So-net無料ブログ作成

世を忍ぶ仮の姿はウソ・・ [雑感]


みなさん、こんにちは。

なんとなく思っていることなど書きます。
雑談です。皆さんはどう思われるかしら。

若い頃は私はこう思っていました。
自分の今の職業はあくまで食べるためにやっている
ことで「世を忍ぶ仮の姿」なんだ・・だから、そのうち
ほんとに自分のしたいことがわかったらそれからが
本領発揮だよ。

今の仕事じゃ「自己実現」できないよ。もっと自分に
適した職業がどこかにあるはずなんだ・・と。
簡単にいえば「自分探し」をしていたわけですね。

346.jpg
(写真は本文とは無関係です。テキトーに昨年撮ったものから・・)


で、故・渥美清さんがインタビューでこのような意味の
ことを言っていました。
自分の好きな職業を探すことよりも「職業に自分を合わ
せる」ほうが大事なんじゃないかなあ~。


う~ん、「職業に自分を合わせる」かあ、そうだよな・・
と今は思う。

20代の頃、意識的にいろんな人に聞いたことがあります。
「今の仕事って、ご自分の好きな仕事ですか?」

すると殆どの人はこう答えました。

  • 「いや、俺はほんとはカメラマンになりたかったん
    だよね。でも、まあ、今の仕事が長くなっちゃった
    なあ」 (葬儀会社の支店長)
  • 「私は●●さんと結婚したかったけど、他の女に取られ
    ちゃってさ。で、今は水商売。ハハ・・」
    (元看護師さん。現在はスナックのママさん)
  • 「好きな仕事なんて選べる環境じゃなかったわよ。
    親が病気になって面倒みなきゃならなくなって・・
    仕方なく東京から帰って親の仕事の跡を継いだ
    わけ・・」 (パーマ屋さんのおばあちゃん。故人)

  • 「ある日、学校から家に帰ったら玄関にスーツケース
    が用意してあって。オヤジが、頼むからお前は東京に
    仕事先を決めておいたからそっちに行ってくれって。
    お前が家にいると妹と弟に悪影響を与えるから・・って
    言われちゃって・・」 
    (元暴走族のお兄ちゃん。現在は家業を継いで社長)

  • 「中学生の時、仲間から貸したカメラを取り返してくれ
    って頼まれて、借りた相手と喧嘩になってさ、殺すつもり
    はなかったけどもみあっているうちに相手が死んじゃ
    った。それで親からは勘当。俺は少年院に。出所後、
    紆余曲折の末、ヤクザの世界へ・・」阿部ジョージさん
    は友達だとか。
    (元某組長。現在は足を洗って?自営業)


よーするに、ほとんど全員が自分の好きな職業には就いて
いない、というか、それ以前に自分の好きな職業を明確に
意識できている人はとても少なかった。

417.jpg

私だっておんなじで・・だから、そのうち自分のしたいことが
ほんとにわかったらそれから本領発揮だよ・・とか言っても
そもそも「自分」なんていつまで経ってもわからないのでした。

「私」とか「自我」なんてのは蜃気楼のようなもの・・と、
お釈迦様も言っていたようです。

まるで玉ねぎの皮をむけばその奥に芯があるはずと思って
いたけど結局は奥になにもなかった・・というのが真相でした。 
「自分」なんてコロコロ変わってしまうものだし・・。

だから、渥美さんの言っていたことはほんとうだと思う。
「自分探し」なんてたいして意味のあることとは思えない。
それよりも今、自分がいる現状から喜びを「深堀り」していく
ほうが成果は大きいと思うのです。

436.jpg

それから、どんな仕事でも「精一杯やる」ことが大事だと
思う。というのは、そういう「姿勢」を見ている人は絶対
いるから。

仮に、理不尽な仕打ちを受けて解雇されても「精一杯」
頑張っていた人には不思議と応援者が現れるみたいです。
不思議ですが私はそういう経験を何度かしました。
自分のことなんて誰もみてくれていないと思っていたので
びっくりでした。

