。猫の毛も良くないらしいですね。・・と、慰めの言葉にならなくてごめんなさい。
どうかいっぷく様にいいことがありますように。
コメントありがとうございました。

by toyo (2017-01-08 09:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0