もっとも務めた先がブラック企業だったら論外です。
そういう場合はさっさと辞めましょう。

438.jpg

ということで、皆さんはどう思われるかしら?
あ、説教っぽく聞こえたらごめんなさい。

よーするに「自分探し」に益はないと言いたかったのです。
だって、生物学的にも「昨日の自分」と「今日の自分」は
かなり別物ですから。素粒子のレベルではものすごい速さ
で身体は新しい細胞に入れ替わっているそうです。
心だって入れ替わって何が悪い(笑)

だから、これからも矛盾した記事を書くかもしれないけど
それは当然なんです。朝令暮改なんて当たり前(笑)
だって、「昨日の自分」と「今日の自分」は違うんだから(笑)

勝手な駄文に最後までお付き合いいただいて感謝します。
どうか大目にみていただけますように。
そしてどうか、皆様にいいことがありますように。

468.jpg



ジョーク
ある新聞に、日本人は 
主張があいまいで自主性に欠けるという記事が載った。
 
翌日、新聞社に投書が届いた。
 

「昨日の貴誌の記事ですが
 
 
意見の見直しをはかる方向で
 
  関係各所と意見調整するよう
 前向きに善処していただければ 
  幸いと存じます
 

 匿名希望」



nice!(33)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 33

コメント 14

楽しく生きよう

私もやりたいと思っていた仕事違うことをやっています。
いつの間にか。
やりたいことを続けられる人がうらやましいです。
by 楽しく生きよう (2015-01-19 17:32) 

昆野誠吾

こうありたい!という願望はいつでも
頭にもたげかけてきますね。
例え現実になりたい職業に就いたとしても
思っていた通り!これ天職ですよ~最高!!
って思う人は極僅かと思われます。
好きなことでも得意なことでも仕事にした時点で
どんどんつまらないと思うようになりますしね^^;
なので人はいつでも理想像と現実のギャップを
本当はこうありたいって妄想して埋めるのかなぁなんて^^
by 昆野誠吾 (2015-01-19 19:33) 

心如

 食べていくために仕事をしているけど、正直言って、仕事をしなくても食べていけるなら仕事なんてしないかな。、、そういうつまんない人間だから、仕事しないと食べていけないことは仕合せなのかもしれません。
by 心如 (2015-01-19 21:46) 

ねりね

『干し柿はヘタなりに固まる』
これは三浦雄一郎がエベレスト滑降するよりも前に書いた
「スキーがうまくなる本」という本で読んだ記憶があるけど自信ない。
いま調べたら、この本、1962年の出版だ。あんまり古くて驚いた。

陳建一(中華のコックさん)が店で働く若い人に、
『ネギを切るとき包丁がまな板に当る音が昨日と今日で違うというようなことを
楽しみにしていないと、とても持たないぞ』
と、いうのだと云ってたのが印象に残ってるなあ。
(周富徳さんだったかも)

『完全主義は身を滅ぼす』
吾妻ひでお「失踪日記2 アル中病棟」で主人公(ご本人)がつぶやいてるセリフ。
あたしもそうつぶやいて自分を諌めようとしてみるけど、修羅場を体験していないからか、
どうもしっくりこない、理屈で考えちゃう。

『干し柿は・・』はしっくりくるや。
中学生の頃に読んで、そうつぶやき続けたからなのだろう。
ヘタなりに固まるならそれでいいじゃん、ほっといてもいずれ勝手にそうなるんでしょ?
なにより楽そうでいい。ナマモノが腐らずがっちり固まるなんて、それは奇跡のようなことに思える。
こりゃ言い訳だな、言い訳だよ人生は。
by ねりね (2015-01-20 01:39) 

sugar

私は物を作る仕事がしたかったのですが、気がつけばサラリーマンで一日中机に座ってます。
今の仕事の中から喜びを見つけることが大切ですね
by sugar (2015-01-20 07:00) 

heisei-yamada

世を忍ぶ仮の姿・・・。

わっかる!

私も若いころはすごく思っていました。
環境さえ整えばオレはこんなもんじゃないぞ!てな具合に。
自分自身で環境を整える努力もしないクセに、
都合の悪いコトはすべて周りのせい。
いま思えば自信過剰なただの勘違い野郎です(笑)。

いまはそんな思いもなくなりました。
本音と建て前を使いわけたり、
都合の悪いコトを隠したり・・・と言ったような、
後ろめたいコトがない環境でのびのびと仕事をさせてもらってるからだと思います。

toyoさんのウソのない正直で誠実な仕事ぶりを拝見していると、
十分に「本領発揮」されていると思うんですけどねぇ。

by heisei-yamada (2015-01-20 09:54) 

とり

日本は我慢を美徳とする風潮を権力者が悪用する傾向があるのであまりその方面をよしとするのは問題かなあと思います。
by とり (2015-01-25 22:11) 

toyo

楽しく生きよう 様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

そうですよね。やりたい職業に就いている人は
うらやましいです。そういう人はほんとに少ないでしょうね。
でも、それも人生なのかもしれませんね。

いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
楽しく生きよう 様にいいことがありますように。
by toyo (2015-01-27 08:48) 

toyo

昆野様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

>例え現実になりたい職業に就いたとしても
思っていた通り!これ天職ですよ~最高!!
って思う人は極僅かと思われます。

なるほど!そうかもしれませんね。
実際、やってみないとギャップはわからないかもしれませんね。
気に入らない仕事でもやってみたら案外、向いていたなんて
こともありそうですね。

いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
昆野様にもいいことがありますように。
by toyo (2015-01-27 08:53) 

toyo

心如 様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

私も働かなくても食べていけるのならきっと仕事なんて
しないと思います。
でも、じゃあどうやって時間を潰すかというとこれもまた
わからないです(笑)
自由というのは制限があってはじめて感じるもので、もし
制限がなくなんでもやっていいのならそれも苦痛になる
ような気もします。で、結局、なにかテキトーな仕事をする
のかなあ~とか思っています。わからなくなってきました(笑)

いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
心如様にもいいことがありますように。
by toyo (2015-01-27 09:00) 

toyo

ねりね 様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

『干し柿はヘタなりに固まる』
へ~っ、三浦雄一郎さんがそんなこと言っていたなんて
知りませんでした。あの人は少年のまま大人になったような
稀有の幸運な人だと思っていたけど努力の人でもあったんですね。

『ネギを切るとき包丁がまな板に当る音が昨日と今日で違うというようなことを楽しみにしていないと、とても持たないぞ』
これはズキン!ときました。リアルというかそれが現実だよなあ~と思います。

『完全主義は身を滅ぼす』
これはおっしゃるとおりですよね。私はそれがわかってから
何事もいい加減にすることをモットーにしています(笑)
ケセラセラですね。あるいは「明日できることは今日するな」
もいいですねぇ。

ほんと、人生は言い訳かも(笑)

いつもユーモアなコメントをありがとうございます。
どうか、ねりね様にもいいことがありますように。

by toyo (2015-01-27 09:12) 

toyo

sugar 様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

そうですよね。やってみたら向いていたなんて発見もあるような
気もします。実は私もコツコツと物を作る仕事がしたかったです。
でも、人生、わからないですね。

いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
sugar様にもいいことがありますように。
by toyo (2015-01-27 09:15) 

toyo

yamada様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

>本音と建て前を使いわけたり、
都合の悪いコトを隠したり・・・と言ったような、
後ろめたいコトがない環境・・

それが一番だと思います。いつも本音でものが言える環境は
ありがたいですね。またそういう環境を提供できる組織はきっと
経営者様の人徳や高い価値観をお持ちなのだと思っています。
ビジネスの戦略上も、社員がいきいきのびのび働ける環境で
あることは伸びる会社の必須条件だと思いますがこれが分か
らない会社が多いなあ~と思います。あ、つい生意気なことを。

私はけっこう、いい加減人間ですからどうか買い被らないで
くださるように。そのうちメッキが剥がれますから(笑)

いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
どうかyamada様にもいいことがありますように。

by toyo (2015-01-27 09:31) 

toyo

とり様

コメントへのお礼がおくれてすみません。

>日本は我慢を美徳とする風潮を権力者が悪用する傾向があるのであまりその方面をよしとするのは問題かなあ・・

たしかにおっしゃることはわかります。
小狡い経営者が多いですからね。
私もさんざん利用されてきたクチですから(笑)
ただ、小狡い社長連中でほんとうにハッピーな暮らしをして
いる人は見たことがありません。なんか、いつもオドオドして
いる金持ちはよく見かけますけど。
金持ちへのせめてもの皮肉かも(笑)

いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
どうか、とり様にもいいことがありますように。


by toyo (2015-01-27 09:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0